ルシア

ルシア【76話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は76話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

76話 ネタバレ

ルシア【75話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は75話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヒューゴの噂

「家族の登録はそれほど複雑ではないので、1日か2日以内で完了します」

「そうですか・・・」

これで本当に、ダミアンはルシアの息子になりました。

「ダミアンが私の息⼦・・・」

「その通り。少年はあなたの息子なので、好きなように出来ます。必要に応じて虐める事も」

「・・・え?ヒューはとても悪い父親ですね」

ルシアの目は大きく広がり、ヒューゴを批判した。

「何で?」

「あなたは今、私に邪悪な母親になるように説得しているのですか?」

「立場を分からせないと、彼はあなたを苦しめますよ」

「ダミアンはそんな事をしません。彼はとても素敵な子供ですから」

ルシアの言葉に、ヒューゴは鼻で笑った。

あの少年は柔和で従順に見えたとしても、タランの血を受け継いでいる。

ヒューゴの兄も親切なように見えたが、実の父親を殺害するのに十分な悪意を持っていた。

「それに、ダミアンはあなたの息⼦です」

小さく呟いたと思っていたが、その言葉はヒューゴにも聞こえていた。

「・・・あなたは誰を信じているのか分かっているのですか?」

「・・・ダミアンは、とても・・・あなたに似ています」

ヒューゴは顔を近づける。

そして脅迫するような口調で話しました。

「ダミアンが私に似ているのなら、もっと注意する必要があります。私の噂を聞いたことがありませんか?」

「・・・あなたが血を飲むという噂?」

「え?」

ルシアは慌てた。

本当は言うつもりはなかったが、何故か口に出してしまった事に。

「ええと・・・、あなたの噂です・・・」

「私が血を飲むって?」

ルシアの表情を観察しながら、それが本心だという事に気づき、ヒューゴは彼女の肩に頭を埋めた。

それから彼は笑い出した。

ファビアンの報告で、ヒューゴは⾃分⾃⾝に関するあらゆる種類の噂を知っていましたが、そんな噂を聞いたのは初めてです。

「も、もちろん私はそれが噂だと分かっています」

ルシアの顔は真っ赤になっていて、慌てて言い訳をしました。

「完全に嘘ではありません。戦争中は、それを受け⼊れるしかない場合がありま
すから」

「ああ、なるほど・・・」

ヒューゴが怒っていない事に安心するが、ルシアはなぜ彼が笑っているのか理解出来なかった。

「他の噂は?」

「・・・知りません」

「あなたは本当に⼤胆な⼥性ですね。⾎を飲む怪物と結婚しようと頼むなんて」

ルシアは沈黙の中で顔を⾚らめた。

「ダミアンに関することを聞いても⼤丈夫ですか?」

「お好きなように」

「前回は聞かないようと言ったのに?」

「私がいつ?」

本気で覚えていない彼に、ルシアは内心でため息をついた。

「その・・・、ダミアンが嫌いですか?」

「いいえ」

ルシアが勇気を出して聞いた質問に対して、ヒューゴは簡単に答える。

「では・・・、なぜダミアンを寄宿学校に送ったのですか?」

「それは以前にも伝えました。面倒を見る時間がなかったからです」

「それでも、公爵家の後継者が送られるなんて聞いた事がありません」

「他人の考えは気にしていませんから」

ルシアが尋ねても、ヒューゴの答えのほとんどは簡潔でした。

「なぜダミアンを寄宿学校に送り、⼀度も連絡しなかったのですか?」

「彼に関する報告書が毎週私の机に届くので、彼が元気に過ごしていることが分かります」

ルシアの⼼はレースのようでした。

ヒューゴはどの程度まで答えてくれるのだろうか?

もう少し難しい質問をしても⼤丈夫?

「じゃあ・・・」

次の質問をしようとした瞬間、彼はルシアの首を噛んで、言葉を遮る。

「他の男の話はやめてもらえますか?」

「・・・え?ダミアンはあなたの息子で、8歳の子供です。彼は男ではありません!」

「その⾔葉が少年のプライドをどれだけ押しつぶしたか知っていますか?」

「ダミアンがそう言ったのですか?」

「いいえ」

「それならどうして?」

「もし私が彼の立場にあったら、そう思うからです」

ルシアは目を細めた。

彼の言葉は間違っていないのでしょう。

男性の気持ちは、男性の方が理解出来るでしょうから。

その間、ヒューゴはルシアの⽿から彼⼥の⾸まで軽いキスをしていた。

「あなたは仕事に戻るべきです」

「・・・」

ヒューゴの表情は明らかな不満に満ちていたが、ルシアは彼の⼿を腰から離して⽴ち上がる。

「ビビアン」

「頭が少し重いので散歩したいです」

ヒューゴは最終的に、不本意なままオフィスに向かいました。

 



 

  • ビビアンという名前

その夜、ルシアは⼊浴を終えた後に寝室に⼊ってきたヒューゴに⾔った。

「お休みなさい」

「今⽇も?どうして!?」

ルシアは不平を⾔っている夫をじっと⾒つめていた。

「体力がないので、あなたを喜ばせることが出来ません」

「・・・分かりました。今⽇もまた、私はあなたの隣で寝ます。何もしません」

ヒューゴは憂鬱に呟く。

「本当に?」

「昨日は約束を守ったじゃないですか?」

その言葉を聞いても、疑いの眼差しで彼を見つめる。

ヒューゴは突然彼⼥を腕に抱き、ベッドに倒れた。

「ヒュー!」

「今夜はこうして眠ることにします」

「どこを触っているのですか!?」

何を言っても無駄だと悟り、ルシアは抵抗することを諦めた。

「ビビアン」

耳元で囁かれる声は、とても気持ち良かった。

「はい」

「ビビアン」

「はい」

「ビビアン」

「何ですか?」

「私が最初にその名前であなたを呼んだ時、あなたはぎこちない表情を浮かべていましたよね?」

「うーん・・・、そうでしたか?」

「でも今は違う」

「何度も聞いたので、慣れたのだと思います」

以前のように「ビビアン」という名前を嫌いではありませんでした。

タラン公爵の妻の名前は、ルシアではなくビビアン。

彼⼥はビビアンとしての⼈⽣に、新たな幸せを見出す。

痛みに満ちたビビアンの⼈⽣は彼⼥の夢の中で終わったのだから。

「・・・そうですか?」

⼦供の頃の名前を教えてくれなかったのはなぜ?

ヒューゴはそう聞きたかった。

しかし、彼はその質問に対する答えを聞くのを恐れていた。

『その名前で私を呼ばないでください』と言われたら?

あなたは私を嫌いではありませんよね?

結婚しているから、一緒にベッドにいる?

絶対に愛さないという決断は、今も変わらない?

ヒューゴが聞きたかった全てが喉元まで上がってきた。

彼は恐れていた。

[私はあなたに恋をすることは決してないだろう]

その⾔葉をもう⼀度聞いたら、頭がおかしくなるような気がしたから。

「ビビアン」

ヒューゴは彼⼥をしっかりと抱きしめ、彼⼥の背中に⿐を埋めた。

「はい・・・」

彼⼥が眠りにつく間、彼は彼⼥を抱きしめ、安らかに呼吸したが、彼は⻑い間眠ることが出来なかった。

 



 

  • 以前から聞きたかったこと

翌⽇、ヒューゴは家⾂を集め、ダミアンが彼の合法的な息⼦として正式に手続きしたことを彼らに知らせた。

「私はすでにダミアンが私の後継者になることを発表しました」

公爵がダミアンを後継者にすることを発表して以来、若い主を公式で⾔及するのは初めてであり、家⾂は⾮常に緊張している。

「苦情があれば、私を⾒つけに来てください。いつでも話す準備が出来ていますから」

「話す」という⾔葉は、殺されると脅されるよりも恐ろしいもの。

ヒューゴは家⾂の前に書類を投げた。

ルシアは⼲渉しないように頼んだが、彼はジェロームにガーデンパーティーの参加者のリストを持ってくるように命じたのだ。

当時、パーティーに出席した貴族の妻たちが、夫から厳しい教訓を与えられたことは、⼝コミですぐに貴族の間で広まった。

公爵夫⼈に触れると、タラン公爵が前に出るという噂が広まるのは時間の問題でしょう。

ガーデンパーティーから⼀週間が経ち、いつものようにロームは落ち着いていた。

ルシアは乗⾺に出かけることなく、⼀週間中城にいる。

何も起こらなかったかのように振る舞い、すぐに彼⼥の周りの⼈々は事件を忘れました。

ダミアンが⾃分の部屋で本を読んでいると、何かが自分の足に触れている。

尻尾で遊んでいるときに⾜にぶつかったと思われるアーシャを⾒て、彼は微笑んだ。

最近、キツネの⾚ちゃんはほぼ⼀⽇中⼀緒にいました。

⼀週間が経過するにつれて、ダミアンは多くのことを考えるように。

ガーデンパーティーでの事件は、少年に衝撃を与えた。

これまで自分を弱く感じたことはなかった。

あの場所に、父がいたら。

その考えが常に頭の中に浮かんできます。

ダミアンは⾃分が若いことをよく理解していた。

能⼒は⼒を生み出す。

これは、ダミアンがアカデミーで学んだ事。

ダミアンはアーシャを腕に抱き、⽴ち上がる。

キツネを使用人に渡し、ジェロームに⽗親と話したいと頼みました。

 



 

血を飲むという噂は夢の中?

ダミアンが後継者に選ばれることは嬉しいですが、ガーデンパーティーを通じて、彼は何かを理解したようです。

自分からヒューゴに会いたいと話すダミアン。

二人はどんな会話をするのでしょうか?

 

ルシア【77話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は77話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...