ルシア

ルシア【75話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は75話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...

 




 

75話 ネタバレ

ルシア【74話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は74話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヒューゴの優しさ

ヒューゴは寝室に⼊ってソファに座り、ルシアを抱きしめた。

広い胸に顔を埋め、涙を流す。

ルシア⾃⾝は、なぜそんなに泣いているのかさえ分かっていません。

ただ悲しくて、彼の穏やかな慰めに、彼⼥の涙は流れを⽌めることを拒否した。

12歳で宮殿に⼊って以来、泣くことが出来なった分を、すべて洗い流しているかのように。

ヒューゴは⼀⾔も⾔わずに優しく背中を撫でたが、内心は怒りで震えていました。

外見は弱く見えるが、彼女がどれだけ強いかをヒューゴは知っている。

彼女がここまで泣くなんて・・・。

一体何が起きたのだろうか?

自分の恐ろしさを理解していない彼女たちは、きっと後悔することになるでしょう。

ヒューゴの深い怒りは絶えず⾼まっていく。

彼は黙ったままルシアを抱きしめていたが、彼女はヒューゴの態度から多くの慰めを感じた。

しばらくして。

「もう大丈夫なのか?」

ルシアは頭をうなずいたとき、多かれ少なかれ恥ずかしい思いをしました。

気づけば彼のシャツが、自身の涙で濡れていたから。

「私のせいで・・・」

少し躊躇った後、⼿を伸ばしてシャツのボタンを外します。

「着替えを持ってきて・・・」

ヒューゴは話の途中で、ルシアの⼿⾸をつかんだ。

「大丈夫」

そのまま唇を重ねるヒューゴ。

「塩⾟いな」

ルシアの顔がすぐに⾚くなる。

ドキドキするほどの可愛くて無邪気な反応。

ヒューゴの視線は、ルシアの体を熱くする。

(彼は・・・、いつもこのように寝室にいる⼥性を⾒ているのだろうか?)

ソフィア・ローレンスが必死に彼にしがみついているシーンを思い出す。

時が経つにつれて、ヒューゴへの愛は次第に⼤きくなりました。

いつか自分も、彼から離れたくないとしがみつく女性になるのではないかと恐れる。

(今は大丈夫だけど・・・)

今のままでも、彼女は十分に幸せを感じていました。

とても優しくて情熱的な夫。

これ以上を望むのは貪欲でしょう。

そう考えて、⾃分を慰める。

注意深く始められたキスは徐々に挑発的に。

「あなたは私のせいで夕食を⾷べていません。お腹が空いたに違いな・・・」

ルシアの言葉が終わる前に、ヒューゴは貪欲に彼⼥の唇をむさぼり⾷った。

「あなたは今、⾷べ物について話しているのですか?」

こんなにも俺を誘惑しておいて?

唸り声を上げ、体の熱が上がるのを感じた。

「・・・私もお腹が減りました」

ヒューゴはため息をついた。

自分が⾷べなかったとしても、彼にとってはそれほど重要ではありませんでしたが・・・。

(・・・彼女にお腹を空かせることは出来ません)

ヒューゴは彼⼥を運び、寝室と繋がっている応接室に向かった。

すでにテーブルは2⼈分の⾷事が。

 



 

  • 涙の理由

二人はほぼ同時に、⾷事を終えました。

ルシアはメイドに連絡し、着替えを頼んだ。

しばらくの間、彼⼥はソファに座って、ヒューゴがシャツを着替えるのを⾒ることに、完全に夢中になっていました。

彼の上半身を見て、ルシアは妄想に陥り、顔を赤くする。

「気分が悪いのか?」

「い、いいえ!大丈夫です!」

ソファに座るヒューゴの肩に、ルシアは寄りかかった。

「今は⼤丈夫です。泣きすぎてすっきりしました。ヒューは、こんな経験をしたことはありますか?」

「今まで泣いたことはありません」

兄が亡くなったとき、⼀⼈で叫びましたが、⽬から涙は落ちませんでした。

「さて、教えてください。何が起こったのですか?」

「・・・先ほどあなたが聞いたように、ガーデンパーティーはパーティーブレイクのために混乱しました。ダミアンの紹介にゲストは不満を持っていましたが、譲歩したくなかったので、私がパーティーを解散しました。それは、よく起こることです」

「それなら、何故あなたは泣いたのですか?」

「それは・・・、パーティーのせいだけではありません。状況を誤って判断したことで、ダミアンが傷ついたと感じたので、私は少し動揺しました」

それだけで、あれほど泣くのだろうか?

とりあえず、今はスルーする事に。

「彼はそれほど弱くありません」

「そうですね。彼はあなたの息⼦です。しかし、彼はまだ8歳です」

「首謀者は誰でしたか?」

柔らかく穏やかな⼝調の下に隠されていた凶暴な一面。

ヒューゴは、ルシアを傷つけた人を見つけて、彼らに血を味わわせたいという願望を感じていた。

ルシアが頭を上げた瞬間、彼の⽬には野蛮な獣が隠れていた。

「何もしないでください」

「・・・どうして?」

「これは⼥性の問題です。邪魔をしてはいけません」

ヒューゴが⼲渉した場合、それは完全な混乱を生み出すでしょう。

北部の貴族の基盤そのものが揺らいでしまう。

「・・・」

ヒューゴが不機嫌になって返事をしなかったとき、ルシアは彼に訴えた。

「邪魔しないことを約束してください」

「私が⾯倒をみます」

「ヒュー!私のために邪魔をしないでください」

「誰がやった?」

「ヒュー!」

ルシアが懇願したとき、ヒューゴは彼⼥の震える⽬の光景に抵抗出来ませんでした。

「・・・分かった」

「本当に?」

「⼤丈夫だと⾔った」

そう話す彼の表情は不平を持っていますが、ルシアを蔑ろにする事は出来ません。

「それで?どうするつもりだ?」

「まだ考えています。急いで報復するつもりはありません」

「何もしない訳ではありませんよね?」

「私はそれほど愚かではありません。上手く処理しますから、心配しないで下さい」

彼の従順な妻がとても攻撃的に⾒えるのを⾒るのは、どういうわけか恐ろしかった。

彼⼥は本当に元気そうに⾒えた。

「何かあれば、すぐに教えてください」

「必要な場合はお知らせします」

 



 

  • 以前から聞きたかったこと

ヒューゴは以前から気になっている事を尋ねた。

「ダミアンがここに来る前に、あなたは何故ダミアンについて何も聞かなかったのですか?」

議論の余地があるが、ガーデンパーティーでの事件の原因はダミアンだった。

最近まで、ルシアはダミアンについて何も尋ねなかったので、彼⼥はダミアンに興味がないと思っていました。

「あなたは最初に⼦供について⾔及したことがなかったので、私がダミアンについて話すべきだとは思いませんでした」

「なぜ?」

「⾸都であなたと出会った⽇、私がダミアンについて⾔及したとき、あなたは私に警告しました」

「・・・しましたか?」

「仮に純粋な好奇⼼から尋ねたとしても、あなたは私を疑っていたと思います」

「・・・」

ヒューゴは不意を突かれて、何も⾔えなかった。

ルシアの言葉は正しかった。

彼らが結婚した直後にルシアがダミアンに興味を⽰していたら、ヒューゴはそれを⾃然な興味とは⾒なしていなかっただろう。

「今回の目的は、ダミアンの存在を知ってもらう為でした・・・」

「そんなことが必要ですか?」

「彼はあなたの合法的な息子ですが、少なくとも顔を見せることは必要だと思います」

「・・・」

ヒューゴはやや不満な表情を浮かべる。

「・・・では、私についてはどう思いますか?」

「あなたは⾮常に有能な領主です。ここに来る前は、北部がこんなに快適で安定した場所だとは知りませんでした」

「そうですか」

ルシアの賞賛は、あまり喜ばしいものではありませんでした。

有能な領主?

それらの⾔葉は、彼が聞きたかったものではなかったから。

 



 

ヒューゴが報復をした場合、ケイトでさえ離れていくかもしれません・・・。

ルシアはどうやって解決するでしょうか?

今回のパーティーで、彼女の冷たい一面を知った女性も大勢いるでしょうから。

ダミアンに嫉妬するヒューゴは、見ていて面白いですね♪

ルシアがそれに気づいているかは不明ですが(笑)

 

ルシア【74話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は74話をまとめました。 ネタ...
ルシア【76話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は76話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...