ルシア

ルシア【73話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は73話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

73話 ネタバレ

ルシア【72話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は72話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ウェールズ伯爵夫人の計画

100⼈以上が集まる場所でしたが、呼吸の⾳すら聞こえないほど静かでした。

「何が問題なのでしょうか、ウェールズ伯爵夫⼈?」

「今⽇のパーティーは⼥性のためのパーティーだとお聞きしましたが?」

「ダミアンは⼦供です。男性の⼦供ですが、そのような優先順位がなかったとは⾔えません。特に⾸都では」

ルシアは最後の⾔葉に特に重点を置いて答えた。

北の⾼等社会で有名であることを⾃慢しても、⼩さな池にいる⼤きな⿂。

伯爵夫⼈のプライドを傷つけるような⾔葉を選び、彼⼥に強い警告を与えました。

「あなたがそう仰るのであれば、私は他に何も⾔うことはありません」

ウェールズ伯爵夫⼈は、意図的に不機嫌そうな表情を⾒せてそう答えました。

(私が思ったように、公爵夫⼈は本当の姿を隠してきた)

公爵夫人がお茶会で⾒せた優しくて従順な姿も嘘。

北部の⾼等社会に興味がないかのように振る舞うのも嘘。

公爵夫人の本当の姿は、公爵の地位を使って北部を掌握すること。

ウェールズ伯爵夫人はそう確信した。

(公爵夫⼈、地位だけで北の⾼等社会を掌握できると思うなら、あなたは勘違いをしているわ)

⼥王が⾃分の地位だけで⾸都の⾼等社会を⽀配出来なかったように、北部の⾼等社会も地位だけで⽀配することは出来ません。

ウェールズ伯爵夫⼈は⾸都の⾼等社会に⼤きな関⼼を持っていたので、⾸都の噂についてよく知っており、ルシアについて現在⾸都でどのような噂が広まっているのかを知っていました。

例えば、公爵夫⼈には親戚が⼀⼈もおらず、城にいる多くの王⼥の1⼈にすぎないこと。

タラン公爵との結婚についても多くの疑わしい点がありました。

信頼できる噂によると、国王とタラン公爵はある契約を結んでいる。

公爵夫人は天上のような女神という噂に、ウェールズ伯爵夫人は鼻で笑いました。

又、公爵夫⼈が幸せな結婚⽣活を送ったという噂は根拠のない噂だと考えます。

ウェールズ伯爵夫⼈はタラン公爵の女癖をよく知っていました。

タラン公爵は⼀⼈の⼥性に執着する男性ではありません。

(公爵夫⼈、あなたがその席を⻑く保持したいなら、あなたに親切な⼈々を配置しなければなりません)

コーザン伯爵夫⼈が⾼等社会について教えるように依頼されたという事実は、⾼等社会での大きな話題でした。

このため、ウェールズ伯爵夫⼈は不満を持っています。

彼⼥の影響⼒はコーザン伯爵夫⼈よりはるかに優れていましたが、⼈々はコーザン伯爵夫⼈を尊敬し、彼⼥をゴッドマザーと呼びました。

最近、コーザン伯爵夫⼈を⾒ることがなかったので、彼⼥はリフレッシュした気分でした。

だから、今⽇のガーデンパーティーで、ウェールズ伯爵夫⼈は、公爵夫⼈に自分の存在を強調することを意図していたのです。

 



 

  • パーティーブレイク

パーティーが始まったと宣⾔されてからほぼ1時間半、⼈々は何の表情もなく⼈形のように座っていました。

この状況で、ケイトは故意に⼤きな⾳を⽴て、お茶を飲み、お菓⼦を⾷べます。

しかし、彼⼥⼀⼈で状況を覆す能⼒はありません。

ウェールズ伯爵夫⼈はケイトにとって強敵でした。

他の若い⼥性は後ろ盾がないので何も行動できません。

主催者が社会的または倫理的に批判されるべき過ちを犯した場合、⾼等社会は党を破るような⽅法で彼らを罰します。

⽅法は簡単。

出席者はただ黙っているだけ。

パーティー中に発⽣した問題の場合、問題が解決するまで、出席者は不在を宣⾔するかのように⼝を閉じたままにします。

リーダーと同様の影響⼒を持つ他の誰かが彼らに反対しない限り、他の⼈は⽬をつぶって従うのがルールでした。

ケイトは後悔に苛まれた。

パーティーブレイクは⼥性にとっての戦争。

国の戦争とは異なり、⾼度な社会の権⼒闘争では、地位は絶対的なものではありません。

ルシアは冷ややかな表情で群衆を⾒渡した。

メイドたちは恐怖で⻘ざめ、隅に群がっている。

逆に、ダミアンの表情はとても穏やかでした。

ルシアはパーティーブレイクを締めくくる⽅法を知っています。

通常、⼀歩後退するのは主催者。

これは、パーティーが途中で失敗した場合、⼤きな恥であったためです。

この状況を解決する⽅法は明らかでした。

ダミアンをパーティーから取り除く。

しかし、ルシアはその方法を考えていませんでした。

ウェールズ伯爵夫⼈は、最初から間違った考えを持っています。

ルシアは⾼等社会に執着していないのだから。

 



 

  • ルシアの解決方法

ルシアは群衆に向き直り、冷たい声で宣⾔した。

「みなさん、今⽇は楽しい時間を過ごせないのではないかと思います。このイベントは中止しますね」

女性たちは騒然となります。

「あなた方を⾒送りませんし、それに値もしません」

メイドに命令を出しました。

「ゲストのお見送りを」

メイド達は表情を引き締めた。

彼らの夫人の⾃信ある態度は、使用人への救いとなったのだから。

「今⽇、あなた方は皆、賢明な動きではなかったことにすぐに気付くでしょう」

公爵夫⼈が⾼等社会に影響を与えなかったとしても、公然と彼⼥の階級を無視する⾏為をするならば、人々は後の結果を恐れなければなりません。

「いつの⽇か、あなたの息⼦や孫が私の息⼦を主⼈にするでしょう。「親が⼦供の未来を台無しにする」ということわざは、このような場合を指していることが分かりますね」

ルシアは振り返って中央の塔にまっすぐ向かい、その場を立ち去りました。

公爵夫⼈が姿を消した後、⼥性たちの動揺は⼤きくなります。

「ああ!これはいったい!?」

「公爵夫⼈は普段、怒る方ではありません。普段は優しい⼈が怒ると怖いです。私たちは何をすべきでしょうか?」

批判は、パーティーブレイクを主導したウェールズ伯爵夫⼈を含む10⼈の⼥性に集中した。

ウェールズ伯爵夫⼈の表情は固まった。

「こんなはずでは・・・」

伯爵夫⼈は、新婚の若い公爵夫⼈が⾼度な社会的社交の経験がほとんどないことを知り、パーティーブレイクが何であるかを知る可能性は低いと考えました。

結局のところ、次期公爵は公爵夫⼈の実の息⼦ではありません。

彼⼥にとって、公爵夫⼈は外⾒だけの夫婦でした。

パーティーブレイクが起こったとき、公爵夫⼈は勝つことが出来ず、和解を求めると考えていました。

そして公爵夫人と親密になる。

ウェールズ伯爵夫人はそう計画していた。

しかし、彼女の最⼤の過ちは、ルシアがどんな⼈であるかを正しく理解していなかった事。

「私は何をすべきか?夫がこれを知ったら、彼は怒るに違いありません!」

「タラン公爵がどんな⼈なのかよく知っているのに、なぜこんな事に?」

「噂によると、夫婦関係はかなり良いです」

「ああ、どうすれば・・・。しばらく静かにしておくべきでしょうか?」

ダミアンは⾚い⽬で冷たく女性たちを⾒つめます。

今⽇、少年は将来前進するために踏まなければならなかった⼈々の姿を視覚的に⽬撃しました。

ルシアが望んでいた⽅向とは全く違う⽅向でしたが、とにかく素晴らしい教訓です。

⼀部の⼥性は、意図せずにダミアンに怯んで背を向けたりしました。

⼥性たちは席を離れ始めます。

庭の人数が⼤幅に減ったとき、ダミアンも会場を去りました。

 



 

普段は怒らない人が怒ると恐ろしい・・・。

ルシアがそれを意図して行ったかどうか分かりませんが、女性たちの彼女への印象は180度変わるでしょう!

ヒューゴが不在だから心配でしたが、問題はなさそうですね♪

 

ルシア【74話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は74話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...