ルシア

ルシア【72話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は72話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

72話 ネタバレ

ルシア【71話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は71話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 父と子

ヒューゴはダミアンに付いてくるように言ったが、彼はどう接すればいいか分からなかった。

子供は元気に育っているように見えますが、ぎこちなくも見える。

「あなたはたくさんの本を読みますか?」

「はい、私は本が好きなので、たくさん読んでいます」

ヒューゴはダミアンを書斎に連れて⾏く。

これまで、彼の書斎へのアクセスを許可されたのはビビアンだけ。

ダミアンが書斎に⼊るとすぐに、彼の⽬は広がり、彼の⼝は開き、彼の頭は素早く左右に向きを変えました。

アカデミーの巨⼤な図書館には沢山の本がありましたが、それはスタイリッシュではありません。

個⼈が所有する壮⼤なスケールと⾒事な雰囲気が、魅了された少年の⽬に柔らかな光を照らしました。

「この場所も書斎の⼀部ですか?」

ダミアンは、書斎の右側にある閉じられたドアを⾒ながら尋ねました。

ヒューゴの⽬は沈む。

タラン家の家長だけが⼊ることが出来る場所。

タラン家についての全ての真実を含んだ秘密の部屋。

「気にしないでください。ゴミだらけなので」

ヒューゴはその部屋をダミアンに渡す計画はありませんでした。

「好きなように見なさい。本を読みたいのなら、いつでも⼊って読んでも構わない」

「はい!ありがとうございます!」

許可が下りるとすぐに周りを⾒回したかったので、ダミアンはウズウズしていました。

書斎を精査している姿を⾒て、ヒューゴの⽬には暖かさがありました。

しばらくして、ヒューゴは書斎を去り、ダミアンが棚から本を取り出して読書に完全に夢中になっていたので、少年を⼀⼈にした。

彼が事務所に戻ったとき、「ルシア」という名前が再び頭に浮かぶ。

 



 

  • ガーデンパーティー当日

朝から、公爵夫⼈が主催するガーデンパーティーに出席するためにロームに向かう馬車の列。

年配の⼥性から未婚の⼥の⼦まで多様で、北部の⾼等社会の有名な⼈々、あまり知られていない⼈々、家⾂の家族、そして家族ではない⼈々で構成されていました。

今⽇招待された全員は、公爵夫⼈のこれまでのお茶会に少なくとも⼀度は招待されている。

⾼等社会における公爵夫⼈の評価は⼈によって異なります。

ルシアは到着した⼥性たちを歓迎し、軽い抱擁で挨拶しました。

少し隙間が出来たタイミングで、メイドを呼びます。

「ダミアンが遅れています。彼がまだ遠くにいるかどうかを確認して、私に報告してください」

「はい、奥様」

庭の広⼤な空間に何⼗もの円卓が並べられていました。

瞬く間に、庭は⼥性の話と笑いで埋まりました。

「ミルトン夫、ようこそ」

ケイトが⼀⼈で来たことを確認した後、ルシアは残念な表情を浮かべる。

「ミシェル夫人は⼀緒に来れなかったのですね・・・」

「はい、彼⼥は最近、健康状態があまり良くありません」

「いつか彼⼥に会いに⾏かなければなりませんね」

「⼤叔⺟もとても喜ぶでしょう」

メイドがすぐにルシアのところに⾏き、彼⼥に報告しました。

「小公爵様が1階のホールで待っています」

ケイトは⼼配そうに⾒つめています。

彼⼥は、ガーデンパーティーでダミアンを紹介するルシアの計画について前もって知っています。

⾮嫡出⼦が信頼を獲得する問題は、男性の態度よりも⼥性の態度によって決定される。

全員がケイトと同じ考えではありません。

爵位が高ければ高いほど、彼らは傲慢で、⾮常に誇り⾼く、利⼰的でした。

ルシアがそのような⼥性を知らない訳ではありません。

時々、彼⼥は驚くほど鋭かった。

ケイトにとって、ルシアは興味をそそられる人物。

ケイトの表情は、⾼貴な年配の⼥性を⾒て暗くなる。

ウェールズ伯爵夫⼈は北部の⾼等社会で有名な⼈物。

彼女とケイトの叔⺟は、全てにおいて正反対でした。

実際、両者の関係はまったく良くありません。

ウェールズ伯爵夫⼈は⼼ゆくまで影響⼒を⾏使し、彼⼥に群がる⼈々を見て楽しむ。

彼女は乗⾺場を訪れることはありませんでした。

しかし、噂によると、ルシアがダミアンを乗⾺場に連れてきて⼈々に紹介したと聞いたとき、彼⼥はこう⾔った。

[彼⼥は若い。誰かが彼女に賢明なアドバイスを与えるべきです]

「今⽇、伯爵夫人が無意味なドラマをかき⽴てないことを願っていますが・・・」

ケイトは、⼀⾒従順なルシアがどれほど賢くてしっかりしているのかを知っています。

 



 

  • ダミアンの登場

「あなたは素晴らしく⾒えますよ、ダミアン」

ダミアンは⼩さな⼤⼈のような燕尾服のサイズに⾝を包み、完璧な⼩さな紳⼠のように⾒えました。

⼥性は彼から⽬を離すことが出来ないでしょう。

想像するだけで幸せになります。

「少し・・・息苦しいです」

「すぐに慣れますよ。ゲストが到着しましたから、⾏きましょう」

ダミアンは地⾯に釘付けにされたかのように動かなかった。

「ルシア、やっぱりどう考えても・・・」

「ダミアン、これからはたくさんの⼈の前に⽴つ必要があります。今⽇はほんの始まりに過ぎません。プレッシャーを感じる必要はありません。誰かがあなたの周りで不正⾏為をした場合は、教えてください。私が教育しますので」

ダミアンはそれに応じてぼんやりと⾒つめ、ルシアは⼿を腰に当てた。

「あなたは私を信じていませんか?⼤丈夫。それなら、代わりにあなたのお⽗さんに話します。彼は怖い⼈なので、彼らに良いレッスンが出来るでしょう」

少年の顔に⼩さな笑顔が浮かぶ。

「行きましょう」

⼿を差し伸べて、ダミアンの⼿を握る。

柔らかくて暖かい⼿。

ダミアンは彼⼥の明るさに夢中になり、⽬を逸らす事が出来なかった。

パーティーのホステスである公爵夫⼈が現れたとき、騒⾳は徐々に落ち着き、会場は静かになりました。

「本⽇はご参加いただきました皆様に⼼より感謝申し上げます。こんなに大勢の⼈が⼀堂に会するのは初めてなので、未熟かもしれませんが、皆様が楽しい時間を過ごせることを願っています」

ルシアより年上で影響⼒のある⼥性は少し頭を下げた。

「そして、今⽇皆さんに紹介したい⼈がいます。ダミアン、来てください」

⼈々の視界から隠されていたダミアンは、彼⼥の呼びかけでルシアのそばに⽴ち上がった。

「皆さんは彼をよく知っていますよね。将来的には、タラン公爵の後継者になります。彼はまだ若いですが、私は彼に挨拶をしてほしかったので、彼を呼びました」

女性たちは、ダミアンの登場に動揺を隠せません。

そんな中、⼀⼈の女性がカップを落とし、⼤きな⾳を⽴てた。

それはウェールズ伯爵夫⼈。

彼⼥は無表情のままでした。

伯爵夫⼈の沈黙が⻑くなるにつれて、周りの⼈々の表情は徐々に固まりました。

 



 

  • 心の鍵

ガーデンパーティーが始まった頃、ヒューゴは事務所で書類を作成していました。

「パーティーは順調ですか?」

「はい、ほとんど全てのゲストが到着したと聞きました」

「招待されて来なかった⼈は?」

招待状を受け取り、事前の連絡なしに⽋席するという⾏為は、主催者への侮辱。

ダミアンを紹介すると⾔っていたので、ヒューゴは少し⼼配していました。

「健康上の問題で⽋席したことを知らせてくれた2⼈と、少し遅れて到着するという知らせを送った2⼈を除いて、全員が出席しています」

ヒューゴはうなずいて、机の上の書類に⽬を戻しました。

突然、「ルシア」という名前が再び頭に浮かびます。

「『ルシア』という名前を聞いたことがありますか?」

ジェロームが「はい」と答えると、ヒューゴはすぐに頭を上げた。

「聞いたことありますか?誰ですか?」

ジェロームは主⼈の異常な反応に直⾯して緊張する。

(奥様、まさか言ってない事はないですよね?)

「・・・ええと、・・・それは奥様の⼦供の頃の名前だと聞きました」

主⼈は反応しません。

ジェロームは冷や汗を浮かべます。

主⼈は本当に知りませんでした。

「ビビアンはあなたに直接話しましたか?」

「いいえ、ミルトン夫⼈がその名前で奥様に話しかけるのを偶然⾒たので、奥様に尋ねました」

「そうですか。もう行っていいです」

ジェロームが去った後、ヒューゴは書類の言葉が何も入ってこなかった。

ミルトン男爵の娘は知っていた、ダミアンは知っていた、ジェロームさえ知っていたが、自分だけが知らなかった。

ショックを受けました。

彼⼥の⼼は閉じられ、鍵がかかっていた。

兄の死後、初めて欲しいものを⾒つけましたが、それは彼が決して⼿に⼊れることが出来なかったもの。

兄の死後、ヒューゴの世界は無⾊でした。

退屈で無意味。

しかし、いつ始まったのか知りませんでしたが、最近、世界を退屈だとは思っていませんでした。

世界は⾊彩に満ち、⽌まったように⾒える⼼臓は再び⿎動した。

もしヒューゴがビビアンを失うとしたら、彼の世界は再び死ぬでしょう。

ドアをノックする⾳が彼を現実に引き戻した。

アシンが急いで事務所に⼊ってくる。

「公爵様、エピデミックの発⽣に関する緊急の報告です」

北部の⼟地は⾮常に広い⼟地だったので、事件は休むことなく起こります。

「伝えられるところによると、領地の何⼗⼈もの⼈々が同じ症状を訴えています」

ヒューゴはすぐに⽴ち上がった。

それが本当に流行り病だったとしたら、最悪の事態になるでしょう。

「すぐに出ます。騎⼠を待機させて、乗れる医師を雇ってください」

「分かりました。フィリップ卿は現在ロームに滞在しているので、フィリップ卿に準備をお願いしますか?」

ヒューゴは眉をひそめる。

「・・・フィリップを除いて。別の医者を探してください」

アシンは黙認して部屋を退出した。

ヒューゴは騎⼠の⼀⼈に医者を⾒つけて連れて⾏くように緊急に命じ、それから彼は残りの騎⼠と⼀緒に出発した。

 



 

ヒューゴとダミアンが少しだけ歩み寄ります!

感慨深いものがありますね^_^

本好きのダミアンからすれば、書斎は宝の山ですよね♪

一日中そこにいるのではないでしょうか笑。

ガーデンパーティーは無事に終わらなさそうですね・・・。

 

ルシア【73話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は73話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...