ルシア

ルシア【71話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は71話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

71話 ネタバレ

ルシア【70話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は70話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ビビアンとダミアン

午後、ヒューゴはオフィスで書類の作成に忙しかった。

しばらくして、ジェロームが静かにお茶を置いた。

彼はお茶を⼿に取り、バルコニーに歩いて⾏き、少し休憩することにしました。

パーティーが近いので、庭は大勢の⼈で賑わっていました。

彼はビビアンを探して庭を⾒回す。

すぐに庭の隅で彼⼥を⾒つけましたが、彼⼥は⼀⼈ではありませんでした。

⿊髪の⼦供、ダミアンと⼀緒です。

「本当に仲が良いな」

ヒューゴは少し眉をひそめながら独り⾔を⾔う。

客観的に⾒ると、お互いに近づきすぎない関係。

ビビアンがダミアンをガーデンパーティーに連れて⾏くことについて少し⼼配していました。

彼女は愚かな女性ではありません、ダミアンを紹介する影響も理解しているでしょう。

ダミアンが彼⼥と仲良くしていたのは興味深いことでしたが。

彼はあまり社交的な少年ではありませんでしたが、数週間でに従順な⼦⽝になりました。

執事ジェロームでさえ同じです。

「奥様」、「奥様」と頻繁に聞きます。

彼女が多くの人たちに好かれることは嬉しいけれど、何故か不快にも感じています。

(彼らは何をしてるのだろうか?)

⼆⼈が低くしゃがんでいて、頭が向かい合っていました。

彼は静かに不平を⾔った。

「私抜きで」

とても幼稚な言葉が、ヒューゴの口から自然と溢れます。

 



 

  • キツネの名前

ルシアとダミアンは⾚ちゃんキツネを⾒ることに夢中になっていたので、他のことにあまり注意を払っていませんでした。

「ダミアン、名前を決めましたか?」

「ルシア、・・・本当に私が名前を付けても⼤丈夫ですか?」

「もちろんです。名前を付けていただければ幸いです」

数⽇前にルシアがキツネに名前を付けるように頼んだ後、ダミアンはあらゆる辞書を調べました。

「じゃあ・・・、アーシャ」

「アーシャ?何か意味がありますか?」

「名前と同じように・・・、活⼒があり、長生きしてもらいたくて」

「アーシャ。いい名前です」

ルシアはキツネを持ち上げてダミアンに差し出した。

「名前を付けたので、抱いてみてください」

「ルシア、私は・・・」

「早く。落としちゃいます」

ダミアンはすぐに⼿を差し伸べ、キツネを注意深く腕に抱きました。

アーシャは⻑い⿐を持ち上げ、少年をしばらく⾒つめた後、腕の中でリラックスした。

⼩動物のペースの速い⼼拍⾳がダミアンに衝撃を与える。

それは彼にとって新しい感覚。

「なんか変な感じがします

「どうして?」

「・・・嫌じゃないけど、変な感じがする。胸が少しチクチクする・・・」

ルシアは優しく微笑んだ。

「ダミアン、その気持ちはあなたが彼女が愛らしいと思うことを意味します」

「愛・・・ですか?」

ダミアンはしばらくの間キツネを静かに⾒つめていました。

彼は頭を上げてルシアを⾒つめ、明るく笑った。

それは⼦供の澄んだ笑顔であり、その中に暗闇は隠されていませんでした。

 



 

  • ルシアとは?

少し離れた場所で、ヒューゴの⾚い⽬が彼らを⾒つめていると、強く震えました。

好奇⼼を抑えることが出来ず、事務所から出ます。

(あれは何ですか?)

⼩さな獣がうごめく光景と、⼆⼈がこれまでにない宝物のようにそれに集中している光景が⾒えてきました。

少し近づくと、彼らの会話を聞くことが出来ました。

「獣に名前を付ける?役に⽴たない⾏為だな」

ヒューゴが⻑年乗っていた⽩い⾺にはまだ名前がありません。

「・・・ルシア・・・?」

彼は眉をひそめた。

なぜダミアンはビビアンをその名前で呼ぶのでしょうか?

公爵夫⼈ではなく、⺟でもなく、彼⼥の名前でもありません。

太陽の光のように明るいダミアンの笑顔を⾒ると、ヒューゴは胸が痛くなった。

「はぁ・・・」

彼は悲しそうにため息をついた。

ダミアンの笑顔は、兄が自分に与えたものと⾮常に似ていました。

ヒューゴの記憶は、彼がダミアンに会った最初の⽇に戻ります。

ある⽇、フィリップはまだスムーズに歩けない幼い⼦供を連れてきた。

説明されなくても、⼦供の⿊い髪と⾚い⽬はタランの⾎統に特有の特徴。

「彼はヒューゴ様の息⼦です」

*ここでの「ヒューゴ」は兄の事を指します。

最初、ヒューは⾔葉を失い、それから激怒した。

「死んだ前公爵がどこかに種を蒔いたに違いない。俺を騙そうとしているのか?」

「ヒューゴ様に恋⼈がいるのを聞いたことがありませんか?」

「ふざけるな!!」

「ヒューゴ様と夫人はお互いの正体を知らずに恋に落ちました、ダミアン様は彼らの愛の結果です」

「なぜヒューゴは⾃分の⼦供が⽣まれたことを知らなかった?」

もし彼の兄が⼦供がいることを知っていたら、彼は⾃分⾃⾝を殺すことを決して選択しなかっただろう。

「ヒューゴ様は、ダミアン様のことを知らずに亡くなりました」

「前公爵も知らないのか?」

「はい」

「ダミアンという名前は?お前が名付けたのか?」

「いいえ、夫人が名付けました」

「くだらない。⼦供の⺟親はどこだ?」

「彼⼥は出産後に亡くなりました。より詳細な説明が必要な場合は・・・」

「十分だ」

ヒューは⽼⼈の話を聞くのではなく、⽬前の問題に焦点を移した。

「なぜ彼を連れてきたのですか?」

「彼はヒューゴ様の⾁と⾎です。彼をあなたに引き渡すのは正しいことです」

「彼を連れて⾏って去ってください。それが私の周りに残っているなら、いつ殺したいのか分かりません」

しかし、フィリップはダミアンを残して、密かに姿を消しました。

ヒューは怒り狂って、フィリップがダミアンに近づくことを禁⽌した。

彼が数ヶ⽉後にロームに戻ったとき、皆がダミアンをヒューの息⼦として受け⼊れていました。

疑う余地もないくらいに、ヒューとダミアンは瓜二つでした。

しかし、ダミアンの登場により、タラン家を終わらせるというヒューゴの意図は無に帰した。

ダミアンに対するヒューゴの気持ちは微妙に複雑でした。

兄の唯⼀の痕跡はこの世界に残され、重荷の塊です。

愛と憎しみはありません。

 



 

  • 少しだけの進展

ダミアンはヒューゴが近づいているのに気づき、すぐに⽴ち上がった。

キツネはまだ腕の中にいて、ヒューゴの突然の出現に慌てていました。

彼は叱られるのではないかと⼼配していました。

ヒューゴはキツネをちらっと⾒た後、ビビアンに話しかけた。

「キツネ狩りは観光のためだけではなかったのですか?」

「そうするつもりでしたが、ミルトン夫⼈は私がキツネを⼿に⼊れるのを⼿伝ってくれると私に⾔いましたので」

ヒューゴは、ダミアンの腕の中で転がっている小さな⽣き物に不満を持っていました。

ダミアンとの頻繁な外出、そしてキツネの世話。

自分だけを見て欲しい。

「ダミアン」

「え?は、はい!」

ヒューゴがダミアンの名前を本人の前で呼ぶのはこれが初めてでした。

「キツネ狩りは男性向けのゲームではありません。それは⼥性のための些細なゲームです。キツネを主⼈に戻してください」

彼は傲慢に命じた。

ルシアは唖然とし、彼を睨みつける。

⼥性のための些細なゲーム???

ダミアンは⼆⼈の間で交互に視線を向け、すぐにキツネをルシアに⼿渡した。

彼は少しの落胆や⻑引く愛着さえ⽰しません。

「着いてきなさい」

「はい」

ダミアンは軍の規律を守る兵⼠のように答えた。

「どこに連れて⾏くの?」

「私たちは話をするつもりです。男性だけで」

ヒューゴは歩き始め、ダミアンは⼆⼈の間で繰り返し視線を交わし、ルシアの⽅向に頭を下げた。

その後、彼はすぐにヒューゴを追いかけました。

通常は穏やかなダミアンとは異なり、彼は明らかに興奮していました。

「私は除け者?」

ルシアは⾔葉を失った。

彼女の全ての努力は、父親からの一言未満である事実に、彼女は落ち込んだ。

けれど落ち込んだのは一瞬でした。

彼らの⾮常に似た後ろ姿はとても愛らしいものだったから。

⾮常に軽いステップを踏んだダミアンの姿も⾒ていて楽しかったです。

「どうか、私が嫉妬するほど近づいてくださいね」

ルシアは⾃分に笑いながら、庭の使用人の⽅を向いた。

明⽇のガーデンパーティーの準備はまだやることが沢山ありました。

 



 

ルシアとダミアンの会話が微笑ましいです♪

その光景に嫉妬するヒューゴが面白いです^_^

そしてついに「ルシア」という名前が判明しましたね!

ダミアンを連れていった理由は何でしょうか?

 

ルシア【72話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は72話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...