ルシア

ルシア【70話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は70話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

70話 ネタバレ

ルシア【69話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は69話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 朝方

ルシアが眠ったのは朝方。

彼女はベッドから起き上がることを考えたが、体が⾔うことを聞きません。

横を見れば、ヒューゴが既に目を覚ましていました。

彼らの⽬が合い、ヒューゴは頭を下げ、ルシアの唇に軽くキスする。

「起きないので⼼配でした。⼤丈夫?」

昨夜、ルシアは彼を少し嫌っていましたが、今の彼を⾒ると、憎しみは薄空に消えました。

「・・・少なくともあなたには良⼼があるのね」

ヒューゴの指が櫛のように彼女の髪を⼀掃します。

気分が良く、少しくすぐったいです。

(髪は乱れていないかしら)

考えが浮かんだとき、彼⼥の眠気が飛んだ。

「どうしましたか?」

「・・・私の頭・・・」

「痛いのか?医者を・・・」

「いいえ、そうではありません」

彼⼥は⽑布を少し下げ、⽬だけを彼に見せます。

「昨⽇・・・、髪をちゃんと乾かしませんでした」

愛する男の前で可愛らしい姿だけを⾒せたい⼥⼼。

ヒューゴは彼⼥の⾔葉を理解出来ず、⽑布を彼⼥からはぎ取った。

ルシアは短い悲鳴を上げ、彼は彼⼥の唇に軽くキスをした。

「・・・可愛いよ」

ルシアは「可愛い」という⾔葉が⾃分の外⾒と⼀致するとは思わなかった。

ヒューゴは軽薄でしたが、⽢い言葉を女性に囁く性格ではありません。

彼女は⼿を伸ばして、自分の頭を触る。

鏡を⾒なくても、ボサボサだったのは明らかでした。

「可愛い?この⾒た⽬が?」

「何が悪いのか分かりません、綺麗に⾒えますよ」

彼の表情は全く変わらない。

ルシアが疑わしく⽬を凝視し続けると、彼の表情はぎこちなくなりました。

「その表現が気に⼊らないということですか?それなら、あなたの美しさはとても明るく、⽬がくらむように⾒えます・・・」

「私をからかっているの?」

ルシアはムスッと答える。

ヒューゴが何を考えているのか分からなかったが、複雑に考えないことに決めた。

嘘の⾔葉でも嬉しいから。

喜んで、幸せで、くすぐったい気持ちになり、ヒューゴを⾒たとき、ルシアは笑わずにはいられなかった。

「そのように笑わないでください。⾷べたくなります」

ルシアは⼤声で笑い、ヒューゴも爆笑しました。

ルシアがヒューゴを愛していることを認めた後、彼女の⼼はより平和になり、彼⼥の気分はリラックスしました。

 



 

  • 最大の挑戦

ヒューゴがロームから離れていた時、ルシアの頭の中にはいつも彼がいた。

彼がロームに戻ったとき、問題が完全に解決されていなかったので、彼女が彼から背を向けるのではないかと⼼配していました。

彼の⼼配とは反対に、彼⼥はとても元気でした。

むしろ、彼⼥は以前よりもさらに明るくなった。

(私は彼⼥が欲しい)

彼⼥の体と⼼の全てを。

しかし、ルシアは彼を決して愛さないと誓った。

そんな彼女の気持ちを変えることが出来るのだろうか?

それはヒューゴの⼈⽣で最⼤の挑戦。

彼はこれまで恋に落ちたことはありませんでした。

ルシアは彼の初恋になるでしょう。

しかし、感情的な愛を知る前に、⾁体的な愛を経験しすぎたのは悲劇でした。

「ここにいても⼤丈夫なの?忙しくない?」

ヒューゴは彼⼥の声が以前よりずっとはっきりしているのを感じた。

(彼⼥は可愛いと呼ばれるのが好きです)

彼は頭の中でやるべきリストを作り始めた。

「私にとっては仕事に終わりはないので、仕事をしない限り休むことが出来ます」

「だからあなたは働いていないのですか?」

「⼼配する必要はありません。私が働かない事が気になりますか?」

「・・・そうですね」

「どうして?」

「夫は妻を養わなければなりません。そのために、あなたはお⾦を稼がなければなりません」

ヒューゴは笑わずにはいられなかった。

時々、彼女は不思議な事を言って、彼を笑わせます。

「あなたを養うのはとても簡単です。お⾦を稼いだとしても、あまり使っていませんから」

「使ってますよ。パーティーを開くのにどれくらいのお⾦がかかるか知っていますか?」

「個⼈的な⽀出を言っているのです」

「私は個⼈的な⽀出にも使⽤しています。庭を飾るために花を買いました・・・」

「ドレスや宝石は?」

「ドレスの修理に多額のお⾦を費やしましたが、タラン家の倉庫は宝⽯で溢れています。死ぬまでに全部着ることは出来ません」

それらの装飾品はタラン家の所有物。

「私のお⾦を使いたくないですか?」

ルシアは少し考えてから笑った。

ヒューゴの予想外の側⾯を発⾒して、何故か可愛く思えた。

とてつもないプレッシャーを放つ巨⼤な男が可愛いと思える・・・、ダミアンと⼀緒にいたことの副作⽤だったのかもしれません。

これがヒューゴの努⼒の結果であるとは、彼⼥は思い浮かばなかった。

「なんで笑っているの?」

⽬の前で不平を⾔う男に、そこにいるだけで⼈々を圧倒する戦争の⿊獅⼦、タラン公爵の姿は⾒えなかった。

「正直なところ、私は不必要に買い物をするのが好きではありません」

「はぁ・・・そうだね。私たちの女主人は、倹約的で質素であることに慣れています」

「しかし、それは良いことです」

妻が質素であると批判されているのを聞いたことがありません。

ルシアに自分のお⾦を使うように頼むことは、今や冗談のように思えた。

彼⼥の外⾒は⽭盾に満ちていたが、内面は⽭盾していません。

ヒューゴは彼⼥の心を掴むために、何が必要かを考える。

それはお⾦ではなく、権⼒でもありません。

(それは⼦供ですか?)

ヒューゴは彼の⾎から⽣まれた⼦供が存在することを望んでいません。

そうではなくても、彼女に子供が出来ることはないでしょう。

彼⼥が夜の営みに向きを変えることが出来るなら・・・。

 



 

  • 交渉

「あなたはベッドで満⾜していますか?」

ルシアの顔は⾸まで⾚くなり、それから背中を彼に向けた。

「もう少し寝ます。急いで仕事に戻って下さい」

ヒューゴは彼⼥が背を向けたことに、かなりショックを受けました。

彼は急いで彼⼥を引き寄せた。

「ビビアン、何が問題なの?」

ルシアはすぐに⽴ち上がり、彼に向かって叫んだ。

「今のままで十分ですから!唐突にな、何を言っているのですか!?」

ルシアの顔はリンゴのように真っ⾚で、彼を笑わせた。

そのまま彼女にキスをします。

「もう朝ですよヒュー」

「これまで朝に行ったことがないわけではありません」

そっと始まったキスは、⾆が絡み合うとあっという間に燃え上がったが・・・。

「これ以上先に進むと、明⽇のパーティーに出席出来なくなります」

「ははは。あなたは本当に・・・」

ヒューゴは突然笑い出し、ルシアを腕に抱きました。

ルシアは内心でため息を吐いた。

(私は今幸せです)

彼⼥はとても幸せだったので、彼⼥の⼼は痺れと疼きを感じた。

 



 

二人の会話を聞いて毎回思うこと。

早く契約の更新を!です笑。

ヒューゴも女性関係は豊富ですが、恋愛は初めてですし、前途多難ですね・・・。

直球で聞くのは笑いました♪

 

ルシア【71話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は71話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...