ルシア

ルシア【69話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は69話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...

 




 

69話 ネタバレ

ルシア【68話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は68話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新しい方法

ルシアは湿った髪にタオルを巻いて寝室に⼊る。

彼⼥は髪を乾かそうとして柔らかいタオルを髪の周りに押し付けました。

何⼈かのメイドの細⼼の注意を払った乾燥に匹敵することが出来ません。

ヒューゴは部屋に入ると、まっすぐ彼⼥に向かい、後ろから彼⼥を抱きしめた。

驚いたルシアはタオルを⼿放す。

「ヒュー!まだ髪が乾いていないわ」

このまま寝たら、明⽇は髪が爆発しています!

「後でやりなさい」

「後で出来ることではありません!」

ヒューゴはルシアの話を無視して、彼⼥を持ち上げてベッドに移動し、不満そうな彼女の唇にキスをした。

ルシアはまだ自分の反抗的な態度が、ヒューゴを喜ばせる事を知りませんでした。

彼は彼⼥の柔らかい唇を⾆で舐めて、魅⼒的な味を楽しむ。

⼊浴したばかりだったせいか、⼝の中が熱くなっていた。

ルシアは焦点を合わせることが出来ず、トランス状態に陥ります。

ルシアは深呼吸をして、彼を⾒つめました。

「私は考えました」

ヒューゴの声は⼀⾒落ち着いているように聞こえます。

「あなたがとても早く疲れる理由は、私が⼀度にするからだと思うので、それを変えましょう。どう思いますか?」

彼はルシアの腫れた唇に軽くキスした。

「だから、今⽇は新しい⽅法を試します」

彼の視線は獲物に襲いかかる捕⾷者の視線のようだったので、ルシアは唾を飲み込んだ。

ヒューゴはしばらくの間、彼⼥の体を彼の⽬で楽しんだ。

それは⻑い夜の始まり。

もし彼が好きなようにしていたら、彼⼥は何⽇も起き上がれず、彼⼥の体は苦しむでしょう。

医師の「5⽇に1回」のアドバイスを維持するため、彼は自制心を抑える努力をした。

 



 

  • ダミアンについて

ヒューゴはルシアの⾸にキスを、そして彼⼥の⽬と唇に数回軽くキスする。

「・・・ダミアンについてですが」

ルシアが呟きます。

「彼を⾒たとき・・・、私は・・・とても驚きました。彼は・・・、あなたにとても似ています・・・」

ルシアは息を整えてから続けた。

「私は・・・少し興奮しました」

「・・・あなたは彼を⾒て興奮したのですか?・・・どうして?」

「それは・・・、あなたに会っていたように感じたから」

「⼦供時代は私のように⾒えるでしょう」

「ダミアンは10年後も、あなたに似ていると思います・・・」

会話を続けることが出来なくなりました。

ヒューゴの熱烈な情熱はある程度消えていましたが、⻑引く情熱は以前と同じです。

「なぜダミアンを寄宿学校に送ったのですか?」

幼い⾼貴な⼦供たちは通常、家庭教師によって教えられます。

最近では⼦供をアカデミーに送るのが流⾏でしたが、それは通常、15歳くらいから3〜4年くらいの経験を積むため。

勉強するのではなく、繋がりを構築することを⽬的としていました。

公爵の後継者が寄宿学校を修了した例はありません。

「私は彼の世話をすることが出来なかった」

フィリップがダミアンを連れてきたとき、ヒューゴは戦争に集中していた。

彼は年に数回しかロームに⽴ち寄ることが出来ていませんでした。

ヒューゴにとって、ダミアンはペットのようでした。

⽗親になるつもりのなかった彼にとって、突然現れた⼦供は、彼にとって特別な意味を持たなかった。

しかし、ヒューゴは⼦供が安全な家を必要としていることを本能的に知っていた。

ダミアンがいなかったら、ヒューゴはタラン家を捨てるか、踏みにじった可能性があります。

戦争が減速し始めたのもこの頃であり、ダミアンは5歳になりました。

彼は戦争が好きでで、北に戻って退屈な事務処理をするという考えは嫌でした。

なぜ俺が事務処理をしなければならない?

彼は⾃問した。

タラン家に何が起こったのかは関⼼はありませんが、彼は北部の⼟地が好きでした。

荒れ果てた⼟地を離れたくはなく、タラン家が北が繁栄するために上手くやらなければならないことは⼀般的な知識でした。

結局、彼は家督を引き渡すのに役⽴つ人物を⾒つけるだけでよいという結論に達したので、ダミアンを後継者として任命しました。

別の⼦供を設けるつもりはなく、すでに息⼦として知られているダミアンを後継者として採⽤した場合、反発はあまりないだろうと考えました。

家臣たちはダミアンが後継者として認められた理由を疑問視し、前例はないと⾔ったが、ヒューゴは彼らを軽蔑して笑った。

『前例がない?それならば、ダミアンが先例になるでしょう』

ヒューゴはダミアンを適切に育てることが出来なかったので、偏⾒のない場所で少年を教育する⽅が良いと考えた。

だからヒューゴはダミアンを寄宿学校に送りました。

そこでは誰の⽬も⼿も、彼に届きませんから。

 



 

  • 交渉

「ヒューは⼦供を嫌いではありませんよね?」

ルシアは本当に聞きたいことを控える。

彼⼥は、まだ彼がダミアンに対してどのように感じているかを正確に知りません。

「ダミアンがロームに留まり続けることは出来ませんか?」

「私はダミアンに約束をした」

ヒューゴはルシアの⾸を舐めた後、軽く噛んだ。

「彼が将来卒業するとき、私の⽴場を引き継ぐと⾔いました。私が彼に寄宿学校にもう⾏かないように⾔うならば、彼は後継者から外されたと思うでしょう」

ヒューゴは頭を上げ、ルシアと視線を合わせる。

「彼がここにいることは、彼に利益をもたらすと思いますか?」

「・・・いいえ、そこまで考えていませんでした」

ルシアはダミアンに関与しないように⾔っていると解釈する。

残念ながら、彼らの会話を通して⽣じた誤解は、今は解決出来ません。

「ビビアン・・・」

ルシアはいつの間にか、ヒューゴにビビアンと呼ばれてもぎこちなく感じなかった。

むしろ彼がそう呼んだ時・・・。

「ビビアン」

ルシアは⾃分⾃⾝に新しい側⾯を発⾒したように感じました。

彼⼥の⽬から涙が流れ落ち、ヒューゴは頭を下げて、彼女の涙を舐める。

 



 

ダミアンが学校に戻るまで、時間もあまり無いですしね・・・。

このまま彼が戻るのは嫌だなぁと思ってしまいます泣。

ヒューゴとルシアの関係は順調そうに見えますが、彼らにも問題は沢山残っていますしね。

 

ルシア【68話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は68話をまとめました。 ネタ...
ルシア【70話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は70話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...