ルシア

ルシア【68話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は68話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...

 




 

68話 ネタバレ

ルシア【67話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は67話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 燕尾服

庭を歩いている間、ダミアンはルシアをちらりと⾒つめました。

「どうしたの?」

「僕は驚いています・・・。あなたは公爵様を恐れていません」

「夫を恐れている妻はいますか?ダミアン、あなたが成⻑して結婚するとき、あなたは妻があなたを恐れることを望みますか?」

ダミアンは⾸を横に振る。

しかし、若いダミアンはまだ彼⼥の意味を完全に理解していません。

公爵と平然と話すルシアの存在は、ダミアンにとって衝撃的でした。

ダミアンの⽬には、ルシアは⼩さくて優しい草⾷動物。

⼀⽅、公爵は⼤きくて凶暴な⾁⾷動物。

少年は、通常の状況では互いに⼀致することが出来ない二人の存在が、⼀⾒完璧に合っているように⾒えるという事実に混乱しました。

「それと。お父さんって言ってちょうだい」

「・・・お父さん」

「よく出来ました」

ルシアは無意識のうちに⼿を伸ばして少年の頭を撫でた。

ダミアンは驚いて反射的に離れ、ルシアも驚いて⼿を引いた。

彼らは歩くのをやめ、ぎこちない空気が流れます。

「・・・ごめんなさい、体が⾃然に動いてしまって・・・。私はあなたを動揺させましたか?」

「ああ・・・いいえ。少し驚いただけです」

ダミアンは、これまで誰ともこれほど緊密な接触をしたことがありません。

「⼦供が称賛に値する何かを達成するとき、⼈は彼らを褒め、また愛撫することが出来ます。あなたがそれを気に⼊らなければ、私はそれをしません」

ダミアンは少し躊躇し、⼩さな声で話しました。

「私は・・・嫌ではありません」

「本当?では、今あなたを撫でても⼤丈夫?」

ダミアンはうなずいた。

ルシアは「私はあなたの敵ではない」と⾔っているかのようにゆっくりと少年に向かって⼿を伸ばし、彼の⿊い髪の⽑を撫でた。

幼かったせいか、想像以上に髪が柔らかい。

以前からやりたかった事を成し遂げて、ルシアはプレゼントを貰ったような興奮を覚えた。

(いつ彼の頬を摘むことが出来るだろうか?)

ルシアは嬉しそうな⼼で歩き始める。

「ルシア」

「うーん?」

「先程の⾷事で、なぜあなたは怒ったのですか?」

「え?・・・別に私は怒っていませんよ。・・・あれは・・・うーん、つまり・・・」

ルシアはそれを説明したくなかったし、それを説明する⽅法も知らなかったので、彼⼥は話題を強引に切り替えた。

「ああ!ダミアン、パーティーに着る燕尾服がありません。何か持っていますか?」

「いいえ」

「そうですか」

「ルシア、私は出席する必要がない・・・」

彼は⾃分のせいでルシアに奇妙な視線を受け取らせたくなかった。

「いいえ、出席する必要がありますよ。うーん・・・誰に聞いたらいいの?」

ルシアはダミアンの意図に出来るだけ反対することを望まなかったが、今回はダミアンがガーデンパーティーに参加して欲しかった。

乗⾺場での挨拶は公式の機会ではなかった。

ガーデンパーティーは正式な懇親会になります。

今回のパーティーの規模は⼤きく、北部の社交界の著名な貴族⼥性全員が招待されました。

その集会でダミアンを正式に紹介した場合、ダミアンの⽴場は変わるでしょう。

「⼦供⽤の既製の燕尾服を購⼊しよう」

ルシアとダミアンはその声の⾳で歩くのをやめ、後ろを振り返った。

 



 

  • お父さん

いつの間にかヒューゴが後ろにいました。

「ガーデンパーティーなので、それほど複雑に考える必要はありません」

「ありがとうございます。既製服の場合は・・・ダミアンの場合、12歳前後の⼦供⽤の服を⼊⼿する必要がありますね」

「彼は8歳です」

「ダミアンは普通の8歳よりずっと⼤きいですよ。同年代と⽐較して、彼は大きいです」

ヒューゴの視線は動き、ダミアンに落ちた。

「こんなに小さいのに?」

「分かってないわね、いつか彼はあなたより⼤きくなるかもしれません」

「そうか・・・」

「沢山の仕事が残っているのでは?すぐにオフィスに戻ると思いました」

「お邪魔ですか?」

ヒューゴはむっつりと答えた。

「いつもなら、しばらく離れて戻ってくると、忙しくなります。けれど、ちょうど良いタイミングです。ダミアンが正式にあなたに挨拶したとは思わない。ダミアン、どうぞ」

ダミアンは下げた頭を持ち上げ、ルシアをこっそりと⾒ると、彼⼥が「⽗」という⾔葉を⼝にしているのが⾒えた。

ダミアンは勇気を振り絞った。

「・・・お父さん」

ヒューゴの眉⽑が跳ね上がった。

彼を不快にさせたりすることはありませんでしたが、彼はそれに慣れていません。

⽗親の存在に対するヒューゴの憎しみと嫌悪感のせいか、それは彼の⼝から出たことのない⾔葉。

ヒューゴの沈黙が⻑くなるにつれて、ルシアは密かに彼の袖を引っ張った。

彼⼥は過度に微笑んでいたので、それはある種の暗黙の圧⼒を与えました。

ヒューゴは⼝を開けて穏やかな返事をした。

「・・・はい」

ダミアンの⾸が⾚く染まるのを⾒て、ルシアは喜んだ。

(ダミアンのかわいらしさを早く知ってほしい)

しかし、今⽇はここまでにしましょう。

まだまだ時間はあるので、ゆっくりと時間をかけて。

「それで、あなたは散歩をしているのですか?忙しくないですか?」

「私は散歩をしたいのです」

ヒューゴは、彼⼥が再び彼を追い払おうとしているように感じて、拗ねるように答えました。

「それなら、3⼈で⼀緒に歩きましょう」

「・・・⼀緒に?」

ヒューゴはダミアンをちらっと⾒下ろした。

⽗の⽬が彼に着地したとき、少年はひるんだ。

ダミアンはその理由を知りませんでしたが、ここに留まり続けるのは良くないだろうと感じる。

「私は戻ります。読まなければならない本がありますので・・・」

「ダミアン、⾷べた直後に机に⾏くと、体に良くありませんよ」

「大丈夫です。今⽇中に本を読まなければならないので」

ダミアンは頭を下げた後、逃げるように姿を消した。

ルシアはダミアンが戻ってくるのを物憂げに⾒守っていたが、ヒューゴは満⾜に満ちた表情をしていた。

(少しは気が利くじゃないか)

ルシアの知らないところで、ダミアンの印象は良くなった。

ダミアンが去った後、ヒューゴは⼝を開いた

「なぜ彼をガーデンパーティーに連れて⾏くのですか?」

「彼を他の⼈に紹介する機会があまりないからです。彼はあなたの息⼦であり、今では私の息⼦でもあるので、⼈々が彼の顔さえ知らないのは⾯倒です」

「・・・簡単です」

「・・・え?」

「彼をあなたの息⼦と呼ぶのはとても簡単です」

「ダミアンへの私の興味が嫌ですか?」

「いいえ、ビビアン。そうではありません」

ヒューゴはそっとため息をついた。

「正直なところ、私はあなたが上手く出来るとは思いませんでした」

ヒューゴは、ダミアンの頭を撫でた光景を思い出しました。

彼にとって頭を差し出すのは死と同じ意味を持っていた。

けれど、兄にだけは許していた。

「つまり・・・私が⾔おうとしているのは、彼があなたに失礼なことをしたことがあるかどうかだけ教えて欲しい」

「そんなことはあり得ません!」

ヒューゴは激しく腕を引っ張り、彼女を抱きしめた。

ルシアは少しびっくりしましたが、⼿を背中に置いて抱擁を返します。

兄の思い出が浮かび上がると、ヒューゴは⽢い幸福と⼼を痛める拷問の両⽅を感じました。

[結婚したい⼥性がいるんだ。いつか彼⼥を紹介する]

ある⽇、兄は喜んで笑うように⾔った。

もし彼の兄がまだ⽣きていたら、ヒューゴは彼に⾔っただろう。

[私にもそのような⼈がいます。私たちはすでに結婚しています]

 



 

  • 首都の噂

その夜、ヒューゴは⼀⽇中⾏っていた会議のデータを整理し、ファビアンからのレポートを⾒ました。

⼤国の動き、外国の重要人物の到着、彼らが接触した⼈物などに関する情報が含まれています。

ヒューゴに関する噂についてほとんど最新の状態です。

⽂書の内容は、彼の持参⾦に関する噂が⾸都全体に広がっている件。

「ちっ」

次の噂を読んだヒューゴの表情はますます険しくなった。

内容は、公爵夫⼈が彼の邸宅に引きずり下ろしたほどの美しさであったと。

噂によると、彼らは他の誰にも彼⼥を⾒られないように秘密裏に結婚した。

他の⼈が彼⼥を⾒ることが出来ないように乗⾺場を建設したり、ボートを制限したりするなど。

噂の⼀部も完全に間違っていたわけではありません。

 



 

ルシアがダミアンの髪を撫でました!

そして、ようやくダミアンが「お父さん」と呼ぶことが出来ましたね!

いや〜、感無量です^_^

これから少しずつ家族として過ごして欲しいですね♪

 

ルシア【67話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は67話をまとめました。 ネタ...
ルシア【69話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は69話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...