ルシア

ルシア【67話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は67話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

67話 ネタバレ

ルシア【66話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は66話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • お互いの報告

静かな寝室には、⼆⼈の呼吸⾳しか聞こえません。

ヒューゴはしばらくの間ルシアを抱きしめた後、唇、目、額にキスをした。

「ははは、くすぐったいです」

「じゃあ、くすぐらないようにしようか?」

ヒューゴはそっと囁き、彼女の⾸を噛んだ。

ルシアは彼を押しのけた。

「もうダメ。やることが沢山あるので、明⽇の朝は早く起きなければいけないの」

「何か用事が?」

「3日後にガーデンパーティーをする予定なの。少し規模を⼤きくしたいので、明⽇から庭を整理して準備しなければなりません。もちろん、他にも沢山のことがあるけれど」

(俺がいなくても平気そうなんだな・・・)

ヒューゴは内心でガッカリする。

「あなたのパーティーは、戻ってきたばかりの夫よりも重要に見えます。どちらを優先しますか?」

再び、彼の⼿は彼⼥の腰にこっそりと滑り、彼の唇は彼⼥の⾸に密着しました。

ルシアは彼の肩を叩く。

「子供みたいな事を言わないでちょうだい」

「ははは。君が俺に勝てるとでも?」

ヒューゴは子供のように彼女をからかいます。

「任務は上手くいきましたか?」

「そうだね。あなたはどうですか?何かありましたか?」

「何も・・・。いいえ、ダミアンが帰ってきましたよ」

ほんの⼀瞬、彼ヒューゴの体は固くなった。

「・・・知っている」

ダミアンは彼にとってどういう存在?

ルシアは聞きたいことが沢山ありましたが、ゆっくりと時間をかけて待つことにしました。

ジェロームでさえ慎重に接していたので、時期尚早に近づきたくありません。

ダミアンは誠実で無害の子供です。

ダミアンのような息⼦ならば、ルシアは彼を育てるために全⼒を尽くせると考えています。

本当は、ヒューゴがダミアンについてどう思っているか知りたい。

お互いに敵意を持っていないのに、極寒の関係を持ち続けることは残念でなりません。

「どうですか?昼食は?出来れば⼀緒に⾷事をしましょう」

ルシアは⼤したことではないように話しましたが、内心では彼が拒否した場合の対処法について⼼配していました。

彼がダミアンと⼀緒に⾷事をしたくなかったなら、それは最悪の状況です。

「⼣⾷にしましょう。午前中に会議がありますので」

幸いなことに、彼の答えは肯定的でした。

ルシアは少し安堵のため息をついた。

「失礼はありましたか?」

「彼はとても礼儀正しく成熟していて、彼の態度とマナーは場違いではありません。私はダミアンと仲良く出来ると思うので、⼼配する必要はありません」

「それについて⼼配していません。彼があなたに失礼なことをしたかどうか教えてください」

「それは起こりません。あなたがここにいない間も、私たちはとても上手く接しています」

少しずつ眠くなってきた。

「・・・私たち?」

眠りに落ちたルシアの⽿には、⻑引く質問は聞こえなかった。

「ああ・・・挨拶が・・・遅くなって・・・お帰りなさい・・・」

その後間もなく、ルシアは眠りに落ち、彼⼥の呼吸は穏やかになりました。

「ただいま」

もう⼀度、ヒューゴは彼⼥の唇に軽くキスをし、⽬を閉じて眠りました。

 



 

  • 目覚めの朝

ルシアが朝⽬覚めたとき、彼⼥は⼀⼈でした。

体に力が入らず、昨日のことは現実だと分かり、恥ずかしさから顔を覆った。

落ち着いた後、彼⼥はメイドに連絡して、お⾵呂の準備をしてもらう。

明るい朝⽇によって強調された彼⼥の眩いばかりの肌には、⾚いマークが散らばっていました。

「彼はオフィスにいますか?」

「旦那様は会議中です」

「もう?」

エネルギッシュなヒューゴに彼女は驚いた。

ルシアは彼に再び会えて嬉しく、彼がまだ自分を情熱的に望んでいたことを嬉しく思いました。

彼⼥の気分は、⽔に浮かぶ花びらのように明るくなった。

 



 

  • 3人での初めての夕食

家族になった3⼈での初めての⼣⾷。

ダミアンは最初に⾷堂に到着し、待っていました。

ルシアが到着すると、彼はいつものように彼女が席に座るのを手伝った。

「ダミアン、お⽗さんを⾒たことがありますか?」

「いいえ、まだです。公爵様は絶えず忙しそうでしたので」

「そうね。彼は今⽇とても忙しいようです」

ルシアも今⽇は忙しく、いつものようにダミアンと⼀緒に昼⾷をとることが出来ませんでした。

「ダミアンは昼⾷をちゃんと食べた?ごめんなさい、今⽇はたくさんの仕事があって、一緒に食べれなくて」

「昼食は⾷べました、ルシアがパーティーの準備で忙しいことを知っていますから大丈夫です」

しばらくして、ヒューゴが到着しました。

彼の視線はダミアンに向けられ、少年をしばらく⼀時停⽌した後、彼は座った。

簡単な挨拶なしで、最初の家族の⾷事が始まりました。

息を呑むほど静かな⾷堂で、ルシアは⽗と息⼦を交互に⾒つめた。

(どちらも極端ね)

元々、友好的な関係を期待していません。

⼆⼈の間の悲惨な雰囲気は天気と同じくらい寒かったが、ルシアはどうしたらいいか分からなかったので、気にしないことにした。

彼らの間の雰囲気は殺⼈的でも脅迫的でもなかったし、ルシアはどちらにも問題がなかったので、状況は深刻であるという考えは起こりませんでした。

(私が中立でいる⽅がいいでしょう)

ルシアは、このような関係が⼀夜にして変わるとは思っていません。

他人が強制的に関係を改善しようとすると、副作⽤は巨⼤になる可能性があります。

(しかし・・・、彼らを並べて⾒るのは本当に素晴らしいわ)

⼤きなヒューゴと⼩さなヒューゴが⼀緒にいるように感じます。

⼆⼈を⾒ているだけで満⾜感がありました。

その間、使用人たちは、このような息苦しい雰囲気の中で、奥様が静かに⾷事をするのを素晴らしいと感じました。

「ガーデンパーティーの準備は順調ですか?」

ヒューゴが⾷事を終えてしばらくしてから尋ねました。

「はい、順調に進んでいます。それについて、あなたに話すことがあります。ダミアンに出席してもらうことを考えていましたが、どう思いますか?」

⽔を飲んでいたダミアンは⼩さくむせた。

ヒューゴはダミアンを横⽬で⾒た後、ルシアに視線を移した。

「⼥性のためのパーティーではないですか?」

「しかし、ダミアンは男ではありません。彼はたった8歳ですよ」

しばらくの間、沈黙があり、ダミアンの⽿が⾚く染まる間、ヒューゴは⼩さな笑い声を上げました。

「あなたが⾔うように、ダミアンは男ではありません。好きにしてください」

「ダミアン、どう思いますか?」

「私は!」

ダミアンは突然⼝を開けたが、ヒューゴの穏やかな視線が彼に移ったとき、彼は⼝を閉じて頭を下げる。

「・・・はい、参加させていただきます」

「良かった」

ルシアは、彼らの関係が改善される可能性があると考え始めて、気分が良くなりました。

「⾷事の後に何か予定は?」

「特別なことは何もありません。私は本を読むつもりでしたが」

「今⽇読まなければならない本ですか?」

「いいえ別に。ゲストがいるのですか?」

「⾷事を消化してお⾵呂に⼊る前に、少し散歩しましょう」

「・・・え?」

「明⽇早く起きたいのなら、早く寝ないといけません」

ルシアがヒューゴを⾒たとき、彼⼥の顔は徐々に⾚くなった。

「・・・⼦供の前で何を⾔ってるの?」

ルシアの顔は真っ⾚で、彼⼥は静かな⼝調で話しました。

そんなルシアを⾒て、ヒューゴは笑わずにはいられなかった。

「私は何と⾔いましたか?」

「それは!」

ルシアは彼を睨みつけて⽴ち上がった。

「どこに⾏くの?」

「散歩に⾏きます!」

ダミアンは彼⼥の出発をぼんやりと⾒つめた。

少年は状況そのものを理解出来なかった。

会話のどの部分が彼女にあのような過度の反応を引き起こしたのですか?

男の⼦はそれをまったく理解出来ませんでした。

少年は頭の中でそれを考えていると、⼩さな笑い声が聞こえ、頭をその⽅向に向けた。

公爵がとても⼼地よく笑っているのが⾒えます。

少年は公爵の冷たい笑顔や馬鹿げた笑顔を⾒たことはありますが、彼がこのように笑っているのを⾒たのは初めてでした。

その笑顔は魅⼒的であると同時に、衝撃的でした。

剣のように猛烈だった父親が突然⼈間のように⾒えた。

しばらくして、ルシアは⾷堂に戻ってきました。

「ダミアン、⼀緒に⾏こう」

ダミアンは公爵を横⽬で⾒た後、⽴ち上がってルシアを追いかけた。

二人が仲良くなっている光景を見て、ヒューゴは何故か面白くなかった。

 



 

ヒューゴが大好きなルシアから見れば、夕食の光景は眼福だったでしょうね笑

ルシアは無理矢理に関係を変えようとしないので、読んでいて不快になりません。

子供の前でも容赦なくルシアを誘うヒューゴは相変わらずですね。

ここだけ見ると、3人は良好な家族にも見えます♪

 

ルシア【68話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は68話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...