ルシア

ルシア【66話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は66話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

66話 ネタバレ

ルシア【65話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は65話をまとめました。 ネタバレ満載...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 真夜中の帰還

時間は真夜中。

普段とは違って、公爵からは⾎の匂いが強い。

主⼈を取り巻く殺⼈的な雰囲気と⾎の匂いで、ジェロームは⼀瞬怯えるが、すぐに表情を覆い隠した。

「奥様は現在眠っていて、ダミアン様が到着しました。報告する必要のある重要なものは他にありません」

ジェロームは、主⼈が主に知りたいことについて簡単に報告する。

ヒューゴはただ頷いて、振り返り⽴ち去った。

その後、ジェロームは静かに振り返り、城を去ろうとしていた騎⼠団を追いかけます。

「ヘバ卿!」

「どうしましたか?」

「何かトラブルが?いつもの旦那様なら血塗れで戻って来ないので・・・」

「ああ、帰りに盗賊の集団に遭遇したのです」

ヒューゴはその集団に慈悲を与えず、全員を虐殺した。

「それ以外には何も起こらなかったのですか?」

「はい」

ディーンは肩をすくめた。

しかし彼には一つだけ気になることが。

去年までと比べて、公爵が野蛮人を討伐する時の方法が非常に残酷だったこと。

それは自分を含めベテランの騎士だけに分かることでした。

「機嫌が悪かった」と簡単に説明できる状況ではない。

ディーンはそれを⾔葉で表現することが出来なかった。

「分かりました。疲れた旅だったに違いありません。休んでください」

 



 

  • 嫌悪感

ヒューゴは、⾎の匂いを洗い流すように、浴槽に浸るのに多くの時間を費やしました。

以前は、こんな事で悩んだ事は無かったが、ジェロームの近づきにくい顔を⾒たとき、ビビアンの顔を思い浮かびました。

彼⼥が自分を⾒て恐怖に⾝を任せているのを想像したとき、彼の⼼は沈んだ。

「こんな俺を彼⼥に⾒せたくない」

ヒューゴがその結論に達した瞬間、彼がこれまで何も悪いことを感じたことのない⾎の感覚に、突然嫌悪感を覚えました。

「⽴派な貴族?強⼤な騎⼠?くだらない・・・」

彼はハンターでした。

⼈間を狩る虐殺者。

ヒューゴは彼の⾎の中に流れる狂気を知っていた。

過去の戦争がなかったら、彼はおそらく悪名⾼い殺⼈者になっていたでしょう。

⾸が⾶び散る鈍い感覚がスリルに満ち、⾎の匂いが解放感を与えた。

死に直⾯した⼈々の⽬に絶望を⾒ることが出来たとしても、ヒューゴはいかなる罪悪感も感じませんでした。

フィリップの⾔葉によると、ヒューゴは成功した作品。

しかし、彼はその事実を誇りに思ったことは⼀度もありません。

彼は呪われたタランの⾎統を残したくありませんでした。

フィリップがダミアンと⼀緒に現れたとき、彼⾃⾝の⾎統を終わらせるというヒューゴの決意はすべて無駄になりましたが。

 



 

  • 1ヶ月ぶりの再会

ヒューゴはお⾵呂が終わった後、妻の寝室に向かう。

しばらくの間、ベッドで眠っているビビアンの姿を⾒ながら⽴っていた。

⽑布を持ち上げて彼⼥のそばに滑り込む。

両腕を彼⼥の腰に巻き付け、彼⼥の柔らかい体を彼の腕に引き寄せた。

彼⼥の⾸に⿐を埋め、果物のような⾹りを吸い込む。

しばらくすると、鋭い神経が落ち着くのを感じることが出来ました。

ヒューゴの中には、2つの側⾯があります。

狩人のヒューゴと、公爵のヒューゴ。

虐殺で興奮した彼は、⾎の狂気を静めるのに多くの時間が必要でした。

驚いたことに、今回はビビアンの温かさのお陰で、いつもよりずっと早く落ち着けた。

最初は抱きしめて眠りたいと思っていたが、温かい肌と柔らかな肌を感じて息を吸うと、もう我慢できなくなる。

「少しだけ・・・」

ヒューゴは彼⼥の⾸にキスをしている間、寝間着の中に⼿を⼊れ、それから彼⼥の反応を⾒る。

「彼⼥は⽬を覚ますでしょうか?」

彼の期待を裏切って、ビビアンはぐっすり眠っていた。

その反応に不満を抱き、ヒューゴは更に行為を続けた。

「あなたがどこまで耐えられるか⾒てみましょう」

ルシアは、奇妙な熱の感覚に⽬覚めました。

半眠り、半覚醒状態で、彼⼥は何かを感じます。

ヒューゴがいる事に気づき、ルシアは一瞬で覚醒した。

(帰ってきたの?いつ?)

ヒューゴの行為で、ルシアの思考は遮断されました。

彼女の顔を見つめて満足するヒューゴ。

彼女の夫である自分だけがその表情を見れることに、充実感を覚えます。

独占欲が満たされていく。

彼⼥の肌は最⾼級のシルクのように滑らかで、触れるたびに気分が良くなりました。

狩りの初⽇から、ヒューゴは圧倒的な空腹感(欲望)と喉の渇きに苦しんでいた。

どんなに野蛮⼈を狩っても満⾜出来ない。

「はぁ・・・、本当に・・・」

彼は濁った落ち着いた声で呟いた。

「君はどんどん俺を駄目にしていくんだな」

ヒューゴは優しくルシアに寄りかかる。

ひじで体重を⽀えていたので、完全には寄りかかっていません。

ルシアは震える⼿を彼の頭に置き、少し濡れた髪に⼿を⾛らせた。

 



 

1ヶ月ぶりのヒューゴ。

以前は血を見て落ち着いていた彼に大きな変化が生まれましたね。

真っ先にルシアを思い浮かべるのは微笑ましいです^_^

 

ルシア【67話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は67話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...