ルシア

ルシア【59話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は59話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

59話 ネタバレ

ルシア【58話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は58話をまとめました。 ネタ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 憂鬱な彼の一日

書類が山積みのように積まれている。

痛む頭を揉みしだき、書類をくぐり抜けても、⼭の底は見えなかった。

ヒューゴはペンを投げ捨て、後ろに寄りかかって休んだ。

(恐らくあと10年?そういえば、あの少年は10年で何歳になるのだろうか?)

ダミアンは18歳になり、彼はちょうどアカデミーを卒業するでしょう。

その後に、ヒューゴが彼に約5年間教えれば、役に⽴つはず。

「俺はこのがらくたをあと15年間処理しないといけない・・・」

最初は窓の外を⾒ることは無かったが、3⽇前に庭を歩いているルシアをちらりと⾒た。

「俺が彼⼥に会わなければ、彼⼥にまったく会うことが出来ない」

イライラして呟く。

「様子を見てみるか?」

そう遠くはない。

この時間帯、ビビアンは1階の応接室にいるはず。

「何を言ってるんだ、俺は・・・」

彼は今、妻を避けていた。

もっと正確に⾔えば、⾃分の⼼から。

「愛?馬鹿げてる」

ヒューゴは絶えずそれを否定した。

そんな⾃信があっても、彼⼥に会う勇気が出ない。

彼⼥に会ったら⼀瞬で全てが崩れるような気がしたから。

仕事が多かったという⾔い訳で、夜遅くまでオフィスに滞在し、書類を扱っていました。

「俺は彼⼥なしでも大丈夫」

それが彼の続ける⾔い訳。

最初の1⽇か2⽇は⼤丈夫でした。

「そうだ。俺が⼥性に振り回される訳がない」

しかし、そのような⾃信が消えるのにそれほど時間はかかりませんでした。

時が経つにつれ、彼の気分は次第に低下し、⽂書の内容が頭に浮かびなくなり、作業速度が低下した。

それでも、彼はまだ認めたくなかった。

 



 

  • 呼び出し

「公爵様」

なじみのある声を外から聞いた瞬間、すぐにイライラが膨らんだ。

秘書の⼀⼈である⾏政官のアシンは、ヒューゴの机の左側に書類の⼭を置く。

ヒューゴは素っ気なく話した。

「あの少年の休暇はいつですか?」

アシンは、いつでも彼に投げかけられたどんな質問にも答えることができると⾃信を持っていた。

しかし、彼は予想外の質問に汗を流し始めた。

「・・・坊っちゃまには休暇がありません」

後継者として任命され、公爵の⼀⼈息⼦であるダミアン・タラン。

家⾂の中で、公爵の前でダミアンについて⾔及した⼈は誰もいない。

ダミアンが6歳になるとすぐに、公爵は彼を寄宿学校に投げ⼊れた。

当時、周りの⼈々は彼を思いとどまらせようと説得したが。

[6歳で若い?砂漠に投げ込まれたとしても⽣き残ることができるはず]

ヒューゴは当時、そう言い放った。

「あいつは休暇を取る事も出来ないのか?」

「お出かけでしたら可能です」

「それならば、来るように彼に伝えろ」

「・・・今すぐですか?外出の許可を得るには、少なくとも1週間前に通知する必要があります」

「いつ俺の⾔葉に疑問を持つようになった?」

命令があった場合は、それに黙って従う。

アシンは冷や汗をかき、返事をした。

「かしこまりました。すぐにメッセージを送ります」

⼩さな領主が公爵の後継者になると発表されていますが、彼はまだ⾮嫡出⼦でした。

(二人の夫婦関係はとても良いと聞きましたが、公爵夫⼈が⼦供を産んだらどうなるのでしょうか?彼⼥が息⼦を産んだら、頭痛の種になるでしょう・・・)

 



 

  • 夫のいない間に

「公爵様、エリオットです」

騎士団長、エリオット・カリスが手紙を持って部屋に入ってきた。

ヒューゴは手紙を受け取り、中身を確認する。

アシンはヒューゴの悲惨な笑顔を⾒て、背筋が震えるのを感じた。

「7⼈を動員する。騎士はお前に任せよう。準備ができ次第、出発する」

「久しぶりの狩りですね」

「⼈間の狩猟だがな」

ヒューゴの呟きに、アシンは独り⾔を⾔った。

「ふぅ・・・、今⽇の夢は平和ではないな」

戦場を引き裂くときに⿊い鎧を⾝に着けたタラン公爵は、間違いなく悪魔でした。

その⽇から、アシンはタラン公爵の前で従順な⽺になった。

彼はタラン公爵がどれほど恐ろしいかを悟ったのです。

「ダミアン様の件は延⻑されますか?」

少し考えた。

彼は若いが、タランの⾎統だ。

ダミアンと⽐較しても、ビビアンは従順なウサギ。

ヒューゴは無意識のうちに彼⼥のことを⼼配していた。

「いいや、そのまま進めろ」

「・・・え?」

「妻に適切な敬意を払うように、必ず彼に警告してください。俺が戻って何か変なことを聞いたら・・・」

「分かりました」

 



 

  • ジェロームの祈り

アシンが去った直後、ジェロームは騎⼠たちが出発する準備をしていると聞いて部屋に駆け込んだ。

彼は⼆⼈の間で何が起こったのか知らないが、あの⽇から、彼らの関係はおかしくなった。

メイドによると、彼らは別々に寝ていると聞く。

(奥様を捨てないでください、公爵様)

彼は初めて、⼼の中で主⼈に反抗した。

「⼣⾷はどうされますか?」

「準備する必要はない。もうすぐ出発する」

ヒューゴは頭を上げ、お茶を飲む。

「狩りに⾏くが、正確なスケジュールは分からない」

「・・・もう遅いです。明⽇の夜明けに出発されませんか?」

「すでに手配はした」

「奥様には・・・」

「彼⼥にはお前から知らせておいてくれ」

「・・・奥様は何か⼤きな間違いを犯したのですか?」

ヒューゴの視線が彼に当たっても、ジェロームはしっかりと話し続ける。

「たとえ奥様が間違いを犯したとしても、寛⼤に許してくれることを願っています」

「それはお前が⾔うことではない。お前は⼀線を越えている」

「それでも言わせてください。奥様は公爵夫⼈です。彼⼥はあなたが少し魅了されて捨てられた他の⼥性とは違います。彼⼥を⼤切に扱って欲しいのです」

ヒューゴは少し⽬を広げてジェロームを⾒つめた。

ジェロームのわずかに落ち込んだ視線を⾒て、ヒューゴは⽬を細める。

 



 

やっぱりヒューゴにはルシアがいないとダメですね!!

自分でも認めたくないのに、仕事効率は下がっているのは目に見えて明らかになっています。

そしてこのタイミングで、ダミアンを呼び出しました!

しかも自分のいない時に。

ルシアなら彼の息子とも上手くやっていきそうです、ただし、あんまり仲良くするとヒューゴが嫉妬すると思いますが汗。

そして、ジェロームの要望をヒューゴは聞き入れてくれるのでしょうか?

 

ルシア【60話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は60話をまとめました。 ネタ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...