ルシア

ルシア【251話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は251をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

251話ネタバレ

ルシア【250話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は250話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 別の将来-ダミアン

「私はあなたを私の後継者として宣⾔することに⾃分の役割を果たしました。後は君しだい。卒業。そうすれば、この場所はあなたのものです」

6歳のダミアンは⽗親の約束を信じてアカデミーに⼊学しました。

⽗親の地位を引き継ぐという⽬標を達成するための唯⼀の⼿段だったので、彼は激しく卒業しようと努⼒する。

周りに何があっても、彼の⽬は決して迷いませんでした。

彼は⾃分の存在の意味を認識したかったから。

ダミアンが13歳のとき、彼はタラン公爵が結婚したことを知らされました。

ダミアンはそのニュースが特別なものだとは思っておらず、単に彼の記憶に記しているだけ。

数ヶ⽉後、ダミアンは自分が法的地位に登録されたことを知らされ、ニュースと⼀緒に新しい公爵夫⼈、彼の継⺟の肖像画を受け取りました。

絵に描かれた⼥性は派⼿な服を着ており、なぜか表情も姿勢も硬直していました。

「公爵の基準は私が思っていたよりも低いです」

ダミアンの基準によれば、⼥性は決して美⼈として分類することはできませんでした。

「母親・・・、そうですか?」

彼の地位が合法になったので、それは公爵夫⼈が今彼の⺟親であることを意味しました。

しかし、ダミアンはそれがあまり意味があるとは本当に感じていませんでした。

公爵夫⼈に直接会ったとしても、⺟親に声をかけることはできそうにありませんでした。

それから再び、彼は公爵夫⼈がそのような称号によって呼ばれることを望まないだろうと確信していました。

公爵夫⼈には⾃分の⼦供さえいませんでしたが、彼⼥は⾮嫡出⼦のようなものに汚されていました。

公爵夫⼈がどれほど屈辱を感じるかは彼には明らかです。

彼は新しい家族を獲得しましたが、喜びを感じませんでした。

とにかく、彼はアカデミーを卒業した後にのみ公爵夫⼈に会うでしょう。

そして、たとえ彼らが会ったとしても、公爵夫⼈が彼を傷つけようとするのではなく、単に彼を無視すれば、彼は喜ぶでしょう。

 



 

ダミアンは公爵の結婚にもう注意を払っていませんでした。

彼は勉強だけに集中していた。

彼は常に1位にランクされていましたが、それ以外の場合は、⽬⽴たない学⽣でした。

彼が若い頃に彼との戦いを選択しようとした⼈がいましたが、彼らが年をとるにつれて、彼らは優れた成績しか持っていないダミアンへの興味を失いました。

ダミアンはいつも⼀⼈でした。

彼は⾃分の成績以外には何も興味がありませんでした。

彼は⼀度も友達が必要だとは思っていませんでした。

彼は⼀⼈でいるのに孤独を感じないと思った。

しかし、気づかずに、ダミアンの周りの孤独の壁はどんどん厚くなっていきました。

まだあまり笑っていなかった少年は、だんだんと笑顔の仕⽅を忘れていきました。

最後に、彼がアカデミーでのすべての研究を終えて卒業証書を⼿にしたとき、ダミアンは達成感ではなく空虚感を感じました。

10年以上⼀貫して固執した結果は、⼀枚の紙に過ぎません。

卒業したときに⾃分の存在を証明できると信じていましたが、それは単なる誤った希望。

 



 

「私は・・・、なぜ公爵になりたかったのですか?」

遠慮なく⾛っただけの少年は、若い頃から振り返り始めた。

「お⽗さんの表彰を受けたかった」

ダミアンは称賛されたかった。

彼はうまくやったと⾔われたかった。

しかし、6時にダミアンをアカデミーに送った後、彼の⽗親は卒業するまで簡単な⼿紙さえ送っていませんでした。

「それは私である必要はありませんでした」

公爵はダミアン⾃⾝のために彼の後継者としてダミアンを選びませんでしたが、ダミアンが彼の唯⼀の⼦供だったからです。

「若い領主」の⽴場が、ダミアンの代わりに公爵夫⼈がいつか持っているかもしれない息⼦に⾏ったとしても問題ではありません。

17歳の冬、ダミアンは何かに気づきました。

自分は一人だったことに。

 



 

これはダミアンがルシアと会わなかった世界のお話ですね。

ルシアと出会ったからこそ、ダミアンはアカデミーで輝かしい実績を得たことが嬉しいです。

ルシア【252話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は252話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...