ルシア

ルシア【249話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は249をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

249話ネタバレ

ルシア【248話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は248話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 夢と現実が出会う場所

奇妙な夢。

ルシアは⽬を細め、夢を思い出すために最善を尽くしたが、何も思い出せなかった。

彼⼥はそれがとても楽しい夢だと感じました。

少し慌てて、落ち込んだ後、起き上がる。

体温で温められた⽑布を離れるとすぐに、部屋の冷たい空気が全⾝を覆った。

彼⼥はベッドの横に⾜を置き、⾜の裏の冷たい⽊の床の感覚が彼⼥を震えさせた。

⾜を使ってスリッパを⼿探りして履きます。

スリッパの中も寒かったですが、やわらかいウールでできていたので、あっという間に暖かくなりました。

ルシアは昨夜前もって忘れていた⽔に⼿を浸す。

それからの寒さは彼⼥の頭頂部まで上昇させました。

ルシアは鏡の中の自分のぼやけた画像を⾒つめる。

透明な鏡は⾮常に⾼価なものだったので、残念ながら彼⼥が持っていた鏡は⿊く染まっていた。

この種のミラーにも利点があります。

傷やシワがないため、反射画像を綺麗にする効果がありました。

とにかく⾃分を⾒せてくれる⼈は誰もいなかったので、彼⼥の顔に何もないことを確認するだけで⼗分です。

それが彼⼥の考えでしたが、最近では、ぼやけた鏡が彼⼥を苛⽴たせました。

鏡を⾒つめながら、ルシアは顔を鏡に近づける。

そしてそれで、彼⼥はあまり⽬⽴たない⼩さなしわを⾒ることができました。

「私の⼈⽣は、私が気付かないうちに過ぎ去りました。私はもう年をとっています・・・」

ルシアはすでに⺟親が亡くなったときの年齢よりも年をとっていた。

年をとるにつれて、彼⼥は母親が自分を出産したとき、自分の⺟親が実際には⾮常に若いことに気づきました。

そんな幼い頃に娘を育てながら、⺟親がこっそり泣き叫んだ夜は何かと思わずにはいられなかった。

努⼒したにもかかわらず、良い⽣活を送れなかったことを⺟親に気の毒に思う。

 



 

「今はその時ではありません」

しばらくぼんやりと座っていた後、突然⽴ち上がって服を着る。

ルシアが寝室を出ると、反対側の部屋のドアが開いているのに気づきました。

彼⼥はかつてこの部屋を雑多なものの保管に使っていましたが、今ではしばらくそこにゲストが滞在していました。

ルシアは静かに近づき、部屋の中をちらっと⾒る。

予想通り、空でした。

ゲストは早起きだったので、彼はいつもルシアより早く目覚め、そして彼は自分がすでに起きていたことを⽰すかのようにドアを開けたままにしました。

「彼がこんなに⻑くここにいるとは思わなかった・・・」

彼⼥は奇妙な気持ちになる。

どういうわけか、彼⼥は突然現れたこのゲストと1ヶ⽉ちょっと⼀緒に住んでいました。

「それが不快に感じないのは驚くべきことです」

⾒知らぬ⼈が⻑年⼀⼈暮らしをしていた空間に突っ込んでいたとしても、まるで誰かと⻑い間暮らしていたかのように違和感はありませんでした。

ルシアは⽇没時にドアを叩く⾳を聞いていたので、ドアを開けたとき、⽬の前に⽴っている男性を⾒て驚いたことを説明することすらできませんでした。

彼がその夜ベッドを借りることができるかどうか尋ねたとき、彼⼥はすぐに⾺⿅のように頭をうなずいた。

「それについて夢を⾒ないでください。彼はすぐに出発します」

ルシアは⾃分をからかった。

「彼が去るとき、彼はすぐに私のような古い農⺠のことを忘れます」

彼は通りかかった⼥性として自分を覚えていることはないでしょう。

それを知っていたのに、最近の⾃分の変化に気づき、鏡を⾒つめ続けた。

⼼に吹くそよ⾵は彼⼥を興奮させ続けた。

 



 

ルシアは朝⾷を準備するために台所に⼊る。

彼⼥は材料を切り刻み、⽕をつけた。

習慣的に、縁まで満たされた⽔瓶から⽔をすくうために⼿を差し伸べましたが、それから彼⼥は⼀時停⽌します。

昨⽇の使⽤で半分いっぱいになった⽔壺は、いつものようにいっぱいでした。

⼀度も尋ねたことはなかったが、彼は毎朝必ず瓶に⽔を満たしてくれた。

そして暇なときに、彼は薪を切り刻んだ。

彼⼥の貯蔵庫は⾮常に多くの薪で満たされていたので、彼⼥は冬の間ずっと薪が続くように感じました。

ルシアは突然笑う。

彼⼥は、なぜそのような貴重な⼈物がこの種の不快な仕事をするのにそれほど厳しいのか分かりませんでした。

スープが沸騰し始めたとき、彼⼥は彼を探すために外に出る。

料理をしている間に彼が戻ってきたかもしれないので、最初に彼の部屋をチェックしたが、それは空でした。

次に、彼⼥は薪が通常切られる裏庭をチェックしました。

しかし、そこにも彼の兆候はありません。

何度か家の中を歩き回ったが、彼はどこにも⾒つからなかった。

「彼は去りましたか?さよならも⾔わずに?」

ルシアの⼼は少し空っぽに感じた。

再び裏庭に⾏き、まだ薪になっていなかった⽊の⼭をぼんやりと⾒つめながら立ち尽くす。

「何をしてるの?」

突然の声に、ルシアは驚いて振り返る。

彼はそこにいて、特に無関⼼な表情でルシアを⾒ていました。

彼の⼿には、つるで縛られた数匹のうさぎがうごめいていた。

「・・・狩りだったのですね」

彼はよく朝に狩りに⾏っている。

ルシアの顔は熱くなった。

彼⼥はそれを完全に忘れて、⾃分ですべて悲しんでいたので、とても恥ずかしい思いをしました。

「ええと・・・、朝⾷の準備ができています」

「私は遅れていると思います」

「まあ・・・、⼊って⾷べてください」

ルシアは挨拶で彼にうなずき、家に急いだ。

なんらかの理由で背中に彼の視線を感じたため、振り返ることができなかった。

 



 

これはルシアの夢の中で後日談?

「彼」の正体が気になりますね。

ルシア【250話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は250話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...