ルシア

ルシア【248話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は248をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

248話ネタバレ

ルシア【247話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は247話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 愛③

ブルーノが1階に向かっているとき、彼はエヴァンジェリンが階段の隅に座っているのを発⾒しました。

あごを⼩さな⼿に乗せている⼥の⼦の姿は真剣な表情を浮かべている。

彼は彼⼥がまだ機嫌が悪いのではないかと⼼配したので、慎重に彼⼥に近づきました。

「イヴ」

エヴァンジェリンはブルーノをちらっと⾒た後、再び振り返り、疲れた⽼⼈のように深くため息をつく。

ブルーノは笑うのをやめるために唇を押し合わせた。

彼⼥の真⾯⽬な顔はとても可愛くて、彼はただ彼⼥を抱きしめたかったのです。

「なぜあなたは⾒下ろすのですか?あなたはまだダミアンに怒っていますか?彼を叱って欲しいですか?」

「いいえ。私はお兄様と仲直りしました」

「では、それは何ですか?」

「兄貴」

「・・・うーん?」

「私を⼀番好きな⼈がいたらいいのに」

「え?もちろん、あなたを最も好きな⼈がいます、イブ。あなたの両親とダミアンの両⽅、彼らはあなたをとても愛しています」

「いいえ、私はそれを知っています。しかし、⽗は⺟を最も愛しています。そして、兄のダミアンは⺟をもっと愛しています」

「・・・」

不意を突かれて、ブルーノは何も⾔うことができませんでした。

そして、彼はそれがエヴァンジェリンが不平を⾔っているだけではないと答えることができません。

タラン家の⽗と息⼦は両⽅ともタランの家の⼥性を⾮常にしっかりと把握していました。

しかし、それは彼らがエヴァンジェリンを愛していなかったという意味ではない。

エヴァンジェリンへの家族的な愛と公爵夫⼈への他の形の愛は両⽅とも絶対的でした。

ブルーノはこれを感知できたので、エヴァンジェリンが感知できなかった可能性はほとんどないでしょう。

それどころか、彼⼥は⼦供だったので、それに敏感でした。

「お兄様は、お⺟様も私より好きですよね?」

「イブ」

ブルーノは何をすべきか分からなかった。

彼は、イブの気持ちを傷つけない⽅法でこれを説明するのに最善の⽅法を考える。

「これに関しては、誰が誰をもっと好きかを⽐較することはできません。イブ、あなたはあなたの両親のどちらかがもう⼀⽅より好きだと⾔うことができますか?」

エヴァンジェリンはしばらく黙ったあと、静かに呟いた。

「・・・ジュードはそのようではありません」

「ジュードがどうしたのですか?」

「ジュードは私がもっと好きだと⾔いいました。彼は、彼のお⺟さんや私のお⺟さんよりもずっと私が好きだと⾔いました」

ブルーノの唇は曲がって上向きにぴくぴく動いた。

あの⼩さな悪党め。

「それで、あなたはジュードが好きですか?」

「好きです」

ブルーノは⿐を鳴らした。

そして彼は、友⼈のクリスの弟であるジュードの優しい笑顔を思い出す。

(彼は⼦供ですが、彼を過⼩評価してはいけません)

ジュードはこっそりイブに彼と結婚するように頼みませんでしたか?

おそらく男の⼦の意図は自分が思っているよりも狡猾です。

クリスの弟だったとしても、ブルーノは⼤切な妹を⾷べさせておくことができませんでした。

ブルーノの闘志はジュードに対して燃え上がる。

 



 

「それなら、私はイブが⼀番好きな⼈になります」

ブルーノは妹の⽬を⼤きく開いているのを⾒て、とろけるように微笑んだ。

いつも彼をのぞき込んでいた若い⼥性たちが、それを⾒たらエクスタシーから気を失ってしまったのかもしれない、⽢い笑顔で。

「それとも、ジュードは好きだけど私は好きじゃないの?」

エヴァンジェリンはすぐに⾸を横に振った。

それから彼⼥はバラの頬で微笑む。

ブルーノは、エヴァンジェリンの⼩さな頭をこすり、隣の本を⼿に取って⽴ち上がった。

「さぁ上の階へ⾏きましょう。私が読んであげます」

「はい!」

エヴァンジェリンはブルーノの⼿を差し伸べて興奮した。

「しかし、兄貴。あなたは本当にとても綺麗です。あなたはパトリシアより綺麗です」

エヴァンジェリンはまだ若すぎて、ブルーノの魅⼒的な笑顔には落ちませんでした。

それで、彼⼥は⼦供の観点から感謝の意を表した。

パトリシアはエヴァンジェリンが⼤切にしていた素敵なお姫様⼈形です。

「・・・」

ブルーノはそれが褒め⾔葉であることを知っていたが、ため息をついた。

 



 

「彼らは、⼦供たちは⼦供であるときにだけ聞くと⾔います」

ヒューゴはルシアを引き寄せた。

彼の⼤きな⼿が彼⼥の背中を優しく撫でる。

「あなたはまだ不幸ですか?イブは謝罪し、ごめんなさいと⾔いました」

「私はイブに怒っていません。ただ・・・、私の⼼は寂しいです。彼⼥はすでにとても⼤きいです・・・」

「それはただの⼦供の癇癪です。そんなに真剣に受け⽌めないでください」

「私はイブを幼い⼦供としてしか考えていなかったと思います」

「彼⼥はまだ若いです」

「いいえ。イヴは⼤⼈になったと思います。しばらく前にこう⾔ったのを覚えています。育てた後でも、⼦供たちは後で⾃分の道を探すために出かけます」

ヒューゴは妻の不平を聞いて深く笑う。

今⽇のように、彼は⺟と娘の両⽅をなだめる運命にありました。

「私は言ったはずです。⼦供たちを成⻑させましょう。私が必要なのはあなたです」

「・・・」

実際、彼がそのように⾔ったとき、ルシアは気が進まなかった。

彼のいない⼈⽣を想像することができなかったように、彼⼥は⼦供たちのいない⼈⽣を想像することができませんでした。

「・・・ヒュー。ええと・・・」

「⼤丈夫です。これが、彼らがもっと愛する⼈は負けると⾔う理由です」

「世界のどこからその奇妙な⾃信が⽣まれていますか?私の⼼を調べましたか?」

「元々、⽋けている側はそれを感じる側です」

ルシアはしばらく黙っていたが、それから起き上がった。

「⾜りない?」

ヒューゴは部屋の暗闇にもかかわらず彼⼥の硬直した表情を⾒ることができると感じたので、彼は彼⼥の腕をつかみ、彼⼥を抱擁に引き戻しました。

「なぜまた真剣になっているのですか?何も⾔えないと思います」

「ヒュー、私は、あなたを愛しています。私はあなたよりも⼦供たちを愛しているとあなたに思わせたくありません」

「知っています。それは仕⽅のない問題です。あなたは私と⼦供たちの間で明確な優先順位を持っています。そして、私はあなたがそれを区別するのに苦労していることを知っています。私はあなたに私のように感じさせるつもりはありません。⼦供の問題についてあまり⼼配してほしくない。いつもあなたのことを考えている⼈があなたのすぐ隣にいるときは、他の場所に⽬を向けないでください」

「・・・あなたのスムーズな話はどんどん良くなっています」

ルシアは胸に潜り込んだ。

幼い頃に⺟親を亡くしたとき、⺟親のように無条件に愛してくれる⼈に出会うことは絶対にないと思った。

時々、彼が彼⼥に抱いていたあふれる愛を感じたとき、彼⼥の⼼は圧倒されました。

 



 

エヴァンジェリンの心を射止める人は誰になるのでしょうか?

まだまだ先のお話ですし、彼らの未来が楽しみですね。

ルシア【249話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は249話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...