ルシア

ルシア【247話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は247をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

247話ネタバレ

ルシア【246話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は246話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 愛②

「どうしたんだ?」

ヒューゴが中に⼊るとすぐに、彼は家の中の変わった雰囲気を感じました。

そして彼は娘が泣いているのを⾒つけます。

娘の⽬と⿐の縁は⾚くなっていました。

⺟親のような琥珀⾊の⽬は涙でいっぱいで、彼の⽬に会ったとき、彼⼥の肩はさらに震えました。

それは愛らしくて哀れでした。

ほのかな笑顔で、ヒューゴは腰をかがめて娘に腕を伸ばす。

エヴァンジェリンは⼀度兄と⺟をちらっと⾒た後、ゆっくりと⽗親のところへ歩いて⾏きました。

流れる涙を⼿の甲で拭くと、⽗親への歩みはだんだん速くなっていきます。

エヴァンジェリンは⽗親の腕にぶつかり、⾸に腕をまわした。

「わぁぁぁぁぁ!!」

ヒューゴは娘の背中を優しく叩く。

彼はエヴァンジェリンを抱きしめ、⽴ち上がってから妻を⾒ました。

彼は彼⼥にうなずき、これを彼に任せるように彼⼥に⾔い、それから彼は応接室に向かう。

こんなに⼩さな体が涙を流しているのは誰にも分かりませんでしたが、娘が顔を埋めたヒューゴの⾸はすぐにびしょ濡れに。

彼は娘を腕に抱えて応接室のソファに腰を下ろし、何も⾔わずに彼⼥を好きなだけ泣かせて、ただ彼⼥の背中を軽くたたいた。

⼦供の叫び声が小さく変わったとき、ヒューゴは娘に尋ねます。

「喉が渇いていませんか?」

エヴァンジェリンはうなずいた。

ヒューゴは起き上がって、まだ彼⼥を運んで、テーブルに歩いて⾏き、⽔を注ぎ、それを彼⼥の唇に持っていく。

エヴァンジェリンは、泣きの余波から⾝をかがめながら、すぐに⽔を飲み込んだ。

ヒューゴはソファに戻って座った後、ひざの上に不機嫌に座っていた娘に話しかけます。

「イブ」

「・・・」

「何が起こっているのか教えたくないのですか?」

エヴァンジェリンは⾸を横に振った。

「・・・お兄様は・・・、ジュードが来るのを⽌めました」

「ダミアンがジュードを追い払ったの?」

「ジュードは来ませんでした。しかし、お兄様が彼を来ないようにしたと聞いたのです」

ヒューゴは簡単な説明で全体の状況を把握する。

彼は、限られた、しかし⼗分な語彙で多くのことを表現したいと思っていた若い娘を育てたので、これを⾏うのにますます熟練していたのです。

彼は妻に、少年たちを公爵の住居に⼊れないように⾔ったことを思い出す。

そして彼がそれを⾔ったとき、妻は彼に⾔った。

[⼦供たちが突然⼀緒に遊ぶのを⽌めることはできません。イブの友達を無理やり連れ去ると怪我をします。少し時間がかかってもイブに理解してもらいましょう]

妻がエヴァンジェリンと話さずにジュードが訪問するのを⼀⽅的に⽌める⽅法はありませんでした。

そして、ジュードが本当に訪問を制限されていたとしても、それはダミアンとは何の関係もありません。

ヒューゴはイブが何かを誤解したと思った。

「イブ、なぜジュードがあなたに会いに来なかったのか、お⺟さんに聞いたのですか?」

「・・・いいえ」

「あなたの兄は何もしていません」

「けど、お兄様はやったと言いました」

「それなら、ダミアンも間違っています。ダミアンはジュードが訪ねてくるのを⽌めることはできません。あなたのお⺟さんと私だけができます。私はジュードがここに来るのを⽌めたことがありませんし、あなたのお⺟さんもそうしました」

「・・・」

「動揺して泣いたのは、ジュードが来なかったから?」

「・・・私は、・・・お兄様に怒鳴りました・・・。そして・・・、お母様が怒りました・・・」

エヴァンジェリンが判決の終わりをぼんやりさせて躊躇しているのを⾒て、ヒューゴは⺟親に叱られたので、ただ泣くだけではない何かがあると感じました。

「・・・それで?」

「・・・お母様に私のことが嫌いなのか尋ねました」

ヒューゴは笑う。

彼は娘の次に妻をなだめる必要があるかもしれません。

「イブ。あなたは⺟親に失礼な⾏動をとったことを⺟親に謝罪しなければなりません、そしてあなたはまたあなたが彼を誤解して申し訳ないことをあなたの兄弟に告げなければなりません。分かりましたか?」

「・・・はい」

 



 

夫が娘を応接室に運び、叫び声がゆっくりと消えたとき、ルシアは安堵のため息をつく。

彼⼥は、元気に育つためだけに戦った娘が、今や彼女と対峙し、⾃分の意⾒を表明する年齢に達していることに気づきました。

⽴派ながらも寂しい気持ちに。

「お⺟さん、それは私のせいです。彼⼥はジュードと遊ぶことができないので怒っているようです」

「ジュード?」

「ジュードがもうここに来るのを⽌めるための対策を講じていませんか?」

「いいえ。いつも⼀緒に遊んでいた⼆⼈の⼦供をいきなり離してしまうと、⼆⼈とも傷つくので、少し時間をとって、⼆⼈に理解してもらうつもりでした。今⽇、ジュードは来ませんでしたが、私はそれについて知らされていませんでした、そしてこれは前に⼀度もありませんでした。何かが起こったかどうかを確認するために、誰かを侯爵邸に送ろうとしていました。イブはどこかで奇妙なことを聞いたと思います」

ルシアの⽬には不快感がひらめいた。

幼い⼦供がそのようなニュースを得るには、情報源がどこから来たのかは⾮常に明⽩でした。

ルシアはいつも⼦供たちの周りで彼らが⾔うことに注意するように彼らに指⽰していました。

彼⼥はこの事件をただ通過させることができなかったようです。

再び使⽤⼈に注意を払わなければならず、この噂を広める責任がある⼈は誰でもひどく叱ります。

「ダミアン、あなたは無実ですが、あなたはイブの怒りの標的になりました」

「いいえ。イブは正しいです。イブの友⼈が私たちの家に来るのを⽌める権利はありません」

「あなたが権利を持っていないなら、誰が権利を持っていますか?あなたはイブを⼼配しているのでそれをしました。上がって少し休んでください。後でお詫びするためにイブを送ります」

「それは必要ありません・・・」

「間違っているわ、ダミアン。イブがすることすべてを受け⼊れることはできません。あなたもあなたのお⽗さんも、あなたは彼⼥が可愛いと⾔う⽅法しか知りません。彼⼥がこの速度で⽢やかされてしまうのではないかと⼼配しています」

ダミアンは⺟親の⼼配事に同意しない。

彼は、イブが他の誰よりも思慮深く、美しく、美しい⼥性に成⻑すると信じていました。

(結局のところ、イブはお母さんの娘だから)

 



 

ダミアンは誰かがドアをノックする⾳で頭を上げた。

それが誰であるかは明らかだったので、ダミアンは笑顔で⼊ってくるように⾔います。

ドアが開き、エヴァンジェリンはドアの割れ⽬から頭を突っ込んだ。

彼⼥は注意深く部屋を⾒回そうと計画していたようですが、開いたドアを⾒ているダミアンをまっすぐ⾒つめていました。

エヴァンジェリンは驚いて怯み、それから彼⼥は恥ずかしそうな笑顔で躊躇いながら部屋に⼊る。

彼⼥の⽬の縁は、以前に泣いたためにまだ⾚みがかっていました。

ダミアンの胸は、妹が前に泣いているのをもう⼀度思い出したので、痛みで圧迫される。

「イブ、すみませんでした」

エヴァンジェリンは、ダミアンが彼に謝罪するためにここに来たので、ダミアンの謝罪を聞いて驚いた。

エヴァンジェリンはダミアンをじっと⾒つめ、彼⼥の⽬はなぜ彼が彼⼥に謝罪したのかと尋ねる。

「イブ、ジュードはもう来るべきではないと両親に⾔ってすみません」

「・・・しかし、ジュードが今⽇来なかったのはお兄様のせいではありません」

「分かっています。しかし、私はまだあなたと話すことさえせずに私が考えたことを主張しました。次回は間違いなく最初にお話しします」

「・・・はい。お兄様に怒鳴ってごめんなさい。私が間違っていました」

二人はかなり迅速に和解しました。

エヴァンジェリンは幸せな気分で階段を⾶び降りる。

⺟親は時々⼤変でしたが、エヴァンジェリンは本当に⺟親をとても愛していました。

彼⼥は本を⼿に持って、⺟親に読んでもらいたいと思った。

エヴァンジェリンは応接室に⾶び込もうとしているようだったが、開いたドアの中を⾒るとすぐに⽴ち⽌まった。

両親がソファに並んで座っている。

彼⼥は彼らの両⽅が話していることを聞くことができませんでした。

⺟親の顔は笑顔でいっぱいで、⽗親はとても愛情深い⽬で⺟親を⾒ていました。

⺟親は何かを⾔い、⽗親は微笑んで⺟親の唇にキスをする。

これはエヴァンジェリンがすでに何度か⾒た光景だったので、彼⼥の両親の⾒慣れた愛情のこもった光景を⾒た後、彼⼥は振り返った。

 



 

ジュードに何が起きたのか気になりますね。

何かトラブルでも起きたのでしょうか?

ルシア【248話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は248話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...