ルシア

ルシア【239話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は239をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

239話ネタバレ

ルシア【238話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は238話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 悪夢

眠らずに⾺に乗って数⽇旅した後、ロームに到着するまでに、状況全体はすでに終わり、ヒューゴを待っていた。

ロームの壁に⼊るとすぐに、彼は空中に暗いオーラを感じる。

彼に会いに来た⼈々は、最⼤限の敬意を持って挨拶をした。

彼らの態度は、若いマスターに会うという態度ではなく、新しいマスターに挨拶するという態度。

ヒューゴはゆっくりと⾺から降りた。

彼は⼀歩も前進することができない。

それはまるで彼の両⾜が床に根付いているかのようだ。

「・・・どこにいる?」

「に、西の塔です・・・」

「・・・私が呼ぶまで来ないでください。私の⽬に捕らえたら、私はあなたの頭を切り落とします」

彼は周りの⼈々の揺らめく動かない姿を冷ややかに⼀瞥した後、濃厚な⾎の渇きが爆発した。

ここにいる全員の⾸を引き裂いて虐殺したいという欲求を抑える。

ヒューゴが階段の頂上に到達してドアを開けるとすぐに、彼は⾎の匂いに群がった。

これまで嫌悪感を覚えたことのない匂いが彼を吐き気を催させた。

閉じた棺を⾒ると、まるでレースをしたかのように深呼吸をする。

ゆっくりと腰をかがめてひざまずき、それから棺桶のふたを震える⼿で脇に押した。

⽣き物には⾒られないような灰⾊の顔⾊の⻘年が⽬を閉じて中に横たわっている。

死体の表情は穏やか。

腐り始めていた死体の悪臭がヒューゴの⿐を突き刺す。

⾎が逆流しているように感じた。

悲しみ、そして彼を怒らせたように⾒える怒りが内側から爆発する。

「あああああああああああ!」

 



 

ヒューゴは⽬を開けた。

彼の隣の体の暖かさは、すぐに彼を現実に引き戻す。

夢。

ヒューゴはため息をつく。

妻を起こしたくなかったので、妻の背中に巻かれた⼿をひどく慎重に取り除いた。

ヒューゴが寝室を出てからかなり⻑い時間が経つ。

ルシアは途中で⽬を覚まし、⽬を開けると、隣のスペースが完全に空いていることに気づく。

夫は早く起きるタイプでしたが、それは真夜中という意味ではありません。

ルシアはベッドから降りて彼を探した。

周りを⾒回すと、応接室のドアの隙間から⼩さな光が差し込んでいるのに気づく。

静かに近づき、ドアを開けて頭を中に突っ込んだ。

最初に気づいたのは、テーブルの上に横たわっている3本ほどの栓のないワインボトル。

ルシアは少し眉をひそめた。

彼は間違いなく、夜のこの時間に⼀⼈で数本のワインを飲みに⾏くほどのワイン愛好家ではない。

そして窓のそばで彼の後ろ姿を⾒たとき、彼⼥の⼼はドキドキした。

窓越しに⽉明かりが降り注いで⽴っていたので、彼は奇妙に⾒えた。

慰めに⾏くべきですか?

それとも邪魔をしないほうがいいでしょうか?

「ヒュー」

単に名前を呼ぶと、魔法のようにヒューゴは振り返った。

それから彼はかすかに微笑んで、彼⼥にここに来るように⾔っているかのように⾝振りで⽰す。

「あなたは悪い夢を⾒ましたか?」

「あなたはそこにいなかったので、それは空っぽに感じ、私は⽬を覚ました。あなたはどうですか?悪い夢を⾒ましたか?」

「ええ。今まで⼀度も見たことがないのに」

ヒューゴは苦笑する。

彼はこれまで夢を⾒たことがありませんでした。

眠っている間に夢を⾒たかもしれないが、⽬が覚めたときのことは思い出せなかった。

悪い夢から⽬覚め、⼼が乱れて眠りにつくことができなくなったのは今回が初めてのこと。

「夢はただの夢です、ヒュー。結局のところ、ペンダントはありません。」

ヒューゴは彼⼥の肩に寄りかかって笑う。

「ビビアン、あなたの夢の中であなたのワークショップを台無しにした男。あなたは本当にそれが誰であるか私に教えてくれませんか?」

「それは実際には起こりませんでした。彼は今勤勉な⽣活を送っているかもしれないので、彼が犯していない犯罪で彼を責めたくはありません」

「彼が勤勉であるとは思えません。⼈々の性質はそれほど簡単には変わりませんから」

「それでも、あなたが知る必要はありません」

「しかし、あなたはマートン伯爵について私に話しました」

「まあ、マートン伯爵に⾔及せずにうまく説明することができなかったので、仕⽅がありませんでした。これについて話すのをやめましょう。私は決して話しませんから」

「頑固ですね」

 



 

ヒューゴは彼⼥を腕に押し込み、ソファに座る。

彼はルシアの柔らかい体をしっかりと抱きしめた。

彼⼥の匂いを吸い込むと、ヒューゴは落ち着いた気持ちが再び徐々に上がっていくのを感じていく。

ルシアは何も聞かずに優しく髪を撫でた。

「フィリップは死んだ」

「・・・私は複雑に感じます。」

「それはあなたが⾔う通りです。なぜ私は気楽に感じないのだろうか」

「フィリップはあなたの⼈⽣の⼤部分のためにそこにいたからです」

ルシアがエヴァンジェリンを出産してから⻑い間、ヒューゴはフィリップがしたことの完全な物語を彼⼥に与えました。

当時の夫にとって⼤変なことにようやく気づいたとき、彼⼥の⼼は痛んだ。

彼の痛みを分かち合えなかったことに。

しかし、ルシアはフィリップをそれほど嫌いではなかった。

単にフィリップと呼ばれる男の⼈⽣が哀れだと感じるだけ。

フィリップがいなかったら、彼⼥は最終的にエヴァンジェリンを⼿に⼊れることはできなかったでしょう。

結局のところ、ルシアは⾃分⾃⾝を治療するために薬を服⽤したことはなかったでしょう。

さらに、彼⼥が彼を嫌っていようといまいと、フィリップは夫の孤独な⼦供時代の名残。

「本当に必要な場合は、北を訪れることができます。おそらく休憩が必要です」

「⼀緒に⾏こうか?」

「私と⼀緒に⾏くと、どんな休憩になりますか?⾺⾞で移動するだけです」

「それは確かに」

「⾯倒だから⾏きたくないという意味ではありませんでした。⾏きたいのなら、準備します」

「大丈夫」

「それじゃあ、⼦供たちがみんな⼤⼈になったら、北へ⾏きましょう。⼀年前に⾏ったことは知っていますが、時間が経つにつれ、もっと懐かしくなります。いつか戻るべきだと思います」

「ええ。そうしよう・・・」

結婚して10年。

おそらく、この⼼の安らぎは、熱くて激しい愛よりも貴重だ。

「・・・ダミアンが亡くなった⽗親と同じ年齢であるのを⾒るのは奇妙に感じます」

彼の兄は18歳で亡くなりました。

当時、ヒューゴは兄が⼤⼈だと思っていた。

しかし、ダミアンを⾒たとき、彼はそれが⾮常に若い年齢であることに気づく。

⼤⼈のように振る舞いながらも、気づかずに不器⽤に表現した表情は、ヒューゴがまだ⼦供であることを⽰していた。

「ビビアン、それはあなたが彼をとても⽢やかすからです」

「突然何ですか?」

「私はダミアンについて話しています」

「ヒュー、彼はまだ⼦供です」

「彼の年齢では、私はそのようではありませんでした」

「私も⾔いたいことがあります。あなたはイブを⽢やかしすぎます。彼⼥は⽢やかされて育った5歳のようです」

「どういう意味ですか?イブは幼い。彼⼥はまだ7歳です」

ルシアは彼を睨みつけた。

彼⼥の夫の基準は彼らの息⼦と娘にとってあまりにも異なっている。

「あなたはダミアンを6歳の時に寄宿学校に送りました。6歳になると、砂漠に投げ込まれたとしても、⼦供は⽣き残ることができるはずだとあなたは⾔ったと覚えていますか?」

「それは・・・!誰があなたに⾔ったのですか?ダミアン?ジェローム?」

「私は絶対にあなたに⾔いません」

ルシアは頭を抱きしめて笑う。

彼⼥の夫は年をとるにつれて愛らしいものになった。

時々、息⼦の前で厳しい⽗親のように振る舞ったり、他の⼈の前で冷たく無関⼼に振る舞ったりするのを⾒たとき、彼⼥は内向きに笑い出す。

「親の⽬には、⼦供が何歳であっても、⼦供は若いです。イブが20歳か30歳になると、あなたの⽬には⼤⼈のように⾒えると思いますか?」

「・・・」

「ダミアンはあなたの⽬と私の⽬には若いかもしれませんが、他の⼈にとっては、彼は⼤⼈です。⽣まれた⽗親のことを話しても、今は理解できると思います」

「・・・彼は本当に理解できますか︖」

「もちろん。彼はとても思いやりのある⼦供です」

「私はロームの秘密の部屋を焼き払うことを計画していました」

「気が変わった?」

「ダミアンも知っておくべきだと思います。それを受け⼊れるかどうかは彼次第です」

今でも、ヒューゴは時々フィリップの隠れ家からの記録をめくった。

フィリップの家族が世代から世代へと蓄積した医学的知識は、死にゆく⼈の命を救うことができたのだ。

さらに、タランの⼥性が普通の男性と⼦供を持つことができるかどうかについての実験的な記録も。

幸いなことに、記録によれば、エヴァンジェリンは普通の⼈と結婚し、⼦供をもうけ、普通の⽣活を送ることができた。

エヴァンジェリンが病気になった数回、ヒューゴは記録に助けられた。

娘の⾼熱がすぐに治まった後、安堵して胸をなめらかにしたとき、彼らの医学的知識がいかに貴重であるかを理解する。

何百年もの間家族によって集められた知識は宝物だ。

「あなたは良い選択をしたと思います。ダミアンが何も知らずにあなたから引き継ぐとしたら、それは半分だけを継承するようなものですから」

「私たちがロームに⾏くときに⼀緒に⾏きたいですか?」

「いいえ。例外を作らないでください。そうすれば、将来的には、部屋よりもタランの頭だけが⼊ることができるようになるでしょう」

ヒューゴは彼⼥の唇にキスをし、それから彼は彼⼥を腕に抱いて⽴ち上がった。

「私は他に何も知りませんが、ダミアンは私より良い妻を得ることができません」

ルシアは笑いながら胸を叩く。

「何を⾔っているの?ダミアンには、私よりずっときれいで賢い妻がいるでしょう」

「不可能だ」

「奇妙な場所でダミアンと競争しようとしないでください。私たちのイブも、あなたよりも素晴らしい夫を得るでしょう」

「私たちの娘は結婚しない」

「え?」

「そのような⼈は存在しません」

「あはは」

ヒューゴは笑っている妻の唇にキスをして寝室に⼊る。

ルシアがベッドに横になり、抱擁に寄り添うと、彼⼥は⾔った。

「ヒュー、あなたの誕⽣⽇にプレゼントがあります。楽しみにしていてください」

ブローチの完了⽇は、彼の誕⽣⽇とほぼ⼀致する。

ルシアは彼にブローチを与え、また彼⼥の夢からの物語を彼に伝えたかった。

彼⼥の夢からのブローチの正体は何でしょうか?

彼⼥は、⼆⼈が頭を合わせて謎を解くのは楽しいだろうと感じていた。

 



 

フィリップは亡くなったのですね・・・。

彼がいなければルシアが妊娠をすることはできなかったので、憎む対象ではないかもしれないです。

ダミアンが本当の父親の話を聞いた時の状況も気になりますね。

ルシア【240話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は240話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【オークの樹の下】まとめ こんにちは、ツバサです。 【オークの樹の下】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【オークの樹の下 外伝】まとめ こんにちは、ツバサです。 【オークの樹の下 外伝】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となって...