ルシア

ルシア【229話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は229をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

229話ネタバレ

ルシア【228話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は228話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ドールハウス事件

クェイズは事前にメッセージを送ることなく⼥王の宮殿を訪れた。

彼が現れたとき、ベスは彼⼥が招待した貴婦⼈との会話の真っ最中。

貴婦⼈は混乱し、彼女たちは会話の途中で去らなければならなくなるが、誰も国王を責めることはできなかった。

ベスはなぜ王様が突然宮殿に侵⼊したのか疑問に思う。

「どしたのですか、陛下?」

「この王は⽴ち上がった」

クェイズが不機嫌そうな表情でソファに腰を下ろす。

「ごめんなさい?」

「昨⽇、セレナは間違いなく今⽇私と⼀緒に昼⾷をとることを約束しました」

クェイズは、世界中のすべての宝物と交換することのできない素敵な娘との昼⾷の約束を本当に楽しみにしていた。

約束の時間を過ぎても、お嬢様は準備が必要だったので遅刻したと考える。

しかし、しばらく待っても知らせは来なかった。

⼼配して使⽤⼈を送ったが、使⽤⼈からは空虚な答えが返ってくる。

『セレナ姫はすでに朝に出かけていましたので、彼⼥はいませんでした』と。

クェイズは娘の裏切りによってひどく傷ついた。

娘が自分にしがみついて「お父様」と抱きついていた昨⽇、彼は彼⼥がすでに親の抱擁よりも⾯⽩いものを⾒つけたとは信じられませんでした。

キセノンには、娘たちへの⽌められない愛を誇⽰した2⼈の男性がいる。

⼀⼈はベスの夫であり、この国の主権者。

もう⼀⼈は、王に次ぐ権⼒を握ったタラン公爵。

 



 

ベスは、国の最⾼権威のために起こった馬鹿げた問題を思い出す。

ドールハウス事件を。

クェイズは、娘のためにキュートに装飾されたベッドルームを備えたドールハウスをカスタムメイドした。

セレナはそのドールハウスを公爵夫⼈の住居に持って⾏き、彼⼥の友⼈に⾃慢した。

エヴァンジェリンはとても羨ましくなり、その⽇遅く帰宅する⽗親を待っていた。

ヒューゴは、娘が眠気を催して彼に会うために出てきたのを⾒て感動する。

[お⽗様。私もドールハウスが欲しいです]

エヴァンジェリンが自分を抱きしめながら泣き⾔を⾔ったとき、ヒューゴは娘の前にドールハウスを置くことができなかったことを⾮常に残念に思った。

そして翌⽇、彼は職人を⾒つけ、すぐにドールハウスの⽣産を開始する。

私の娘のドールハウスが世界⼀だ!

寝室の中に居間がある、より⼤きくてより豪華なドールハウスは、エヴァンジェリンのものに。

公爵夫⼈の住居を訪れたセレナは、より良いドールハウスを持っている彼⼥の友⼈を⾒てショックを受け、クェイズの元に駆けつけた。

[お父様。イブはより良いドールハウスを持っています]

誰がより良く、より素晴らしく、より⾼価なドールハウスを作るのでしょうか?

ベスとルシアは、互いに競い合っていた⼆⼈の男を完全に唖然と⾒つめることに。

それは玩具であるという基準を超えて、芸術品の領域に渡った。

彼らは⼤理⽯で⼩さな浴槽を彫り、時計職⼈と呼ばれてドールハウスの中に吊るすミニチュア時計を作り、有名な画家にドールハウスの壁に吊るす絵を依頼し、⼩さな浴槽の設備設備を採⽤した。

ほぼ半年後、ドールハウスが完成し、⼆⼈はお互いに合意し、客観的な審査委員会を設置して作品を審査した。

第1ラウンドで同じスコアを獲得し、第2ラウンドの⽇付を選択する。

状況を観察していた妻たちが前に出てきた。

勝っても何も得られず、負けた⼈の気持ちを傷つけるだけの⼤会。

[私たち⼆⼈とも、年齢を演じることができない夫に悩まされているようです、公爵夫⼈]

[私はあなたが何を意味するのか知っています、王妃殿下]

⼆⼈の⼥性は互いに慰め合い、ドールハウスをショールームに寄付することに同意することで、⼒強く戦いを終わらせた。

実際、⽗親がドールハウスをめぐって喧嘩をしている間、2⼈の娘はすでに興味を失い、他の楽しみ⽅に集中していたのだ。

多くの⼈々の注⽬を集めた驚くべき競争は、最終的に勝者なしで終わることに。

3階建ての邸宅の形で作られた2つの巨⼤なドールハウスは、外国の使節団が少なくとも⼀度は⾒る価値のある観光スポットの一つとなる。

 



 

「セレナは、しっかりした約束でさえ、簡単に約束したことを忘れる年齢です」

「彼⼥は再び公爵の住居に⾏きましたよね?」

「セレナが⾏く場所は他にありません」

「お姫様が幼い頃から外出する習慣を⾝につけるのは⼤変です。なぜあなたはそれを許すのですか、⼥王?」

「それは公爵の住居です、私はそこに問題を見出せません」

「それでも、あなたがそれを考えるとき、尊敬されている若い⼥性が宮殿に⼊る⼈でなければなりません。どうして王⼥の方から訪問しなければならないのですか?」

ベスは笑った。

彼⼥の夫は、そのような形式に厳格で気まぐれなタイプの⼈ではありません。

「彼らは⼦供です。⼤⼈のプライドを必要とする問題ではありません」

「安全性の問題もあります」

「率直に⾔って、公爵の住居は宮殿よりも安全でしょう」

クェイズはそれに反論することができない。

タラン公爵の住居の周りの警備員は、絶対に侵⼊できない要塞を思い出させたのだから。

クェイズは常に、公爵夫⼈の住居がどれほど厳重に警備されているのか疑問に考える。

それで去年の夏、彼は公爵と軽く賭けをしたのだ。

[公爵。この王はあなたの住居の警備員を通り抜けようとします。この王の挑戦に挑戦してくれませんか?]

[私は挑戦を避けません]

クェイズは彼の副官と2番⽬の賭けをした。

当然、彼は成功するだろうと賭け、副官は残りの選択肢に賭けるしかありません。

賭けの仕組みは次のとおり。

邸宅の侵⼊者が邸宅の庭に特定のマークを戻した場合、それはクェイズの勝利であり、侵入が失敗した場合、それはヒューゴの勝利。

結果はひどいものでした。

クェイズは惨敗した。

3回の試みのうち2回は、マークを取得するどころか、発⾒される前に壁を通り抜けることさえできませんでした。

賭けと引き換えに、クェイズは別の称号を求める公爵の要求に応えなければならず、もう⼀度、彼は副官が選んだ⾔葉を使うことができなかった。

これまでのところ、副官との賭けはすべて連続した敗北に。

公爵夫⼈の住居の安全性に疑いの余地はなかったので、クェイズはセレナについて⼼配する必要はありません。

彼は他に何も考えられなかったので、むっつりと⼝を閉じた。

 



 

予想通り、ヒューゴもエヴァンジェリンを溺愛しているようです。

セレナとエヴァンジェリンも仲も良好のようです。

ルシアとベスの苦労が皆見えますね笑笑

ルシア【230話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は230話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...