ルシア

ルシア【218話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は218をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

218話ネタバレ

ルシア【217話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は217話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 停学通知

ダミアンは状況を調査するために管理事務所に⼊った。

そこのスタッフは彼に⼀歩遅すぎると伝える。

「停職を超えた懲戒処分の場合、上訴の有無にかかわらず、罰則の通知は直ちに必要な住所に転送されます」

ダミアンの住所は、北や⾸都の邸宅ではなく、フィラークとして記載されていた。

ダミアンの護衛や報告書など、小公爵に関するすべての問題を処理するためのオフィスは、フィラークにある。

ダミアンの住所として正式に登録されたのはこの事務所だ。

オフィスマネージャーは、イクシウムから送られたすべての⽂書を受け取り、書⾯による報告とともにその⽂書を公爵の元に転送した。

⾔い換えれば、ダミアンのすべての⽂書が最初にオフィスに届けられるということだ。

ダミアンは今まで⾏ったことのないオフィスに⾏くことを考えたが、気が変わった。

「とにかく、それを受け取るのは⽗です」

ダミアンは、特に退学ではなかったので、⽗親は数⽇間の停学についてあまり気にしないだろうと考えたのだ。

 



 

ダミアンの推測は正しかった。

イクシウムがダミアンの停学の通知を送る前に、ヒューゴは部下の報告からそれを知る。

報告を受けた後、ヒューゴは無関⼼に呟いた。

「停学?それなら⼤したことはありません」

ヒューゴがダミアンのアカデミー⽣活に興味を持つようになる2つのこと。

ダミアンがひどく傷つけられた(または殺された)、またはダミアンが卒業するのを妨げる何かが起こった。

これらを除いて、他のすべてはダミアンに一任している。

これはまた、彼がダミアンを⼀⼈にした理由でもあった。

ダミアンがアカデミーで彼との戦いを選択しようとしている⼈たちのようなことを処理できなければ、彼は北の領主になることを処理することができません。

「彼は何を考えている・・・?」

ダミアンは、彼の地位が不確かな状態でアカデミーに出席している。

当初、これはヒューゴの意図だった。

ダミアンを最初に登録したとき、ヒューゴは彼の名前を「ダミアン」としてのみ登録した。

彼は少年の正体に繋がるような痕跡を残しませんでした。

当時、ダミアンは若すぎて、公爵の相続⼈としての地位にふさわしい⼒を持っていなかった。

⼈々が彼の正体に気づき、彼に注意を向けると、予期せぬ危険なことが起こる可能性があるため、ヒューゴは適切な措置を講じてきた。

ダミアンが年をとって識別できるようになると、彼が⾃分の⾝元を明らかにするように頼んだ場合、ヒューゴは彼を⽌めるつもりはない。

しかし、ダミアンはまだ息を切らして彼への攻撃に耐え、彼らを通過させている。

トラブルを探している野郎のラインナップから判断すると、ダミアンがタラン公の息⼦であることを知っていれば、あえて急いで話すことのない空の殻であることは明らかだった。

アカデミーは⼦供たちで構成された⼩さな社会だが、それはまた、彼らの間で序列がより徹底された理由でもある。

彼らが社会に出たとき、彼らは地位が完全な解決策ではないことに気づくだろう。

しかし今のところ、⼦供の世界はまだ狭い。

傲慢な⼦供たちの⽬には、タラン公の息⼦ではなかったダミアンは、彼らが好きなだけ踏むことができる床の⽯でしかないでしょう。

「彼が彼の背景をまったく使わないといううぬぼれた考えを持っているなら、それはかなり鈍いな」

ダミアンが公爵の息⼦であるという知識のためにダミアンの地位が上昇した場合、それは彼の能⼒ではなく、ヒューゴの経歴のおかげだ。

ダミアンがそれを嫌い、頑固になる過程にあったとしたら、ヒューゴはかなりがっかりするでしょう。

背景も⾃分の能⼒の⼀部だ。

これは、背景がなければ特定の⾼さを超えることは決してできない世界。

「まだ時間があるので、今は静観しましょう」

男の⼦に連絡して何を考えているのか聞いてもいいが、ヒューゴはそうしなかった。

彼は少年にスプーンで餌をやる予定はない。

少年は強くなければならなかった。

万が⼀ヒューゴに何かが起こった場合、彼は⺟親と妹を守ることができなければなりません。

彼はもともとダミアンを花のように温室で育てるつもりはなかったが、娘が⽣まれた後、ダミアンをもっと強くすることを考えていた。

ヒューゴは停学に興味はない。

しかし、彼は停学が戦いによって引き起こされたという事実に興味を持っていた。

あの少年は、簡単に打撃を受けるタイプではないはずなのに。

「やっぱり、⼦供は⼦供だな」と笑いながら、ヒューゴは戦いの完全な説明を与えた添付⽂書を読む。

ヒューゴの表情は次第に不吉になる。

彼らがハンカチを踏みにじったと書かれているところに着くと、彼の⼿は⽂書をしっかりと握った。

「これらの若いろくでなしはやり過ぎだな」

彼の妻は、ダミアンのためにハンカチを作っているときに、自分のためにハンカチを作るという要求を受け⼊れてくれなかった。

『ヒュー、私があなたに与えたものが傷んだら、私はあなたのためにあなたに新しいものを作ります』

ヒューゴは、ルシアがくれたハンカチは価値が⾼すぎると感じたので、使⽤したことがない。

そのため、ハンカチが傷む方法がなかった。

彼はルシアがダミアンのためにハンカチを作るのを⾒るしかできなかった。

エヴァンジェリンの誕⽣とともに、ルシアは娘が使うものを作るのに忙しい。

自分のハンカチが作られることは先のことだ。

そんな貴重なハンカチに対して・・・。

ヒューゴは、犯している⼦供がどの家族から来たのかを確認し、それを記憶した。

彼は現在何もするつもりはなかったが、⽋点を⾒つけるために何かが起こった場合、彼はこの⽇を覚えているだろう。

彼は⾮常に⻑い間恨みを抱くことができたから。

 



 

流れ込んだメールの整理は、ルシアがしなければならなかった重要なことの1つ。

ルシアは彼⼥のために届いたメールをチェックした。

それらのほとんどは招待状でしたが、時折、個⼈的な⼿紙も。

彼⼥がいつも待っていたメールは、ダミアンからの⼿紙か、時折ノーマンからの⼿紙だ。

ルシアは封筒を⼿に取り、中⾝を取り出し、それを読むと、彼⼥の表情はますます奇妙になっていく。

彼⼥はもう⼀度封筒をチェックして、送信者が誰であるかを確認した。

それはそこから送られたことを意味するイクシウムの公式の印章。

このメールは元々ルシアに送信されたものではない。

今⽇、ジェロームは何か他のことに忙しかったので、⼿紙の仕分けを他の⼈に任せたが、その⼈は誤ってそれをマダムのメールに⼊れてしまったのだ。

ルシアはまた中⾝を調べる。

「停学・・・」

ダミアンが7⽇間の停学で罰せられたという通知。

「ダミアンが停学されたとはどういう意味ですか?」

彼⼥は公式通知を数回読んだが、それは停⽌の正確な理由を述べていなかった。

息子が学校の秩序を乱し、規則に違反したとだけ述べられている。

⾏儀の良い息⼦が停学するのに⼗分な問題を引き起こすはずがなかった。

何かがおかしい。

ありがたいことに、夫は今⽇外出していない。

彼はオフィスにいて、書類に取り組んでいるはずだ。

ルシアはその通知を⼿に取り、夫の事務所に向かう。

 



 

ルシアまで停学の通知が届いてしまいましたね・・・。

もしかしてイクシウムへ抗議する?

もしくはヒューゴが何とかしてルシアを説得するのでしょうか?

ルシア【219話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は219話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...