ルシア

ルシア【217話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は217をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

217話ネタバレ

ルシア【216話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は216話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ダミアン②

(またこいつらか・・・)

ダミアンは内心で舌打ちをする。

これらのろくでなしは彼らのこの幼稚な試みに決して飽きなかった。

ダミアンの⽬は冷ややかだ。

彼らは自分の対戦相⼿になる価値もない。

ダミアンは、数年前のガーデンパーティーでの経験を決して忘れていなかった。

彼は、すべての⾼齢者が賢明であるとは限らないことを学んだ。

彼は、アカデミーで自分に嫌がらせをしている少年たちがまだ成熟していない⼦供であることを知っていた。

また、外と内で異なる⼈間の臆病に関して、年齢は関係ないことも学んだ。

彼は、スキルだけでバックグラウンドのない⼈だったとき、⼈々が自分に対してどのような態度をとるのかを⾒たかった。

それが彼が故意に静かにアカデミーに通っていた理由。

スキルだけでは、彼が望んでいた「シータ」の席に登ることは不可能。

それは徹底的に政治的な⽴場だ。

彼は⾃分の⼒だけでそれをするだろうと主張するほど傲慢ではありません。

彼は必要なときにタラン公の名前を喜んで利用した。

来年中に公爵の後継者としての自分の正体を明らかにすることを計画している。

アカデミーでは誰もダミアンを知らない。

在籍中の学⽣の中には北から数⼈がいて、⼤まかな推測をしていたが、ダミアンが⼝を閉めるように⾔ったとき、彼らは発言に注意を払うように。

そのおかげで、秘密はきちんと守られていた。

「シャー!」

本能的に脅かされていると感じたアシャは、⻭を露出させ、⽑⽪を固める。

しかし、アシャは成⻑しているにもかかわらず、まだ⼩さい。

予想通り、ダミアンに嫌がらせをしている少年たちはキツネを嘲笑した。

「アシャ」

ダミアンは彼⼥の名前を呼び、彼⼥を拘束する。

アシャは柔和な⽬でダミアンを⾒上げた後、彼の元に戻った。

ダミアンは、アシャがこれに巻き込まれて怪我をするのではないかと⼼配していたのだ。

アシャは⺟親が自分に与えた最初の贈り物であり、彼⼥はダミアンの最初の友⼈でもある。

アシャに何かが起こった場合、彼は⽗親の要求に応えられないかもしれないと感じた。

『アカデミーで⼈を殺さないでください』

ダミアンが彼らの絶え間ない苛⽴ちに反応しなかった理由は、それがあまりにも⾯倒だったから。

いつものように、ダミアンは床から静かに本を拾うという選択肢を選ぶ。

しかし、彼が拾おうとした本は蹴られ、再び床に落ちた。

ダミアンの視線は⾜の所有者に続き、茶⾊の髪の少年を⾒つけるために⾒上げる。

「聞こえないのか?お前は私の邪魔をしたのだから、最初に謝るのが先だろ?」

ダミアンの⾚い⽬は、茶⾊の髪の少年をきっぱりと⾒つめた。

なぜ彼らはそのような不必要な感情を消費したいのですか?

ダミアンの静かな視線を受け取ると、戦いを選んだ少年は激怒した。

少年はダミアンが哀れなように自分を嘲笑しているように感じたのだ。

 



 

「お前___!」

「ストップ」

クリスは中断し、これ以上⾒ることができなかった。

「なぜ通りすがりの⼈を攻撃しているのですか?」

「・・・あなたには関係ない話だ」

茶⾊の髪の少年はクリスが誰であるかを知っていたので、慎重に言葉を選ぶ。

イクシウムは国籍や地位が⽐較的⾃由だが、その経歴を無視することはできない。

クリスは、茶⾊の髪の少年の出⾝国と同じ国で、有名な侯爵の息⼦なのだ。

「私は、何もないところから問題を起こさないでくださいと⾔っています。道は明らかに⼗分に広いですが、あなたはそれを放っておいて、意図的に彼にぶつかりました。あなたは明らかに戦いを選んでいます」

「意図的にとはどういう意味ですか!?」

⼆⼈が喧嘩している間、ダミアンは倒れた本を拾い上げて⽴ち上がった。

彼はコートからハンカチを取り出し、本の⾜跡を拭き取る。

今回は少しイライラしていた。

これは特別な本。

⺟親からのプレゼントなのだ。

彼⼥は良い本を⾒つけたときはいつもダミアンに本を送った。

あの男(ダミアンは彼らの名前すら知らなかった)が本を踏んだとき、ダミアンは無意識のうちに拳を握り締めていた。

クリスが介⼊していなかったら、彼はパンチを投げたかもしれません。

ダミアンに嫌がらせをしているもう⼀⼈の男、灰髪の男は、ダミアンに向かって⼿を伸ばした。

攻撃ではなく、肩を掴んでダミアンを自分の方に向けさせる動きで。

ダミアンはすでに少し警戒していたので、反射的に引き返し、激しく⼿を振る。

彼が持っていた本は男の⼦の⾸を狙っていた。

⾏ったすべての動きはほぼ同時に起こる。

無意識のうちに⾏った剣術の動き。

ダミアンはゆっくりと⼿を下ろしたが、灰髪の少年はすでに怒りで⾚くなっていた。

発煙する灰髪の少年は、⽬の隅で⽩いものを発見する。

彼は床に落ちたハンカチを⼿に取った。

正直なところ、その少年はそれほど性格が悪いわけではない。

しかし、彼が「これはあなたのものですか?」と尋ねようとした瞬間、彼はダミアンの興奮した⽬を見た。

常に⽣命のない⽣物を⾒ているように⾒えたダミアンの無関⼼な視線は、ある時点で変わっていた。

ダミアンの落ち着きのなさを初めて⾒たとき、灰髪の少年の意図は捻れることに。

彼の不快感は燃え上がった。

「それを返してください」

それは⺟親が個⼈的に刺繍してダミアンに送ったハンカチ。

ダミアンが⼿を伸ばして⼀歩前進したとき、灰髪の少年は同じ⼀歩を後退させた。

ダミアンがそれに⼿を伸ばすと、ダミアンがハンカチを⼿に⼊れることができないように⼿を振り回す。

それが数回繰り返された後、ダミアンの⽬は⾚くなる。

灰髪の少年は喜びの輝きを感じた。

彼はハンカチを誇らしげに床に落とす。

それから彼はダミアンに満⾜のいく笑顔を浮かべ、ゆっくりと彼の⾜下でハンカチを踏みにじったのだ。

ダミアンの⽬は炎上した。

灰髪の少年は突然強い⼒で打たれ、転倒する。

彼は床に倒れたとき、⼀瞬ぼんやりした。

痛みでチクチクする唇の領域に触れ、⾎が⼿にこすり落とされる。

殴られたことに気がつくとすぐに、彼は拳を握りしめ、ダミアンに向かってダッシュした。

彼を助けるためにそこに⾏きたいと思っていた茶⾊の髪の少年は、クリスによってブロックされている。

「ああ!このくそキツネ!」

アシャでさえ、彼⼥の主⼈の敵に対して援助するために参戦した。

彼⼥は⼩さな体を使って、腕や⾜をかわし、噛みつく。

彼⼥がクリスを攻撃しなかったという事実は、敵と友⼈を区別する彼⼥の知性を⽰した。

イクシウムではめったに⾒られない光景。

⽣徒たちは輪になって集まり、4⼈の男の⼦と1匹の動物が⼀撃を交わすシーンを⽬撃した。

監督者が駆け寄って強制的に引き離した後でようやく、ドッグファイトは停⽌した。

 



 

問題が⽣徒の学年や⾏動の問題、つまり教師を侮辱することに関連していない限り、主要な懲戒権は会議の権限の範囲内だ。

会議は、学校で秩序を破った4⼈の⽣徒に対して懲戒権を⾏使した。

彼らは3⽇間授業を中断され、反省を書かなければならず、また彼らの態度についても反省しなければなりませんでした。

しかし、ダミアンだけが7⽇間停⽌されたとして罰せられた。

その理由は、ダミアンが最初のパンチを投げ、ペットを適切に管理できず、⼈々を攻撃したため。

もちろん、本当の理由は別のものだ。

ダミアンを除いて、他の少年たちは驚くべき正体を持っている。

特に、喧嘩をした2⼈の少年の友⼈が会議のメンバーだった。

「馬鹿げてる」

クリスは怒っていた。

非常に不公平な判決に対して。

彼らが最初にトラブルを招いた人物なのに。

「ただそこに⽴つのではなく、⽂句を⾔ってください!正式な異議申し⽴てを上訴委員会に提出しましょう!」

最初の懲戒聴聞会に対して苦情がある場合は、控訴委員会に裁判を申請することができた。

「気にしてない」

彼⼥が膝の上に横たわっている間、ダミアンの指はゆっくりとアシャの⽑⽪を梳いている。

「気にしてない!?どうして!それらの⼦供たちは最初にそれを始めました!」

クリスはこの事件のために初めてダミアンの年齢を知った。

彼はダミアンが少なくとも⾃分と同じくらいの年齢だと思っていたが、ダミアンがたった12歳であることに驚く。

それらの男の⼦は15歳と16歳。

彼らは⾃分たちよりずっと若い男の⼦を攻撃し、嫌がらせをしていたのだ。

「イクシウムでの1週間の停⽌の⼤きさを知っていますか?それはあなたの学校の記録の⼤きな赤点です!」

ダミアンは落ち着いていた。

彼の⽗は自分に何の問題も起こしてはならないと⾔ったことは⼀度もない。

それが追放されない限り、彼はまずまずの事件について何も⾔わなかったでしょう。

ダミアンが学校の記録に赤点があるかどうかを気にしなかったのはそのためだ。

「あなたも」

「え?」

「あなたは私のせいでこれに巻き込まれました。それはあなた⾃⾝の学校の記録の問題ではありませんか?」

「この程度の停⽌は問題ありません。基本的には初めての⼈への警告ですから」

ダミアンは、彼の本の中で「知識のある⼈」になったクリスを⾒て、なぜ彼が自分のビジネスに⼲渉したのか疑問に感じた。

彼らはこれまで何の交流も受けておらず、基本的に⾒知らぬ⼈にもかかわらず。

「ありがとうございました」

発煙していたクリスは、驚いてダミアンを⾒た。

彼の表情から、彼がそれを聞くことを期待していなかったことは明らかでしょう。

「な・・・、何が?」

「当時、私を助けようとしてくれました。する必要はありませんでしたが」

クリスの⼝は最初の言葉で⼤きくニヤリと笑ったが、2番⽬の言葉は彼を怒らせた。

彼はダミアンを少し睨みつけたが、すぐに彼の煩わしさを捨てることに。

「本当にアピールするつもりはないのですか?」

「はい」

「ですが、停⽌された場合、通知は家に届けられます」

「・・・」

ダミアンはそれを知らなかった。

 



 

クリスはダミアンの友人になるかもしれませんね。

ダミアンの正体を知った後のイクシウムの対応が楽しみです。

家に停学の通知が届くらしいですが、ルシアにも伝わるのでしょうか?

それともヒューゴまで?

ルシア【218話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は218話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...