ルシア

ルシア【216話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は216をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

216話ネタバレ

ルシア【215話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は215話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ダミアン

フィラークは⼈⼝30万⼈未満の都市国家。

国⾃体が有名であるというよりも、フィラーク内で運営されている包括的なアカデミーであるイクシウムの⽅が有名だった。

イクシウムに住む⼈々の数は、イクシウムに関連する教授やスタッフを含めて7万⼈を超え、雇⽤された⼈員を含めると、イクシウムを中⼼に15万⼈近くが住んでいる。

アカデミー・イクシウムは、都市国家フィラークの国家プロジェクトだ。

⼈々は最⾼の繋がりを築き、最⾼の教育を受けるためイクシウムに群がる。

彼らは⾼額な授業料を⽀払い、⽣活費にかなりの⾦額を費やした。

資⾦の⼀部は、アカデミーの学部と施設への投資に充てられている。

最⾼のアカデミーとしての地位を失うことを避けるために、イクシウムの品質は絶えず改善されていたため、より多くの学⽣が学校に集まるという好循環が繰り返されていた。

今年15歳のクリスは、6年間の必須コースを完了するためイクシウムに登録した。

必須コースのカリキュラムは、予備学年の3〜4学年コースと、通常学年の1〜4学年コースを組み合わせたもの。

イクシウムのカリキュラムは、予備学年、予備学年、通常学年のそれぞれ4年の12年間のコースに基づいており、学⽣は年齢や基準に応じて、希望に応じてそれらを分割または組み合わせることができた。

クリスは1年間在籍しており、予備学年の3年⽣。

イクシウムでの学習曲線は⾮常に困難だが、成績が最下位であっても、卒業証明書が授与される。

費⽤のかかる授業料を受け取り、利益を処理することは、アカデミーの謎だ。

引き換えに、コース修了証明書は、特定の学年(結果)以上の学⽣にのみ与えられた。

このシステムに慣れていない⼈は、卒業証明書だけでアカデミーのコースを素晴らしく修了したと公に主張することができます。

クリスにとって残念なことは、彼の⽗親がこのシステムの不正⾏為に⾮常に精通しているということ。

クリスをイクシウムに送ったとき、クリスが卒業証明書だけを持って戻ってきたら、彼を家から追い出すと脅したのだ。

クリスは3年⽣を終えたばかりで、成績はほとんど管理されていない。

それでも、それほど悪くはありません。

彼は、追加の学期コースを受講しなくても家に帰ることができるという事実に単に満⾜していたのだから。

クリスがキャンパスのそばを通りかかったとき、彼は学⽣たちの騒ぎの主題に視線を向ける。

学校での話題の人物が通りかかった。

それは⿊髪の少年で、若すぎて若者とは⾔えず、成熟しすぎて⼦供とは⾔えません。

(神は不公平です)

クリスはダミアンを⾒るたびにそう考えた。

ダミアンは、アカデミーに出没した何千⼈もの少年の中で際⽴った驚くべき外観を持っている。

そして、それだけではありません。

彼は、学校で⾸位に⽴候補される、とてつもなく優秀な男なのだ。

「そして、あの場違いのキツネは何ですか?」

クリスは、ダミアンが持ち歩くには、⼤きくて激しい動物の⽅が適していると感じている。

しかし、ダミアンの後にいつも続いていた⻩⾊い⽑⽪のキツネは⼩さかった。

興味深いことに、キツネは単なる獣としては⾮常に⾼慢に⾒えた。

時々、それは⼈々に⾒せびらかしているように⾒え、しかしクリスは彼がただ物事を想像しているだけであると自分⾃⾝に⾔い聞かせることに。

「いつもと変わらない」

今⽇も、ダミアンは⽣徒たちの横⽬が自分を⾒つめていることを完全に無視していた。

まったく興味がないように。

 



 

「・・・何度⾒ても似ている」

クリスがダミアンを⾒たときはいつでも、いつも頭に浮かぶ⼈がいる。

その⼈はクリスの⺟国、キセノンで有名な人物。

彼を知らない⼈はほとんどいなかった。

クリスは今年の新年会で公式の社交デビューを果たした。

多くの貴族が王室の新年会で正式にデビューする。

これは、パーティーが⼤規模で、多くの貴族がパーティーに参加したため。

クリスの家族は貧しくはないが、彼の⽗親は別のデビューパーティーの開催にお⾦をかけたくない。

クリスが最初に公爵夫⼈を⾒たのはこのパーティーだ。

出席していたタラン公爵とその妻。

タラン公爵の特徴は⾮常に有名だったので、クリスはそれらをよく知っていたが、彼が⾒た⼈は彼が想像していたものとはかなり異なっていた。

タラン公爵を取り巻く噂は彼を粗野で恐ろしい⼈物として描いたが、燕尾服を着たタラン公爵の姿は⾮常に洗練された貴族だ。

タラン公爵の印象的な光景は今も覚えている。

クリスが最初にダミアンを⾒たとき、彼はショックで暴⾛したのはそのため。

クリスは噂を信じるタイプではないが、彼が登録された直後に、彼はダミアンについての噂を聞いた。

寮に乗り込んでいる巨⼤な天才。

⾸位に⽴ったことは⼀度もないと⾔われ、剣術のような技を習得しなくても、何⼗回も教授と競うことができる。

ダミアンを⾒たとき、クリスはこの世界には本当に天才がいることに気づいた。

「私たちは完全に異なる種です」

彼らの間のギャップがとても広かったので、クリスは彼を羨ましくさえ思わない。

彼は嫉妬するよりも、ダミアンとタラン公爵の関係に興味を持っていた。

「彼らが⾎の繋がりを持っていなかったならば、彼らがそれほど似ているように⾒えるはずがありません」

イクシウムでは、ダミアンの曖昧な正体について多くのコメントがあるが、タラン公については誰も⾔及しない。

最初、クリスはなぜだろうと思ったが、今では理解した。

彼らは皆彼らの⾔葉に注意を払っていたのだ。

「タラン公爵がこんなに⼤きな息⼦を産むには・・・、若すぎるよね・・・」

クリスはダミアンの正確な年齢を知らない。

物理的には、ダミアンはクリスと同じ年齢か、おそらくそれ以上の年齢のように⾒えた。

「タラン公爵には娘がいると聞きましたが、息⼦のことは聞いたことがありません」

ダミアンが公爵の息⼦ではなかったとしたら、親戚の可能性もあるでしょう。

クリスは遠くを歩いていたダミアンを捕まえて尋ねたかった。

 



 

「邪魔だ!」

クリスが振り返っていたとき、彼は⽿障りな声を聞いて、再び引き返した。

少し離れた場所の光景を見て、彼は眉間に眉をひそめる。

「あれらのろくでなしが戦いを選んでいるのに、私は彼が本当にタラン公爵と関係があるかどうか疑問に思う必要がありますね・・・」

ダミアンが持っていた本が床に落ち、2⼈の少年がダミアンの前に⽴って彼をブロックしていた。

「あの⼈たちは・・・、ハァ・・・」

これは頻繁に発⽣すること。

「ああ・・・、このような男が私の国から来ているという事実は恥ずべきことです」

ダミアンの出⾝国は、彼の地位は⾔うまでもなく曖昧だ。

彼の家族は明らかにイクシウムの授業料を賄うのに⼗分なお⾦を持っていたが、彼が寮に乗り込んでいるのを⾒て、⼈々は彼がおそらく⾼貴な家族の出⾝ではないと推測した。

ダミアンの後に来る少年たちが罰せられたり不利になったりしなかったとき、ダミアンの地位はそれほど重要ではないという考えがより具体的に。

クリスは、ダミアンがなぜ絡まれるのか知らなかった。

彼はまた、なぜダミアンに対してひそかに不親切な⼈がたくさんいるのか理解できなかった。

彼は誤ってクラスメートが話しているのを⽿にし、ダミアンには苦い⼈がたくさんいることを知る。

状況に関係なく、ダミアンは誰の前でも縮んだり脅迫されたりしたことはない。

どうやら彼らにとって、そのような態度は傲慢に見えるようだ。

彼らは率直に「傲慢」とは⾔わないが、クリスは彼らの意味の周りで踊っていたクラスメートが本当に哀れだと感じた。

「今⽇も同じように終わります」

この頻繁に発⽣するシーンは、戦いに繋がることはない。

なぜなら、ダミアンは彼らに全く反対しないのだから。

それで、戦いを選ぶろくでなしは、発煙して後退する以外に選択肢がありません。

クリスは、ダミアンがそれらを無視するという選択を賞賛した。

彼らは直⾯する価値のある敵でさえないのだ。

 



 

ここからは外伝。

ダミアンのイクシウムでの生活に焦点が合わされています。

イクシウムで孤立しているダミアン。

ダミアンの学校生活が気になりますね!

ルシア【217話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は217話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...