ルシア

ルシア【215話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は215をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

215話ネタバレ

ルシア【214話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は214話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • エピローグ

⾸都の複雑な通りを⾛る⾺⾞の中。

窓際に⿊髪の少年が座っていて、彼は通り過ぎる景⾊を⾒つめていた。

少年の膝の上には、明るい⻩⾊の⽑⽪を持ったキツネがいて、主⼈の指が後ろの⽑⽪を優しく梳くのを楽しんでいる。

初めて⾒たにもかかわらず、ダミアンの⽬には⾸都の贅沢な景⾊が無意味に瞬いていた。

その少年は、初めて⾸都を訪れたことに魅了されたり、興味を持ったりしていない。

しかし、彼が再び⺟親に会うという事実は、それを特別なものにした。

そして今⽇はまた彼の妹に会う初めての時。

「エヴァンジェリン・・・、イブ・・・」

彼は⺟親が教えてくれた妹の名前を繰り返し呟く。

「もし彼⼥が私を気に⼊らなかったら?」

ダミアンはこれまで⾚ちゃんを⾒たことがなかったので、⽣後わずか数か⽉の⾚ちゃんがどのように⾒えるかを推測できなかった。

彼は⺟親のように⾒える⼩さな⼥の⼦を想像する。

⺟親が⼦供と⼀緒にいるという⼿紙を最初に受け取ったとき、それは予想されたものだと思っていましたが、少し唖然とした。

⺟親は⼿紙の中で⾚ちゃんが自分の妹になるだろうと⾔ったが、ダミアンは少なくとも、そのようなことを前もって知ることができなかったという事実を知っていた。

彼はおそらく⺟親が自分の恐れや不安を和らげるために故意にそれを彼に⾔ったと推測したのだ。

ダミアンは新しい家族が男の⼦であるか⼥の⼦であるかを気にしていない。

どちらの場合でもそれらを⼤切に扱うつもりだからだ。

しかし、彼の⼼の隅にはまだわずかな不安も。

⺟親が⾃分の本当の⼦供をもうけたので、もう自分を必要としないと⾔うかもしれないと恐れていた。

⺟親が自分の弟妹をもっと愛していたとしても気にしない。

彼⼥が自分を憎まない限りは。

 



 

⾺⾞が公爵邸に到着する。

ダミアンが⾺⾞から降りると、ジェロームは彼を歓迎した。

「お久しぶりです、小公爵様」

「確かにそうですね」

感情を隠すように訓練されたにもかかわらず、周りに⽴っている使⽤⼈は彼らの驚きを隠すことができない。

登場したばかりの少年がタラン公爵の⽣きた姿であることは誰にとっても明らかだ。

彼らが結婚してから3年以上が経ち、⼦供をもうけたばかりの公爵夫⼈に別の子供はいない。

静かな公爵夫⼈の家庭に嵐が猛威を振るうことになるでしょう。

使用人たちは皆同じことを考えていた。

彼らは嵐の到来を避けるために⽇陰を⾒つけなければなりません。

ダミアンが戻ってきたと聞いて、ルシアは2階から降りてきた。

ダミアンが頭を彼⼥に向かってお辞儀をしているのを⾒て、ルシアはすぐに彼に近づき、彼をしっかりと抱きしめる。

「ああ、ダミアン!あなたは本当に大きく成⻑しました!」

3年ぶりの再会。

8歳のダミアンは11歳になりました。

しかし、彼はそれより3〜4歳くらい年上で現れる。

彼は今ルシアより背が⾼かったので、彼⼥は少し⾒上げる必要が。

⺟親の優しい抱擁は、ダミアンを暖かく感じさせ、彼の⼼はそれが幸せで満ちているように感じた。

⺟親の自分への⾒⽅は変わっていない。

その事実に彼は安⼼し、感謝していた。

「お⽗さんに似てましたね?ダミアン、あなたはますます同じように成⻑し続けます」

「お⺟さま、お元気でしたか?」

「もちろん。あなたはどうですか?元気ですか?ここへの旅は難しかったですか?アシャはどこ?」

「私は⼊る前に彼⼥を執事に⼿渡しました」

「⾷事は取りましたか?昼⾷を逃したに違いありません」

ルシアはメイドに軽⾷を⽤意して2階に持ってくるように頼んだ。

「さあ。イブに挨拶しましょう」

ルシアがダミアンと⼀緒に2階に上がった後、使⽤⼈たちはお互いを⾒て、彼らの顔は質問で満ちていた。

彼らは突然現れた小公爵が誰であるかを知らない。

公爵夫⼈の態度があまりにも親しみやすく友好的だったので、彼がタラン公爵の息⼦だけであるようには⾒えなかったのだ。

しかし、使⽤⼈は⼀⼈でいるときに囁くことができたとしても、外で噂話をすることはできない。

執事が中に⼊ると、使⽤⼈はやることを探してすぐに散らばる。

 



 

ルシアは保育園に⼊り、中のすべての使⽤⼈を送り出した。

彼⼥はダミアンの⼿を持って、まっすぐベビーベッドに向かう。

エヴァンジェリンは、誰かが近づいてくるのを感じて顔を向けたとき、⾃分で喋るのを楽しんでいた。

彼⼥はルシアの⾒慣れた顔を見てくすくす笑い、可憐で⼩さな⼿を叩いた。

ルシアは微笑んで⾚ちゃんの額を愛撫する。

「ああ・・・」

魅了されたダミアンは、不機嫌そうな⾚ちゃんを⾒つめる。

⼈形が⽣きていて動いていた。

彼は初めて、⼈間がとても⼩さい可能性があることに気づく。

彼⼥が少し⼩さければ、ダミアンは彼⼥を妖精と見ていたかもしれない。

ふわふわで蜂蜜⾊の髪は、触れなくても柔らかく⾒え、まるで⺟親のように澄んだ⽬が、爽やかなエネルギーで輝いていた。

唇が動くたびに、⾚ちゃんの⾊⽩で真っ⽩なふっくらとした頬が動く。

「イブ、お兄さんに挨拶して」

「あー、あー」

「ダミアン。イブはあなたに会えて嬉しいと⾔ってますよ」

「・・・え?」

ダミアンは冷や汗で勃発する。

それらの⾔葉はどのように解釈されたのですか?

ダミアンは、彼が知らなかった新しい⾔語の出現に当惑した。

彼はその言語がどこの国から来たのか尋ねたかった。

「ダミアン、イブの⾯倒を⾒てくれませんか?まずはお互いを知りましょう。イブが泣いたら、部屋の外のメイドに声をかけてください」

「え?お母さま、それは・・・」

ダミアンはその必要はないと⾔いたかったが、ルシアはすでに部屋を出ていた。

ダミアンはベッドの横にぼんやりと立ち尽くす。

彼は注意深く視線を移し、⾚ちゃんのいるベッドを覗き込んだ。

ダミアンは⼿⾜を熱⼼に動かしていたエヴァンジェリンと⽬が合う。

彼⼥は何かを探しているかのようにダミアンをじっと⾒つめていた。

それから彼⼥の巨⼤な丸い⽬は三⽇⽉に曲がり、彼⼥は笑い声を上げる。

「こんにちは・・・、イブ」

彼は⾃分が何をすべきか分からなかったので、不器⽤な挨拶をした。

それから⾚ちゃんはまるで彼に答えているかのようにせせらぎ始める。

彼⼥が作っている⾳は理解できませんでしたが、ダミアンは⾚ちゃんが反応しようとしていることを理解した。

彼は⼿を伸ばす前に数回躊躇し、それから彼は彼⼥の膨らんだ頬を突いた。

「柔らかい」

突然、エヴァンジェリンがダミアンの指を掴む。

ダミアンは、彼の指がエヴァンジェリンの⼩さな⼿に引っかかっているのを⾒て、何をすべきか途⽅に暮れた。

慎重に指を離そうとしたが、⾚ちゃんのグリップはかなり強い。

⼒を⼊れて取り出そうとすると、エヴァンジェリンは⼤きな⾳を⽴てた。

ダミアンは驚いてそこに立ち尽くしてしまう。

指を離すという考えは彼の⼼から消えていた。

柔らかく温かい握りで捕虜にされた指の感覚が奇妙だ。

特別な理由もなく、ダミアンの顔には笑顔が浮かんでいた。

「お会いできて嬉しいです、イブ」

(私は・・・、奇妙に感じます。胸が少しピリピリします・・・)

『ダミアン、その気持ちはあなたが何かが愛らしいと思うことを意味します』

ダミアンの胸は、彼が初めてアシャを抱いた⽇よりもずっとピリピリした感覚に。

⾚ちゃんは愛らしい。

ダミアンは、⺟親がずっと前に⾔ったことの意味を完全に理解できるようになったと感じた。

 

<完結>

 



 

3年ぶりのダミアンとの再会。

兄と妹の初対面は微笑ましかったですね!

成長したエヴァンジェリンとのやり取りも見たいです。

ルシア【216話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は216話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...