ルシア

ルシア【214話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は214をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

214話ネタバレ

ルシア【213話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は213話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 父と娘の交流

ヒューゴは最初にエヴァンジェリンの保育園に向かう。

最近、妻はほとんどの時間をそこで過ごしている。

しかし、彼がそこに着いたとき妻はどこにも⾒つかりませんでした。

乳⺟はマダムが寝室にいると伝えてきた。

期待したものとは異なり、彼がそこに着いたとき、寝室は静かだった。

妻が⾚ちゃんと⼀緒にいたとき、彼女はいつもよりお喋りだ。

最近、エヴァンジェリンはクーとせせらぎを始めていたので、彼⼥はより多くの反応を⽰すように。

⾚ちゃんが理解できない何かを示したとき、妻は熱⼼に同意した。

ヒューゴは、妻が⾚ちゃんの⾔っていることを本当に理解しているかどうか興味があった。

エヴァンジェリンが作った理解できない嘆きは⼈間の⾔語ではない。

なぜ静かなのか疑問に思ったが、予想通り、彼は妻と⾚ちゃんの両⽅がベッドに並んで横たわっていて昼寝をしているのを発見する。

ヒューゴは横に⽴っていたメイドを送り出し、ベッドが揺れないように注意深く座った。

妻の眠っている顔を優しく⾒つめる。

エヴァンジェリンの眠りを⾒ているだけでも幸せだと妻が⾔ったとき、彼は彼⼥が何を意味するのかを理解した。

妻に会うたびに、自分はいつもそのように感じたから。

ヒューゴの視線は眠っているエヴァンジェリンに移る。

(今朝彼⼥に会ったときよりもずっと⼤きいと思います)

彼の⼼は、最初に⾚ちゃんを⾒た⽇に。

過去3か⽉で、⾚ちゃんが⾮常に速く成⻑すると医者が⾔った理由を理解することができた。

初めて⾒たときに変だと思っていた娘が、⼈形のように変⾝し続けるのを⾒るのは魅⼒的だ。

ふっくらとした真珠のような頬が可愛らしい。

⾒れば⾒るほど、心のどこかがくすぐったくなる。

娘が何を⾔っているのかも理解できるように彼⼥が早く成⻑することを望んでいた。

 



 

エヴァンジェリンは、唇をすぼめ、⽬を瞬き、⽬を覚ます。

彼⼥の広い⽬は周りを⾒回し、ヒューゴと⽬が合った。

彼⼥の琥珀⾊の⽬は、ルシアの⽬と似ているが、少し⻩⾊がかっていて、ヒューゴをじっと⾒つめている。

ヒューゴはびっくりして凍りついてしまう。

「クワワ」

エヴァンジェリンはくすくす笑い、ヒューゴに⼿を伸ばした。

笑ったり話したりと区別できない⾳を出している間、彼⼥は⼀⽣懸命何かを表現しようとしているように、⼿⾜を全⼒で動かす。

⽬を離すことができず、ヒューゴは静かに彼⼥を⾒ていた。

⼀⽣懸命働いた後も自分を運ぶ気配がないのを⾒て、エヴァンジェリンの声は⼤きくなり、彼⼥は⼿をはためかせる。

彼⼥の唇はくしゃくしゃになり、彼⼥の⼩さな額にしわが寄り始めた。

エヴァンジェリンの⽬は、彼⼥がいつでも泣きそうなように震えている。

「い、いい⼦だから」

ヒューゴはぐっすり眠っている妻を起こしたくなかったので、娘をなだめようとした。

しかし、エヴァンジェリンの⽬には涙が溢れ始める。

ヒューゴは動揺しながらも、娘を迎えに⾏って抱きしめた。

それから彼はベッドから少し離れて歩く。

ルシアが彼に⾚ん坊を与えるときはいつでも、ヒューゴはしぶしぶ彼⼥を抱いた。

⾚ちゃんはとても⼩さくて弱かったので、自分が彼⼥を運んだときに何かがうまくいかないのではないかと⼼配になってしまう。

それ以降、ヒューゴが不快感の兆候を⽰したことを知っていたので、ルシアは決して彼を強制しなかった。

娘は彼が最後に彼⼥を抱いたときよりずっと重かった。

それは自分の肩に負わなければならなかった⽣命の重さのよう。

抱擁に包まれて空中に運ばれているという感覚を楽しみ、エヴァンジェリンは騒々しくしゃべり始める。

ヒューゴは妻のように娘の⾔葉を理解したかったので、眉をひそめ、注意深く⽿を傾けたが、まったく理解できないことに改めて気づく。

「ち、⼩さな⾚ちゃん。あなたは何を⾔っているのだろうか?」

ほんの少しの⾔葉を⾔っただけにもかかわらず、しばらく沈黙していたエヴァンジェリンは、彼⼥が返事をしているように、もっと興奮してしゃべり始めた。

ヒューゴはかすかに笑い、⾚ちゃんの柔らかい髪を撫でて、彼⼥の⼩さな⽬⽴つ額にキスをする。

ルシアはベッドに座り、⽗と娘の交流を⾒守っていた。

彼⼥は現在敏感な精神状態にあったので、娘が⼩さな⾳を⽴てると、深い眠りから⽬覚めてしまう。

そのため、イブの声を聞くとすぐに⽬が覚めたのだ。

⼼に響く美しい光景。

夫は微笑んで⾚ちゃんと話していた。

ルシアは⽗と娘の⾔葉が交わされるのを⾒て、泣きそうになったので、ベッドから降りて⼆⼈のところへ向かう。

ヒューゴは妻を⾒るやいなや、すぐにエヴァンジェリンを引き渡そうとした。

しかし、彼がそうするように動いたとき、エヴァンジェリンは⼤声で抗議する。

ヒューゴのぎこちない表情を⾒て、ルシアは少し笑った。

「彼⼥はあなたが好きみたいです。このまま彼⼥を抱きしめてください」

「このまま?いつまで?」

「彼女が眠るまで」

幸いなことに、エヴァンジェリンが眠りにつくのにそれほど時間はかかりませんでした。

ヒューゴは乳⺟に連絡し、⼦供を送り出す。

それから彼はベッドサイドテーブルに置いた封筒を⼿に取り、それをルシアに渡した。

⼤きな封筒の中⾝をチェックし、彼⼥の⽬は⼤きくなる。

「忘れていました」

「ビビアン、二人ともあなたの⼦供です」

「ヒュー、ありがとうございます」

ルシアは夫の頬に軽くキスした後、もう⼀⽅の⼩さな封筒を開けた。

封筒の中の短い⼿紙を読んだとき、彼⼥の表情は固くなる。

彼⼥の顔は混乱に満ちていて、彼⼥が状況を理解できなかったことを⽰していた。

 



 

<なぜ私がこれをしなければならなかったのか理解するようにあなたに求めません。しかし、私を信じてください。ヒュー、それはすべてあなたのためです。私はあなたを愛しています、私の弟。兄より>

「それは私の兄が私に残した唯⼀のものです」

亡くなった公爵夫⼈の死に関するすべてに対処するために数⽇を費やした後、ヒューゴは彼の部屋に⾏き、机の上に⼿紙を⾒つけた。

それらのいくつかの短い⾏は彼の兄弟の願い。

兄の死体を⾒た後、限界に達した怒りは、⼿紙を読んだときに完全に爆発した。

兄を理解できなかった。

兄が自分のためにそれをしたとは信じられませんでした。

その瞬間、彼は亡くなった両親を憎んだのと同じくらい、あるいはそれ以上に、亡くなった兄を憎んだ。

⼿紙を暖炉に投げ⼊れて燃やしたくなったが、結局家族の秘密の部屋に捨てることに。

そして少し前、フィリップのせいで秘密の部屋を探していたとき、彼はすでに⾊あせている⼿紙を⾒つけた。

「ビビアン、私があなたに話すことができなかったことがあります。」

ヒューゴは誰にも話したことがないという話をし始める。

「当初、私は・・・、名前を持っていませんでした。いつかは分かりませんが、ある時点で、周りの⼈が私をフエと呼び始めました」

ヒューゴは⼦供の頃に聞いた昔話をしているように、落ち着いて⼦供の頃のことを話した。

若い獣フエがヒューゴと出会い、⼈間になった⽇々、そして彼が兄のように振る舞って⽣きた⽇々。

ヒューゴの話が18歳のある特定の⽇に起こった悲劇で終わったとき、ルシアは涙を流していた。

彼の孤独な⼦供時代を想像して悲しみ、彼⼥の⼼は痛みで引き裂かれた。

ヒューゴは両⼿で妻の顔をすくって、指で涙を拭う。

「これをあなたに伝えるのに思ったよりも時間がかかりました」

彼は⾃分の正体を明らかにするために多くの勇気を必要としていた。

彼⼥の愛を疑っていたからではない。

それは彼が愛した⼥性の前では最⾼になりたいと思った男性のプライド。

彼は⾃分の弱くて恥ずべき側⾯を隠したかった。

⾃分の劣等感をまだ⽚付けていないこと、誰もが畏敬の念を抱いているタラン家の⻑が実際には偽の模倣者であったことを告⽩したくなかったのだ。

「ヒュー、あなたが誰であるかは関係ありません。私はあなたを愛しています」

「ええ。知っています」

ルシアは⼿を伸ばして⾸に腕をまわす。

ヒューゴは彼⼥を腕で⽀え、彼⼥を引き寄せた。

「義兄の死を⾃分のせいにしないでください。当時、彼はたった18歳でした。彼は彼の唯⼀の兄弟のために、彼が考えることができる最善の⽅法であなたを愛していました」

「・・・うん。私もそう思います」

ルシアはそれを⼤声で⾔うことができなかったが、彼⼥はこの世界を去った他のヒューゴに感謝を送った。

ヒューゴがそのような選択をしなかったならば、フエははるかに苦しみ、タラン家の鎖に縛られた惨めな⽣活を送っていただろうから。

彼は⾃由意志のない⼈形になり、本来の⽣活から幸せを享受することができなかったでしょう。

そして、ルシアは彼に会い、彼との関係を築くことができなかっただろう。

「この⼿紙は私が保管しますね」

「・・・」

「あなたが保つのは難しいですし、それを捨てることができませんよね?」

「・・・はい」

短い⼿紙の⼿書きはきちんとしていた。

ルシアは彼が書いた⽅法から彼⼥の義理の兄弟の個性を感じる。

義兄はおそらくとても暖かくてフレンドリーな⼈。

彼⼥は、夫が兄をどれだけ愛していたか、そして兄の死によって彼がどれほど傷ついたかを推測する。

「悪魔」を意味するために呼ばれた名前、フエは、もはやこの世界には存在しません。

ルシアが彼を「ヒュー」と呼んだように、その背後にある意味は「私の最愛のフエ」でした。

ルシアが彼の「ビビアン」だけになったのと同じように、彼も彼⼥の⾊相だけになる。

ルシアは信頼できる夫をしっかりと抱きしめ、彼は彼⼥を彼に寄りかかりたいと思わせ、同時に彼を抱きしめた。

 



 

ヒューゴが娘に対してオロオロしている様子が微笑ましいです!

早くダミアンにも会わせてほしいですね。

ルシア【215話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は215話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...