ルシア

ルシア【212話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は212をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

212話ネタバレ

ルシア【211話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は211話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 名付け親

寝室の扉が開き、助産師が宮殿から派遣された助産師と⼀緒に出てくる。

⼥性は自分をじっと⾒つめていたヒューゴにうなずいた。

「素敵な⼥の子の⾚ちゃんが⽣まれました。⺟と⼦はどちらも元気で健康です。おめでとうございます」

周りのみんなが頭を下げ、⻑い安堵のため息をついたヒューゴに「おめでとうございます」と⾔う。

「中に⼊ることはできますか?」

「まだ世話をすることがいくつか残っていますので、もう少しお待ちください」

さらに1時間待った後、ヒューゴはようやく部屋の中に⼊ることができた。

寝室は静かだ。

⼈々は静かに動き回り、公爵が⼊ったかどうかを気にせずに⾃分の仕事に集中していたが、ヒューゴはこれらすべてに気づいていない。

彼の視線はすぐにベッドに横たわっている妻に移され、彼はまっすぐベッドに向かった。

ルシアは陣痛から解放され、出産中ずっと⼀瞬の睡眠もとれなかった。

助産師は、まだ⺟乳を飲んでいない場合でも、⾚ちゃんを胸に抱くように指⽰していたので、⺟乳を与えた後、彼女はすぐに眠りに落ちた。

激しい痛みがなくなったので、彼⼥は⽢い睡眠の誘惑に勝つことができませんでした。

ヒューゴはしばらくの間、妻のはっきりと疲れ果てた顔を⾒つめる。

顔⾊は⻘⽩く、唇は乾いていた。

乱れた髪は汗でびしょ濡れになり、顔と額にしがみついている。

彼はゆっくりとベッドに腰を下ろし、揺れないように注意した後、髪を⼀掃し、丸い額を⾒せた。

妻が死んだように眠るのを⾒て、彼の⼼は苦痛で痛む。

(彼⼥は⼤丈夫なのですか?彼⼥は本当に元気なのですか?)

⼼の奥底で、ヒューゴはまだ⼼配していた。

フィリップの隠れ家の記録を何度かチェックしたにもかかわらず、フィリップが引っ張ったトリックかもしれないという不安を払拭することはできない。

期⽇が近づくにつれ、ヒューゴは嬉しさよりも新しい⾚ちゃんに会うことを⼼配していた。

妻が自分の不安を⾒ると不安になるのではないかと恐れていたので、それを⾒せなかったが、ヒューゴは夜明けに⽬を覚まし、妻が眠るのを⾒て⼀晩中起きていた。

「マダムは初めての出産で⻑い間苦しんでいましたが、無事に出産できました。公爵様、マダムが産んだ赤ちゃんを見てください」

公爵が⾚ちゃんを⾒ることについてまったく⾔及していなかったことに気づき、助産師はそう提案する。

彼⼥は何⼗年にもわたって王室の多くの⼦供たちを出産してきましたが、⾚ちゃんに注意を払わずに妻の顔に⽬を留めている夫を⾒たのは初めてだった。

眠っている⾚ちゃんを受け取り、それから彼⼥をヒューゴに引き渡した。

「彼⼥を抱きしめてください、公爵様」

助産師が何度か彼を促したとき、ヒューゴは不器⽤に⾚ちゃんを迎える。

彼の側で、助産師は彼に⼦供を抱く⽅法についてアドバイスした。

(こんなに小さいのか?)

これは、ヒューゴが⾚ちゃんを抱いたときの最初の考え。

妻の胃の中でとてもエネルギッシュだった存在だったにもかかわらず、とても⼩さくて無⼒だ。

妻の性格や好みを変えた存在。

(奇妙に⾒えます)

⾚ちゃんはまだ全⾝の⾚みを失っておらず、彼⼥の顔と⽬にはまだ腫れが。

ヒューゴが⽣まれたばかりの⾚ちゃんを⾒ていたら、彼はショックを受けていただろう。

今、⾚ちゃんは⼊浴したばかりだったので、清潔なのだから。

「とても素敵な⾚ちゃんです。彼⼥は成⻑したら美⼈になるでしょう」

助産師は、⽣まれたばかりの⾚ちゃんと何度も経験を重ねてきたが、まだ適切に明らかにされていない⾚ちゃんの姿を⾒ることができた。

⽣まれたばかりの⾚ちゃんが持っていた外⾒は、後で配置される機能とは⾮常に異なっている。

しかし、ヒューゴは助産師が⾔ったことを単なるお世辞だと考えた。

どう⾒ても、⾚ちゃんは奇妙に⾒えたから。

助産師は、公爵が⾃分の⼦供をぎこちなく⾒ているのかを⾒て、笑わずにはいられなかった。

⼦供を⾒たときの⽗親の最初の反応は、⾮常に幸せであるか、当惑したかのどちらか。

⾚ちゃんが成⻑するのを感じながら10ヶ⽉を過ごした⺟親とは異なり、⽗親が⼦供を⾒てすぐに愛情を感じることはあまりありません。

「彼⼥の⽬はマダムの⽬と同じように⾒えます」

ヒューゴは助産師のコメントに反応する。

⾚ちゃんのまばらな⼀握りの髪は⾦⾊。

彼は妻のようではなかったのでがっかりしていたが、⾚ちゃんの⽬がルシアの⽬に似ていると聞いたとき、彼は⼦供の中の妻を探し始める。

⾚ちゃんを助産師に戻した後、ヒューゴは眠っている妻に視線を向けた。

助産師は⿐を鳴らして笑い、彼⼥はみんなに部屋を出るようにジェスチャーをし、それから最後に⾚ちゃんを抱いて寝室を出ていく。

 



 

ルシアが⽬を開けたときに最初に感じたのは喉の渇き。

彼⼥は⽔への探求を呟き、しばらくして、しっかりとした⼿で上半⾝を注意深く持ち上げられ、コップ⼀杯の⽔が唇に触れた。

喉を下る数⼝の⽔は苦い味がし、彼⼥は眉をひそめる。

ルシアは、彼⼥を助けている夫を⾒たとき、⽬を開けてかすかに微笑んだ。

「あなたは・・・、私たちの赤ちゃんを見ましたか?」

「ええ」

「彼⼥は私のお⺟さんのように⾒えます。私のお⺟さんは・・・、本当に綺麗なブロンドの髪をしていましたから」

彼⼥の⽬は涙で腫れていた。

ヒューゴは優しく彼⼥の⽬にキスをする。

彼は彼⼥を抱きしめたかったが、今はできない。

妻はまだ完全には回復しておらず、彼⼥は壊れそうなほど弱っているように⾒えたので、彼は彼⼥に触れることさえ注意深かった。

10ヶ⽉間彼⼥の⼩さな体の中にそれを運んだ後に新しい⽣命を産んだという事実は信じられないほどだ。

妻はいつも美しかったが、今⽇は特に、彼⼥はもっと⼼が痛むほど美しかった。

「医者は彼⼥の⽬があなたのようだと⾔います」

「私も少しだけ会いました。いつ眠りにつくか分からなかったので、最初に⺟乳で育てたときは怖かったです」

ヒューゴはは彼⼥の⿐、唇、額に柔らかく軽いキスをする。

「⼤変でしたね」

「私は⼤丈夫ですよ」

「ビビアン、あなたはいつも⼤丈夫だと⾔います」

「ヒュー、私はあなたに私の愛の証拠を残したかった。簡単とは⾔えませんが、苦痛を忘れるくらいに幸せです」

ルシアは⽣まれたばかりの娘を⾒るやいなや恋に落ちた。

彼⼥が娘を愛さざるを得なかった理由はたくさんあるが、最⼤の理由は、娘が自分とヒューゴの二人の⼦供だったということ。

「私たちの⾚ちゃんがあなたの⼦供であり、彼⼥があなたの⾎を受け継いだことを嬉しく思います。」

ヒューゴは⻑い間何も⾔わずに彼⼥を⾒つめる。

それから彼はかすかに微笑んでルシアを腕の中に引き込んだ。

「⾚ちゃんの名前。私はそれについて考えました。そして、あなたが義理の祖⽗に彼⼥に名前を付けて欲しいかどうか疑問に思いました」

「祖父に・・・?」

「私は彼を彼の新しい曽孫娘に会わせることを考えています」

「ええ、とても嬉しい提案ですね。ヒュー、本当にありがとう」

 



 

約1か⽉後、バーデン伯爵が公爵夫⼈の住居を訪れる。

彼はしばらく会っていなかった孫娘に挨拶し、⼩さな曽孫娘を抱きしめた。

バーデンが彼を⾒つめている琥珀⾊の⽬を覗き込んだとき、彼の目は涙で満たされる。

「赤ちゃん、あなたの目はおばあちゃんにそっくりです」

涙を抑えることができなかった祖⽗の声に⽿を傾けると、ルシアの⽬から涙が流れた。

「バーデン家の最初の祖先は、⺟親なしでは存在できないと⾔い、⺟親にすべての愛情と称賛を捧げる遺⾔を残しました。彼⼥は⾝⻑は⼩さいが元気が強い⼈だそうです。⾚ちゃんに彼⼥の名前を付けたいと思います」

エヴァンジェリン。

最近はあまり使われていなかった昔ながらの名前。

タラン公爵家の唯⼀の王⼥の名前がバーデン伯爵の⼝を離れたとき、伯爵をぼんやりと⾒つめていた⾚ん坊は明るく微笑んだ。

曽孫娘の陽気な笑顔を⾒て、伯爵は大きな笑顔を浮かべる。

 



 

エヴァンジェリン。

素晴らしい名前ですね。

名付け親がバーデン伯爵という点も素晴らしいと思います。

ルシア【213話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は213話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...