ルシア

ルシア【210話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は210をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

210話ネタバレ

ルシア【209話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は209話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 人生最悪の夜

夏が終わると、涼しい秋の⾵が吹き始め、公爵夫⼈の住居は本格的な準備を始めることに。

公爵邸には、熟練した医師、何⼗年にもわたって王室の⼦孫を出産した経験豊富な助産師、そして助産師が派遣された。

邸宅の住⼈の数が増えるにつれて、広⼤な公爵夫⼈の住居は混雑しているように感じてしまうほどに。

みんなの注⽬は公爵夫⼈に集中している。

彼らは警戒態勢にあり、いつでも起こりうる陣痛の兆候を待っていた。

今、ルシアはどこでも⼀⼈でいることができません。

彼⼥は⼀⽇中熱⼼に⾒られていることに不快感を覚えたが、⾚ちゃんのことを考えるとそれに耐えた。

「ああ・・・」

ルシアは茶碗を下ろし、お腹を押さえて眉をひそめる。

数⽇前からお腹が硬くなり、下腹部が柔らかく痛んだ。

しかし、今朝⽬が覚めると、腰を登るようなチクチクする痛みが頻繁に起きていた。

「奥様、あなたは痛みを感じていますか?」

助産師は窓際の砂時計をチェックする。

間隔はまだかなり離れていたが、それらは規則的だ。

「マダムを寝室まで護衛してください」

突然、誰もが必死に動き始めた。

お茶を出していたジェロームの顔色が悪くなる。

彼は、メイドが応接室からマダムを助けるのをぼんやりと⾒ていたが、彼は何とか感覚を取り戻す。

彼は最初にやらなければならなかったことを思い出したのだ。

このニュースを主⼈に知らせるために動き出した。

 



 

⾺⾞が公爵夫⼈の住居に⾶び込んだ。

使⽤⼈が外からドアを開ける前に、ヒューゴはそれを個⼈的に開けて⾺⾞から⾶び降りる。

ジェロームはヒューゴに知らせるために宮殿にメッセンジャーを送ったが、しかしその時、ヒューゴは重要な全国会議に出席していた。

彼が会議の後でニュースを受け取ったのは、すでに2時間が経過した後のこと。

ヒューゴは階段を上って、寝室のドアを破裂させて開けた後、突然⽴ち⽌まった。

寝室は静かで、妻が彼を⾒たとき、彼⼥はベッドの上から彼に優しく微笑んだ。

ヒューゴは混乱してベッドに近づく。

彼は家に帰ったら、⼤混乱に直⾯する準備をしていた。

「出産したのですか?」

「ふふ」

ルシアは爆笑し、周りに⽴って待機していた⼈々は、頭をそらして笑う。

ルシアは皆が去るように⾝振りで⽰し、彼らは部屋を空にした。

「不思議なことに、ある瞬間は元気になり、次の瞬間、突然お腹が痛くなります。そして、私は再び元気です」

「これが始まりだとしたら・・・、どれくらい時間がかかりますか?」

「助産師さんからは、初めての出産なので時間がかかるとのことでした。⾚ちゃんはおそらく明⽇までに⽣まれるでしょう」

妻はリラックスしてのんきに⾒える。

こんな感じなら⼤したことではないのでしょう。

ヒューゴがそれを考えるとすぐに、ルシアは胃を痛みで掴み、体を丸くした。

彼⼥は話すことすらできず、顔が⽩くなり、息が荒くなっている。

このような妻を⾒て、ヒューゴの顔が青ざめた。

彼は混乱に陥り、ドアに向かって叫んだ。

「外に誰かいるか!?」

ドアが開き、⼈々が殺到する。

助産師はすぐにベッドに来た。

彼⼥はルシアの背中を撫で始め、呼吸の仕⽅についてルシアに助⾔する。

ルシアが助産師の指⽰に従い、深呼吸をして息を吐き出すと、彼⼥の表情は徐々にリラックスした。

ほんの短い期間にもかかわらず、ルシアの額には汗のビーズが。

ルシアがようやく落ち着くと、彼⼥を待っていた⼈々は再び撤退した。

以前の騒ぎが嘘だったかのように、寝室は再び静かになる。

ヒューゴはただ⾒る以外に何もできなかったので、自分が無⼒だと感じた。

「今、私は少しの間また元気になります。定期的に来ますね」

何事もなかったかのように優しく微笑んでいる妻に、こんなにひどい痛みを感じた後、ほんの⼀瞬でも、どうしてそんなに微笑むことができるのだろうかと考えてしまう。

(ビビアンは明⽇までこのプロセスを経なければなりませんでしたか?)

 



 

状況はヒューゴの予想を超えて悪化していた。

間隔が短くなり、痛みがひどくなり、真夜中頃からルシアは腹を抱えて転がりながら叫び始めたのだ。

ヒューゴは彼⼥に⼤丈夫かどうか尋ねることができない。

彼⼥は明らかに⼤丈夫ではなかったから!

ヒューゴは妻の悲鳴を聞いて、助産師を問い詰める。

「彼⼥はこのままでは本当に傷つくでしょう。何とかするんだ」

「これは出産に⼊るプロセスです」

「彼⼥はこの速度で死ぬ可能性があります!」

「公爵様の落ち着きがないので、マダムは集中することができません。」

助産師は、彼⼥を悩ませていた公爵を完全に追い出すことに。

ヒューゴはマダムのためにという⼝実で追い出され、彼は苦情を⾔うことができなくなる。

しっかりと閉じられた寝室のドアを⾒つめ、中から来る悲鳴を聞いて、ヒューゴの顔は死の淵に⽴っているのと同じくらい⻘ざめていた。

後に彼は、これを彼の⼈⽣の最悪の夜として覚えることに。

 



 

ついにルシアの出産!

ヒューゴの慌てる姿が面白いですね。

出産は無事に終わるのでしょうか?

ルシア【211話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は211話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...