ルシア

ルシア【205話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は205をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

205話ネタバレ

ルシア【204話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は204話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • フィリップの要求

数⽇後、ヒューゴはセーフハウスに⾏き、フィリップが閉じ込められていた地下の秘密の部屋に⼊る。

ヒューゴが部屋に⼊る前に、騎⼠たちはすでにフィリップを以前のように椅⼦に縛っていた。

ヒューゴはフィリップをじっと⾒つめ、反対側の椅⼦にゆっくりと腰を下ろす。

フィリップは⼀ヶ⽉の間に劇的に⽼化したように⾒えた。

空腹を満たすのに⼗分なだけの餌を与えられていて、⻑い間太陽を⾒ていない。

ヒューゴの視線は、やっかいな⽼⼈を⾒たときの凶暴さだけで満たされていた。

「閣下、私が⻑い間あなたに会っていないので、あなたは北に⾏ったに違いありません」

ヒューゴの眉⽑がピクピクする。

「そして、あなたは何も⾒つけることができなかったと確信しています」

公爵の唯⼀の反応は黙って⾒つめることだけだが、フィリップは勝利のチャンスを掴んだと確信していた。

フィリップは、すぐに⽣まれるであろう貴重な母胎を傷つけるために何もするつもりは全くありませんが、公爵はフィリップを信じていない。

しかし、公爵は不利な⽴場にある。

彼は公爵夫⼈の安全に関する提案を拒否していないのだから。

「どうするつもりだ?」

「公爵夫⼈の安全とちょっとしたミスを保証する薬を作ります」

「妻の髪の⽑さえも⾒せてあげるつもりはありません」

「あなたが望むようにしてください。私が⾃分で作った薬を彼⼥に与えることもできます」

フィリップは、不信感に満ちた公爵の⽬を⾒て、簡単に微笑んだ。

彼は追い詰められたネズミが猫を噛むということわざを忘れていない。

公爵の残酷で凶暴な性質はいつでも爆発する可能性がある。

⾏き⽌まりに追いやられた場合、公爵はフィリップに⽀配されているという屈辱に耐えることができずに、余波を考えずにフィリップを殺すことができた。

フィリップは公爵を⼗分に受け⼊れることができる条件を設定する必要があったのだ。

「私は公爵夫人に近づきませんし、あなたの娘にも近づきません。私はあなたの意図に従って、あなたの娘とダミアン坊っちゃまを兄妹として育てます」

「あなたが従うかどうかは、あなたが決めることではありません。あなたがとても惑わされていると聞くだけで、⾃分の⽴場を把握することすらできません」

フィリップの唇の⾓は薄い笑顔で曲がっていた。

彼は公爵と取引を始めた。

「ダミアン坊っちゃまの花嫁が公爵夫人から⽣まれる必要はありません」

「・・・別の⼥性が私の⼦供を産むべきだと⾔っているのですか?」

「・・・」

フィリップはそれを認めているかのように黙っていた。

(⽼⼈は賢い頭を持っているな)

もし⽼⼈がビジネスの世界で進歩していたら、彼はビジネス界の⼤物として名を馳せたかもしれないと考える。

妊娠中の妻と⾚ちゃんの両⽅の安全のためにどんなに⼤きな要求をするのか緊張していたが、それと⽐べると⼀⾒マイナーなものを提案することで相⼿の不意を突き、相⼿の⼼の負担を軽減する。

それは取引をするための優れた⽅法。

しかし、フィリップは相⼿をよく知らないという最も根本的な間違いを犯した。

妻ともうすぐ⽣まれる⼦供のためにそれをするという⼝実の下で別の⼥性と⼀緒に寝るという提案は、ヒューゴにとって受け⼊れられない提案だ。

ヒューゴは忠実な夫になるという約束を破るつもりは全くなく、何よりも彼はまだ⾎を嫌っていた。

もうすぐ⽣まれる⼦供は、それが妻からのものであったという理由だけで特別なだけ。

⾎を流した妻以外の⼥性のことを考えただけで、気分が悪くなる。

⾃分の種を繁殖させるために⾒知らぬ⼥性を抱かなければならない状況を考えたとき、最⼤の問題はそれが物理的に不可能であるということだった。

「私はそれが耐えられるとは思わない」

ヒューゴは腕を組んで、下腹部に視線を下げる。

物理的な問題のために要求を満たすことができないと⾔ったら、フィリップはどのように⾒えるだろうかと考えた。

それは状況の深刻さに合わない軽薄な考え。

何も解決されていないが、奇妙なことにヒューゴは安⼼していた。

まるで全てがうまくいくかのように。

 



 

フィリップを捕まえた時から、ヒューゴはロームにあるフィリップの住居と北の国境にあるフィリップの住居の捜索を命じ、彼の隠れ家を探していた。

予想通り、フィリップの住居には何も⾒つからない。

砂漠で針を⾒つけようとするように、フィリップの隠れ家を⾒つける努⼒は無期限だった。

しかし、数⽇前、ヒューゴは範囲を狭め、具体的な指⽰を与えることができたいくつかの⼿がかりを得た。

隠れ家を簡単に⾒つけることは期待していない。

数ヶ⽉以内に、あるいはそれよりもさらに⻑くかかるかもしれない。

ヒューゴはフィリップの隠れ家を⾒つけるまで無期限に待つことができなかった。

⻑い間フィリップに会いに⾏かなかったならば、⽼⼈の頭の中でどんな計画が形成されるかもしれないかを分からないから。

ヒューゴは、今が古いろくでなしを不意を突くのに最適な時期であると判断した。

現在のヒューゴはもはや⼀⽅的に不利な⽴場ではない。

彼はフィリップの処⽅箋である唯⼀の、しかし強⼒な情報を⼊⼿していたからだ。

この情報を持っているので、ヒューゴは後部座席に座り、遠くから状況を⾒る時間が増えた。

⾃分の最⼤の過ちはフィリップの意図的な⾔葉に魅了されたことに気づく。

妻が出産したときに危険に晒されるというフィリップの発⾔には抜け⽳があったのだ。

出産に失敗した場合、タランの⾎統の貴重な母胎が死ぬ。

タランの⾎統に対する⽼⼈の狂気で、彼はギャンブルをする⼈のようには⾒えないのだ。

(この古いろくでなしは、⼝を開くたびに嘘をつきます)

ヒューゴは決定的な動きをすることにした。

 



 

フィリップは公爵の⽬が冷えるのを⾒て、公爵が冷静に自分と取引する⽤意があると判断する。

「あなたの提案は理解できません」

ヒューゴはフィリップの計画についてもう少し調べようとした。

「どういう意味ですか?」

「⼦供を産むのはとても簡単ですか?⼦供が⽣まれるまで問題がない場合はどうなりますか?私の妻が無事に出産した場合、あなたは死んでいます」

フィリップは、その最後の⽂を埋めた殺⼈の意図にもかかわらず、瞬きさえしない。

「公爵夫人は、ダミアン坊っちゃまの花嫁が⽣まれるまで私の薬を飲み続けなければなりません。なぜかって?それまでは、私が与える薬の効果が低下するからです」

フィリップは、まだ⽣まれていない⼩さな母胎のために公爵夫⼈の命を害するつもりはありませんでしたが、公爵夫⼈のエネルギーを奪う薬とそれを回復する薬を交互に使うことを計画していた。

フィリップの薬を服⽤した後、彼⼥がベッドに閉じ込められてエネルギーを回復した場合、公爵はフィリップの話を聞いて薬を⼿に⼊れるしかありません。

「⼦供があなたの意図したとおりに⽣まれたとしましょう。その後はどうですか?私があなたと⼦供を⽣かしてくれると思いますか?」

「その問題については、あなたは単に私の安全を保証することを約束する必要があります」

「約束する?」

ヒューゴは嘲笑する。

「私がその約束を守ると思いますか?」

ヒューゴはコメディを⾒ているように⾯⽩がっていた。

(残念ながら、これは信頼が⽋如していることがわかる世界です。閣下は、タラン家の⻑が、タラン家系を継続することと同じくらい重要なことが私たちの家族の⼿にあると素直に確信していたと思いますか?)

何世代にもわたって、タラン家のすべての当主は、秘密の部屋から出た後、⾎統を継続する⽅法を知りたがっていた。

フィリップの祖先は彼らの秘密を⾮常にしっかりと保持していたので、彼らは彼ら⾃⾝に危険をもたらさなかった。

彼らは、要求に応じて、タランの⾸⻑が興味を持っていた事実のほとんどを発表してきた。

好奇⼼を満たすタラン家の⻑と引き換えに、彼は誰にも⾔わず、記録を残さないことを約束しなければなりません。

もちろん、それは単なる⼝頭の約束ではない。

約束を強制する⽅法があるのだ。

 



 

フィリップとの取引。

フィリップの要求は、ヒューゴが自分が用意した女性と子供を産ませることだったのですね。

ルシアはそれまでの人質。

そんなことをヒューゴが許すとは思えないので、ここからの反撃が非常に気になります!

ルシア【206話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は206話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...