ルシア

ルシア【202話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は202をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

202話ネタバレ

ルシア【201話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は201話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ジレンマ

アンナが働くのをやめて以来、ルシアが彼女に会うのは初めてだった。

ルシアはアンナから頭痛薬を受け取っていたが、アンナはメイドにその薬だけを与えるように頼んだだけだから。

アンナは、⻑い間会っていなかった公爵夫⼈に会えて⽬に⾒えて喜んでいる。

ルシアは、彼⼥が善意でここにアンナを呼んでいないことを⼗分によく知っていたので、苦笑した。

「私を対象とした特別な薬が、あなたが私にくれた頭痛薬で、アンナによって混ぜられたのではないかと疑っています。私たちはそれを調査しています。個⼈的には、あなたが関与しているとは思いません、アンナ。ですから、⼀つも隠さずに、すべてを正直に教えてほしいのです」

アンナの顔は恐怖で死にそうなほど⻘ざめた。

「頭痛薬の処⽅箋を・・・、私はロームの公爵の専属医から受け取りました。フィリップです。ですが、奥様、彼はそのような⼈ではありません」

フィリップ。

ルシアはその名前を聞いて奇妙に感じる。

(私たちはお互いに奇妙な関係を持ち続けています)

夢の中で、フィリップはルシアに治療の処⽅箋を与えた感謝すべき⼈であり、実際には、彼は彼⼥の夫の亡き双⼦の兄弟が彼の⼈⽣を借りた⼈だった。

しかし、夫がフィリップに不安を感じていたため、ルシアはフィリップがいい⼈かもしれないという善意を感じることができない。

「アンナ。私は今妊娠しています」

「奥様!おめでとうございます!」

「ありがとう、アンナ。ご存知のように、私は不妊でした。しかし、私には知られていないのですが、私は治療を受けました。その原因は頭痛薬だと思います」

アンナの表情はだんだんと酷く固まっていく。

「それが私の妊娠をもたらしたという事実かは重要ではありません。気づかずに薬を飲んでいたことが重要なのです。ゆっくりと私を殺していく毒だったとしたら、どうなるでしょうか?私がこれを真剣に受け⽌めている理由を理解していますか?」

アンナは何かを覚えているかのようにため息をつく。

「私は・・・、私は利用されていたのですね」

「アンナ、あなたが考えることができる何かがありますか?」

「フィリップ卿は・・・、奥様の妊娠に夢中でした。当時はあまり考えていませんでした
が、今考えると⾏き過ぎと思えるほどに」

「そうですか。私が正しく覚えていれば、フィリップはあなたを通して私に会おうとしました。最初から最後まで、すべてを教えてください。彼と話した内容も」

アンナはフィリップとの最初の出会いからの思い出を思い出しながら振り返る。

そして、彼⼥が話している間、詳細を⼀つずつ調べていくと、彼⼥はフィリップの意図に気づき始めた。

巨⼤なショックから巻き返し、彼⼥の⽬がひどく⾚くなった状態で彼⼥の物語の終わりに到達する。

「私のせいです。私は・・・、私はとても愚かでした」

頭痛薬は公爵夫⼈だけが服⽤したものではない。

数え切れないほどの数の患者がアンナの頭痛薬を服⽤していたのだ。

この間ずっと、彼⼥はそれが患者の体にどのように影響するかを知らなかったにもかかわらず、薬を売っていた。

売ることによる利益に夢中になり、医者としての義務を忘れた⾃分⾃⾝に完全に幻滅した。

アンナは、厄介な表情で去る前に、何度も謝罪する。

 



 

アンナが去った後、ルシアは彼⼥が得た情報に基づいて謎を解き始める。

ルシアが知っていた治療法には独特の⾹りがあった。

しかし、彼⼥は頭痛薬でそのような⾹りを検出することができなかったのだ。

フィリップは優れた医者だ。

彼は彼が望むだけ薬の処⽅を変えることができただろう。

「彼は私が薬の独特の⾹りを知っていて、それを取り除くために予防策を講じたとアンナから聞いたわ。なぜ彼はそこまでしたの?それに、彼が私の不妊症を治療したとして、私の不妊症が治ったからといって⼦供を産むことができるわけではありません。私の夫は普通に⼦供を産むことができません。彼は、⼥性は特別なハーブで彼⼥の体を準備しなければならないと⾔いました」

フィリップがそれを知らなかったはずがない。

「・・・ヨモギ!」

ある考えが突然彼⼥の頭に浮かんだ。

夢の中で出会ったフィリップは、ヨモギの効果について⾮常に知識があったが、他の⼈々は知らなかったので、彼は一族に伝わる治療法を持っていた。

問題は、なぜフィリップの家族がそのような珍しい病気の治療法を発⾒し、それを家族の伝承として残したのかということ。

「⼦供の頃ヨモギを飲んでいたので、体を不妊であるが不妊ではないものに変えました。それは⾮現実的な偶然ですが、もしこの状態が本当に彼の⼦供を産むための状態だったとしたら・・・」

[奥様。フィリップは、治療が効果的であるためには、奥様が処女でなければならないと言いました。今考えてみると不思議です。なぜ私はそのような⾔葉を信じたのでしょうか?]

「それで、フィリップは私が条件を満たしているかどうかをチェックしたのね」

背筋が冷たくなる。

フィリップの徹底はルシアを⾮常に不快にさせた。

「ヒューに⾔わなければなりません」

そして、答えが分からなかったので、彼に聞きたいことがあったのだ。

 



 

北に⾏ったヒューゴは3週間後に戻ってきた。

ヒューゴはまっすぐオフィスに向かい、続いて彼に挨拶するために出てきたジェロームが続いた。

「妻は寝ていますか?」

「奥様は⼣⽅早くに寝室に⾏きました。旦那様が戻ってくることを奥様には知らせておりません」

「よくやった。私があなたに与えた処⽅箋はどうなりましたか?」

ヒューゴがロームに向けて出発する前に、彼はフィリップがジェロームに彼に与えた処⽅箋を⼿渡していた。

公爵夫⼈が突然の腹痛に苦しみ始め、医師が原因を⾒つけることができず、痛みが耐えられないほど持続した場合、処⽅箋にあるように彼⼥に薬を与えるべきだと指示していたのだ。

彼はフィリップが⾔ったことが起こらないことを望んだ。

「旦那様が⾔ったように、奥様はひどい腹痛に苦しんでいました。旦那様が私にくれた処⽅薬を服⽤した後、それはすぐに落ち着きました」

ヒューゴの希望は打ち砕かれ、彼は⼤いに失望した。

「さらに、旦那様が語った奥様の頭痛薬の成分を⾒つけました。奥様の元医師がどのようにしてその処⽅箋を⼊⼿したかも知りました。それらはすべて私の報告書に含まれています」

ヒューゴはテーブルの上にあるジェロームのレポートを⼿に取り、それをめくる。

彼は再びアンナに近づくことでフィリップの巧妙さに気づき、彼⾃⾝に嘆いた。

「奥様は頭痛薬の調査に興味を⽰しています」

「興味とはどういう意味ですか?」

「奥様は元医師に連絡し、彼⼥と直接会っています」

ヒューゴは額に皺を寄せる。

これは予想外だった。

「それで?」

「奥様は元医師とかなり⻑い会話をしました。彼らが何について話していたのか、私には⾔われませんでした」

ヒューゴは、彼⼥が元医師に何について話していたのか見当がつかなかった。

いくつかの緊急の書類を整理し、⼼を込めて2階に向かう。

秘密の部屋を10⽇近くひっくり返していたが、何も見つからなかった。

系図の記録には、世代から世代への公爵と後継者を産んだ公爵夫⼈の記録しか残されていない。

公爵夫⼈の⺟親や公爵夫⼈の実家についての情報はなかった。

ヒューゴが寝室への扉を開けて⼊る準備をしていると、彼は⽴ち⽌まる。

寝室はろうそくで適度に照らされ、ベッドに横たわっていたルシアは頭を上げて⼤喜びで叫んだ。

「ヒュー!いつ戻ってきたの?」

「私が行きますから、あなたは起きないで」

ヒューゴはベッドから⾶び降りようとしていた彼⼥を⽌めた。

「ヒュー、少し前に何が起こったのか知っていますか?」

ルシアはヒューゴの⼿を取り、それを彼⼥のお腹に置く。

ヒューゴは⼀瞬驚いた。

数週間の間に、彼⼥のお腹は著しく成⻑していたのだ。

「⾚ちゃんが、順調に成長しているという合図を送ってくれました。少し前のことです。横になったばかりの時に、⽔滴のような⾳がしました。最初、私はそれが何であるかを知らず、お腹が空いたときにお腹がゴロゴロ鳴るようなものだと思いました。でもしばらくすると、突然、⿃肌が⽴ち、⼼臓がドキドキし始めました。そして、私は気づいたのです。⾚ちゃんが私に話しかけているんだって」

ルシアは息を⽌めずに⼀連の⾔葉を注ぎ出す。

ヒューゴは彼⼥が感情に圧倒され、彼も感動したことをはっきりと⾒ることができた。

ヒューゴはまだお腹に残っている自分の⼿を⾒つめる。

「・・・お腹の中で・・・?」

「ええ。少し待ってください」

⼆⼈は息を切らしてしばらく待ったが、ルシアの腹部の中からの動きはなかった。

ルシアは彼に自分が感じた圧倒的な感情を感じてほしかったのだ。

「間違いなく数分前に動いたのに・・・」

ヒューゴはがっかりしたように⾒えた妻に優しくキスする。

「ビビアン、元気でしたか?」

「はい。ヒュー、あなたはどうですか?旅はうまくいきましたか?」

「⼤まかには。お腹が痛いと聞きましたが?」

「薬を飲んだ直後は⼤丈夫でした。⾚ちゃんに何か問題が起こるのではないかと⼼配していました」

「・・・そうですか」

フィリップが⾚ちゃんを追い出そうとすると⺟親が危険に晒されると⾔わなかったとしても、ヒューゴはすでに⼦供に何もするつもりはない。

妻が⼦供を失ったことに絶望しているのを⾒るつもりはなかったから。

フィリップの勝利だ。

ヒューゴが秘密の部屋で何も⾒つけずに⾸都に戻ったとき、彼はルシアが安全である限り、たとえそれがフィリップの⼿で遊ぶことを意味したとしても、彼はそれが取るものは何でもするだろうと思っていた。

「ヒュー。あなたが戻ってきたときに私が確認したかったことがあります。頭痛薬のことです」

「頭痛薬がどうしたのですか?」

「私が妊娠できたのは、頭痛薬のせいですよね?」

「・・・・」

妻は⾯⽩い⼥性だ。

時々、彼⼥は素朴で無実だが、他の時には、彼⼥は⾮常に鋭敏だった。

ルシアはアンナとの会話全体について彼に説明する。

ヒューゴは注意深く⽿を傾け、彼⼥が⾔っていることの些細な部分さえも見逃さなかった。

これは、ジェロームのレポートにはなかった⾼品質の情報。

彼は、フィリップがアンナの信頼を利⽤して、アンナの⼼の隙間を巧みに乗り越えた⽅法を明確に理解することができた。

「ヨモギ?それが関係しているのですか?」

ヒューゴは何かをつかんでいるように感じる。

この情報を利⽤する⽅法があるように思われたから。

「でもヒュー。私が最も理解できないのは、なぜフィリップがこんなことをするのかです」

それはルシアの最⼤の質問とジレンマ。

彼⼥はなぜフィリップが妊娠するためにそんなに多くのトリックをするほどに⾏ったのか理解できなかったのだ。

それを単なる忠誠と⾒なすには過剰すぎるから。

その⽅法がまともでなかっただけでなく、彼⼥は不快な執着を感じたから。

 



 

ヒューゴの成果はありませんでしたが、ルシアが赤ちゃんの成長を喜んでいるのは嬉しいですね。

二人の情報を基にフィリップの野望を崩すことはできるのでしょうか?

ルシア【203話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は203話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...