ルシア

ルシア【201話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は201をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

201話ネタバレ

ルシア【200話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は200話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

ヒューゴが屋敷に戻ったとき、すでに夜遅くなっていた。

しばらくの間ぼんやりとオフィスの椅子に座る。

脳に考えるように促したが、それは適切に機能することを拒否した。

どこから始めるべきか分からなかったのだ。

「頭痛薬を・・・。そうだ・・・、まずは頭痛薬で何が起こったのかを調べてから・・・」

その後は空⽩に。

彼の頭は⽩紙のように空っぽだった。

何も出てこなかった。

深淵がゆっくりと⾜元から⾷い尽くされたように、彼はひどく無⼒だと感じていた。

恐怖。

⼼臓は不安でドキドキし、分ごとに⼤きくなり、窒息したような感覚に。

⼿⾜を縛られ、お腹を引き裂かれ、⼼臓を引き裂かれて死にそうになったとしても、それほど怖くはない。

自分を満たしてくれる妻の存在を失う恐怖。

ヒューゴは夜明けにオフィスを去った。

彼は妻の寝室に⼊り、ベッドのそばにぼんやりと⽴って、ぐっすり眠っている妻を⾒つめる。

⽑布を持ち上げ、ベッドに登り、彼⼥を胸に引っ張った。

軽度の発熱で体が少し熱くなり、幸福と絶望が彼の⼼を満たした。

彼⼥を失ったら自分は⽣きられないだろう。

心臓が爆発して自分を殺すように感じていた。

[ヒュー、私はこれを⾔ったことがありませんね?私と結婚してくれてありがとう]

「・・・どういたしまして。ビビアン、あなたはひどい沼に落ちました」

彼⼥は他の誰もが持っている⼦供を⼿に⼊れるためにあらゆる種類のトラブルを経験し、そして彼⼥が困難になっていた⼦供は彼⼥の⼈⽣を⾷い尽くす犯⼈に。

他の⼈がしなかったことを経験しなければならなかった唯⼀の理由は、彼⼥が自分と結婚していたから。

彼⼥はあの⽇、自分に会いに来るべきではなかった。

もし彼らがお互いを知らずに⽣きていたら・・・、もしそれが起こっていたら、彼⼥はおそらくこのような危険に直⾯していなかっただろう。

しかし、もし自分が彼⼥に会わなかったら、自分は凍った⼼で⽣き続け、⼀⽣灰⾊の⾵景を⾒ていただろう。

「私は⼿放すことはできません。」

今過去に戻ったとしても、彼⼥を⼿放すことができるという⾃信がなかった。

醜いわがまま。

「ビビアン、私は、あなたを愛しています」

ヒューゴは⽿元で囁き、チクチクする⽬を閉じる。

熱が彼の⽬に突⼊し、彼の⽬から何か熱いものが流れ落ちた。

胸は引き締まっているように感じ、喉が痛い。

初めて涙を流したとき、ヒューゴは「泣く」という⾔葉の説明を思い出す。

「気持ちを抑えきれず、涙がこぼれる」ほど⾟⼝では表現できない、複雑な気持ちを。

ヒューゴは⼀晩中⽬を覚まして過ごす。

⼀晩中ノンストップで物事を考えていた。

暗闇が消え、夜明けの太陽が寝室を徐々に明るくして、彼は⻑い間考えた後、結論に達する。

 



 

ルシアは今朝いつもより少し早く⽬を開けた。

彼⼥は微笑み、背中に暖かさを感じ、強い腕が彼⼥を包み込んだ。

⾃分の位置を変えて、ヒューゴに直⾯するために振り返った。

彼の視線に出会ったとき、⽢い笑顔を⾒せ、彼の腕の中に⾝を埋める。

彼の⼤きな⼿は彼⼥の頭に届き、彼の指が彼⼥の髪をとかす感覚は素晴らしかった。

「ビビアン。私は北に⾏かなければならないと思います」

その言葉にルシアは驚いて頭を上げる。

彼の⽬は落ち着いた重⼒感を持っていた。

「それほど時間はかかりません。すぐに戻ってきます」

「・・・分かりました。緊急の問題のようですね」

「こんな時に⼀緒にいられなくてごめんなさい」

「いいのよ。⼦供が生まれるまでにはまだ⻑い道のりがあります。その前に戻ってきますよね?」

妻が肩をすくめようとしているのを⾒て、ヒューゴは彼⼥を抱きしめる。

いつも⼤丈夫だと⾔って可愛く微笑んでいた妻は変わらなかった。

彼は彼⼥の不満と苛⽴ちに驚いたが、その⼀⽅で、彼はそれに満⾜していた。

それは彼⼥が自分に頼っていたことを意味したから。

ヒューゴは、ロームの家族の秘密の部屋をもう⼀度徹底的に掘り下げる必要があると考えた。

それが彼の唯⼀の希望。

そこにほんの少しの⼿がかりを見つけなければならない。

まだ彼⼥を腕に抱きながら、ヒューゴの⽬は決意を持って輝いていた。

 



 

夫が留守の間、ルシアは常に彼⼥の⼼と体を⾚ちゃんにとって可能な限り最⾼の状態に保とうとした。

そして時々、彼⼥は妊娠した⽅法の謎を解こうとして、さまざまなことを考える

「奥様。処⽅された頭痛薬を服⽤し始めたのはいつですか?」

「なぜあなたはそれを尋ねるのですか?」

「調べる必要があることがありますので」

ルシアは変な感じがした。

「あなたが調べる必要があるのは何ですか?」

ルシアが問い続けると、ジェロームは躊躇してこう話す。

「旦那様が調査を命じました」

(頭痛薬・・・。それが関連しているのね)

ルシアは、彼⼥の妊娠と頭痛薬が関連していると感じた。

最近の頭痛薬の効果がとても良かったので、ルシアはいつ服⽤し始めたかを正確に知り、誰がそれを彼⼥に与えたかをはっきりと覚えている。

「アンナがくれた薬・・・?」

ルシアは頭痛薬に問題があると思ってショックを受けた。

彼⼥は基本的なレベルで医者のアンナを信じていたから。

アンナが意図的に薬に何かを混ぜる⽅法はないと信じていたから。

それで、彼⼥はアンナに連絡して、彼⼥に個⼈的に尋ねることに決めた。

 



 

ヒューゴの涙が辛すぎます・・・。

北の地で手がかりを見つけることができるのでしょうか?

そしてルシアも調査を始めます。

お互いに進展があると嬉しいですね!

ルシア【202話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は202話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...