ルシア

ルシア【200話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は200をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

200話ネタバレ

ルシア【199話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は199話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 立場の逆転

公爵夫⼈が妊娠した場合、公爵は事件の可能性が⾼いと疑うでしょう。

公爵は⼈を信じない。

彼は特別な⽅法なしでは⼦供を産むことができないことを知っていたので、公爵夫⼈が彼の⼦供を産んでいたとは信じられないはずだ。

これにより、公爵夫⼈の関係は疎遠になり、不貞の疑いのある公爵夫⼈は⼦供を無視することに。

そのタイミングをフィリップは狙っていた。

それがフィリップの漠然とした計画の概要。

しかし万が一。

万が⼀の場合、公爵が本当に公爵夫⼈に⼼を捧げ、彼⼥を信頼していたとしたら?

(それは起こり得ない!)

フィリップの家族とフィリップ⾃⾝がタラン家の繁栄のために犠牲を払ってきた!

公爵は多くの⼈々の⾎と涙を裏切ってきた!

フィリップはすぐに頭の中で計画を⽴てる。

状況に直⾯したときはいつでも、彼は状況に応じて計画を具体化してきた。

「花嫁は⾎統を続ける息⼦を出産しますが、タラン家の秘密の部屋に花嫁の⺟親の記録はありません」

フィリップは、ヒューゴの⾚い⽬が燃えているように燃え上がるのを⾒て、乾いた唇を舐める。

それから彼はいつもと変わらない控えめな薄い笑顔で⾔った。

「『子供を出産した後、マダムは⼤丈夫なのか?』あなたはそれを知りたかったので私に連絡をしたのではないのでしょうか?」

ヒューゴはこの瞬間、陰湿な⽼⼈の頭を切り落としたかった。

(なんて卑劣な⽼⼈だ)

ヒューゴは、フィリップの⼈⽣を終わらせなかった自身の笑える慈善⾏為を深く後悔する。

他のろくでなしを⽚付けていたとき、彼は⽼⼈も追い払うべきだった。

少なくとも今すぐ老人を殺し、⾆が揺れ始める前に永遠に⼝を閉じたほうがよかった。

それがヒューゴが冷静に⾒分けた結論。

けれど、ヒューゴは妻の人生を賭けることができなかった。

フィリップが⾔ったように、ヒューゴは妻が⼦供を出産した後に⼤丈夫かどうかについて疑っていたのだから。

普通の⼥性は、体が⼀定の⽅法で準備されていないと、タラン家の⼦供を産むことができない。

それは正常な妊娠ではないからだ。

タラン家の異常な⾎統は常にヒューゴに彼の正体についての質問をさせてきた。

ヒューゴはいつも「自分は本当に⼈間なのか」という質問を振り払うことができなかった。

さらに悪いことに、彼は弱い妻が彼⼥の体内で⼈間に似ていない生き物を育て、それを出産した後、⼤丈夫かどうか確信が持てなかったのだ。

ヒューゴの質問に答えることができたのはフィリップだけ。

ヒューゴが騎⼠にフィリップを捕まえるように頼んだ瞬間から、彼の意図はすでに読まれていた。

ヒューゴが妻のことを⼼配していなければ、フィリップがそれらの⾔葉で何を意味するのか⼼配することはなく、フィリップに連絡して彼が何を意味するのかを尋ねる必要はないのだから。

フィリップは、公爵が自分をじっと⾒つめていて、⼿に剣を振っていないのを⾒て、公爵夫⼈が公爵の弱点になったことを確認する。

フィリップは奇妙な喪失感を感じた。

完全な存在の悲劇が⼈間化されるのを⽬の当たりにしてもたらされた絶望を。

(公爵は完璧な存在。それにもかかわらず、なぜあなたはその完璧さを傷つけようとしているのですか?)

公爵は、古代の唯⼀の貴族の⼦孫であるタランの⾎統から作られた最⾼傑作。

双⼦の誕⽣とそのうちの1⼈の最終的な死は、現在の公爵の作成に貢献したプロセスだ。

それは⾼貴な犠牲。

それがフィリップの考えだ。

他のタランの⾎とは異なり、故ヒューゴは弱くて弱気だった。

そして、その⾎を受け継いだ小公爵のダミアンは不完全な存在。

ダミアンがヒューの娘と組み合わされた場合、完璧な⼦孫が再び⽣まれ、タランの⾎統が続くでしょう。

フィリップはそのような未来を頭の中で描いた。

「マダムは⼤丈夫かもしれないし、そうでないかもしれません」

(この老人は・・・)

ヒューゴは⻭を⾷いしばる。

彼の⼼の怒りはこの場でろくでなしを殺すように叫んだ。

剣を握る彼の⼿はわずかに揺れる。

しかし、彼はできなかった。

フィリップの浅いトリックに巻き込まれても⼤丈夫だった。

彼⼥が無事である限り、彼はそれを我慢することができたから。

 



 

「公爵様、私があなたに何かを⾔ったとしても、あなたはそれを信じますか?」

「・・・何?」

「私は最初に信頼のトークンを提供しなければなりません。マダムは、胃が腫れ始めると、耐え難い腹痛を経験します」

フィリップの薬と頭痛薬を混ぜ合わせたものは不完全な薬であり、最終状態に⾄る過程で⽣まれた。

したがって、副作⽤があるのだ。

記録によると、妊娠中の⼥性は、胎児が成⻑するにつれて⼦宮が拡張するたびに激しい腹痛に苦しむ。

痛みは、彼らが胃を抱え、転がり、苦しんで泣くのに⼗分なほどひどいものだったと⾔われている。

妊娠中の⼥性や胎児の調⼦が悪いことによる合併症ではない。

妊娠期間中、⼦供が⼤きくなるたびに妊婦は激しい痛みを感じるだけ。

しかし、フィリップはそのような詳細を明らかにしなかった。

「処⽅箋を差し上げます。マダムが胃の痛みを感じたら、処⽅箋に従って薬を服⽤すると、腹痛が治まります」

フィリップの先祖は、さらなる研究を通じて、妊婦が経験する副作⽤を軽減する薬を発⾒した。

フィリップが今⽇使⽤していた薬は、多くの試⾏錯誤の末に作られたものだ。

「あなたを信じろと?」

「あなたが私を信じないのなら、それを使わないでください」

目の前の存在は、ヒューゴが以前に知っていたフィリップではなかった。

このフィリップは、自身の安全を躊躇ったり、気にかけたりすることなく、ヒューゴと対峙している。

ヒューゴはお腹がひっくり返ったように緊張した。

フィリップを追い出した後、再び彼に会うまでには、ほぼ10年かかった。

その間に、ヒューゴは公爵になり、戦場を席巻し、戦争で名を馳せ、狡猾な政治家に直⾯してきた。

ヒューゴは怒りを静める。

彼は老人の評価を上げた。

「医者以外の何者でもない」と⾒てきたが、ヒューゴは彼が激しい取引をしているベテランの政治家として⾒ることに。

彼はロイを救うためにラミス公爵と対峙したときの気持ちを再現した。

頭は冷静にして、外側には適度な怒りを⽰す。

「あなたが⾔うように彼⼥が腹痛を持っているなら。理由は何ですか?」

「あなたが推測している通りです」

「推測?私が何を考えているのか知っていると主張していますか?」

「あなたはいつもそれをモンスターと呼んでいました。それなら、マダムはお腹の中でモンスターを育てているのでは?」

その瞬間、ヒューゴは⼿に剣を振り、フィリップの頭を殴る。

フィリップの悲鳴は鈍い⾳と同時に聞こえた。

突然の頭の打撃により、フィリップの周囲が回転する。

「いつかあなたのうんざりするような⾆を抜きたい」

 



 

⾎の渇きにあふれた声に⽿を傾けると、フィリップはズキズキする痛みのために額にしわを寄せ、頭を持ち上げた。

彼は公爵の暴⼒的で残酷な性格を知っている。

公爵の怒りにもかかわらず、自分の命が公爵の前で救われていることをもう⼀度確認した。

そして確信する。

公爵夫⼈は公爵の絶対的な弱点だと。

外⾒上、ヒューゴは怒りを抑えているように⾒えたが、実際にはフィリップの⾔葉を分析していた。

「モンスター」という⾔葉は、ヒューゴ⾃⾝とタラン家を指しており、ヒューゴがその⾔葉を⾔うたびに、フィリップはそれを嫌っていた。

しかし、フィリップ⾃⾝がその⾔葉を⾔い、ヒューゴを挑発したのだ。

「⽼⼈。あなたが⾔うように、呪われたタランの⾎統はモンスターです。まだ⽣まれていない家族の呪われた⾎を持った⼦供に私は何か愛着を持っていると思いますか?」

「それがあなたが信じていることだと確信しています。しかし、そうしないほうがよいでしょう。マダムを失いたくないのなら」

「黙れ」

「タランの⾎は⾮常に強い活⼒を持っています。彼らは⼦宮の中にいる瞬間から⾝を守るという強い本能を持っています。薬物で中絶しようとすると、代わりに⺟親を傷つけるだけです。私が⾔っているのは事実です。あなたが私を信じなければ私は何もできませんが、マダムが危険にさらされているかどうかわからないとき、あなたはそのような危険を冒すことができますか?」

「・・・」

ヒューゴはできなかった。

彼は危険を冒すことができなかった。

まるで⾜元の⽀えがなくなったかのように悲惨な気持ちに。

ヒューゴはフィリップとの関係をもう⼀度再評価する。

対等ではない。

現在、ヒューゴは完全に弱い⽴場にあった。

フィリップがすべてを知っている間、ヒューゴはまったく情報を持っていない。

兄が亡くなって以来、圧倒的に不利な⽴場で取引を⾏ったのはこれが初めてだった。

(情報が必要だ)

フィリップが⼿にした記録は、何世代にもわたって彼の家族に受け継がれていなければならない。

しかし、彼らはどのように受け継がれましたか?

ヒューゴが公爵になったばかりのとき、彼はいたるところを探したが、それを⾒つけることができなかった。

⼦供はだんだんと成⻑し、出産の⽇が近づいてきたので、時間は限られている。

剣をしっかりと握り締めると、彼の指関節は⽩くなった。

今すぐ剣を抜いて⽼⼈の頭を吹き⾶ばしたい。

フィリップがヒューゴを後ろから⽌めるように呼びかけていたら、彼はそうしたかもしれない。

信号を受信すると、外の⼈たちは⽯の扉を開けた。

ヒューゴはドアの外に出て、怒りを抑えきれず、凍ったようにしばらくそこに立ち尽くす。

騎⼠たちは主⼈の脅迫的な表情を⾒て息を呑んだ。

「ディーン」

「はい、閣下」

「⽼⼈が話している処⽅箋を⼊⼿して、私の元に持ってきてください。彼を注意深
く⾒守ってください。私以外の誰にもそのろくでなしと接触させないでください」

騎⼠の返事を聞いて、ヒューゴは地上へと続く階段を上る。

それはまるで鉄の塊が彼の⾜⾸に結ばれているかのよう。

足取りがひどく重かった。

激しく呼吸し、狂ったように叫びたいという衝動を抑える。

漠然とした何かへの怒りが彼の中で急上昇した。

それは彼の運命に対する怒りであり、天が彼を⾒下ろし、彼を嘲笑っているかのように。

 



 

フィリップの目的は、不完全だと思われているダミアンと完璧な存在のヒューゴの子供を配合すること。

フィリップの狂気がヤバいですね・・・。

ルシア【201話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は201話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...