ルシア

ルシア【196話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は196をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

196話ネタバレ

ルシア【195話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は195話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 執拗な老人

ヒューゴは怒っていたと同時に、信じられなかった。

彼の唇から強引な笑いがこぼれる。

これは、単なる医者が自分に嘘をついて自分を欺くことはないだろうという自分自身の傲慢な考えの結果。

フィリップが自分にとって脅威になる可能性がわずかにあると判断した場合、彼をすでに殺していたでしょう。

フィリップスの家族はタランの⾎統を継続する唯⼀の「ビジョン」を持っていたが、彼らは何世代にもわたって医師の家系であり、1つの機能的な称号しか持っていない。

⻑い間タラン家のパートナーであったため、フィリップの家族はかなり孤⽴していた。

フィリップには家族がなく、⼈々との関係は⾮常に浅かった。

これらの要因のために、ヒューゴは彼を医者に過ぎないと軽く思っていたのだ。

フィリップを⽣かしておくことは、ヒューゴ⾃⾝の罰でしかない。

フィリップは彼の兄に対する罪悪感と、彼⾃⾝への嫌悪感を最⼤化するための媒体。

兄の命をフィリップに負わせるという問題もあったので、フィリップの命を個⼈的にとらえないという⼤いなる憐れみの話で、ヒューゴは彼を放っておいた。

「⽼⼈は恐れを知らなかった」

フィリップは従順なふりをしたが、⾔いたいことはすべて⾔ってきた。

そのため、ヒューゴがフィリップに会うたびに、彼はいつも汚物のように感じていた。

 



 

「なぜ老人は嘘をついたのですか?」

ヒューゴはフィリップに、真実を⾔わなければ刑務所で腐らせてしまうと脅した。

その状況を避けるために嘘をついたフィリップの精神は並外れたものではないだろうか。

しかし、論理的な⾯では、ヒューゴはそれが可能であると判断する。

フィリップが誰も真実を知らない秘密について嘘をついたかどうかは誰も知らず、そしてそれを証明できる唯⼀の⼈はヒューゴだったが、彼はそれを⾮常に避けていたので、フィリップが⾔ったかどうかを知る⽅法はなかったのだ。

ヒューゴはフィリップを捕まえて引きずり出したとき、⼼を失う⼨前だった。

もしも、フィリップが当時のヒューゴの精神状態を分析し、意図的に計算上の嘘をついたとしたら・・・。

「彼は狡猾で頭が良いと呼ばれなければなりません」

ヒューゴは、⼝を開けるたびに家族の⾎統について話している迷惑な⽼⼈だとしか思っていなかった。

ヒューゴはフィリップの評価を修正する。

「彼は私が思っていたよりも危険な野郎かもしれない」

ヒューゴは、自身の性格が⼈々に対する警戒を簡単に緩和するものではないことをよく知っていた。

しかし、結局、彼はフィリップとの警戒を緩めている。

それは、フィリップがヒューゴの警戒の境界を引き起こさないようにすべてに注意を払ったことを意味した。

「問題は、どうやってビビアンが妊娠できたのかということです。⽼⼈はどんな計画を・・・」

[あなたが私を探す⽇が来るでしょう]

ヒューゴは突然頭を上げる。

ナンセンスとして却下した⽼⼈が残した⾔葉は、新しい意味で訪れた。

「私たちがロームに滞在したとき・・・」

ヒューゴは、フィリップが妻の医者を治療法で誘惑することによって妻に近づこうとしたことを思い出す。

今考えれば、それは奇妙だった。

フィリップの⽬的が純粋に患者を治療することであった場合、彼はヒューゴに話すだけで⼗分なのだから。

ヒューゴはフィリップそのものを嫌っていたが、フィリップが妻を患者として扱うように求めた背後にある意味を絶対に無視していなかったでしょう。

しかし、当時、フィリップはヒューゴの⽬を避けなければならないかのように⾏動していた。

「治療は⾔い訳だったかもしれません。あの⽼⼈はビビアンに会いたがっていた。なぜ?」

フィリップが妻と会う計画は阻止している。

しかし、フィリップは執拗な⽼⼈だ。

何よりも、ヒューゴはタランの⾎統に対する⽼⼈のたゆまぬ執着を認めた。

フィリップが諦めずにトリックを引き続けたのではないかと彼が疑うのは⼗分な理由でしょう。

 



 

「⾷べ物か?」

考え直してみると、フィリップが⾷べ物に関して何かを引っ張るのは難しいでしょう。

⾷材はジェロームによって徹底的に監督されており、ジェロームが疑わしいものが中に追加されているかどうかを知る⽅法はない。

唯⼀の可能性は、ジェロームがフィリップと同盟を結んでいたこと。

しかし、その可能性は排除された。

ヒューゴは⼈々に懐疑的だったが、彼が彼らを信頼すると、彼らの裏切りの証拠が確認されるまで、彼は彼らを疑うことはない。

ジェロームは細⼼の注意を払っていた。

ヒューゴはジェロームが彼の仕事をどのように扱ったかを信頼している。

「⽼⼈が何かを引っ張ったと仮定すると、彼はその成功を予測した。彼は私の妻が妊娠するだろうと思っていた・・・」

[あなたが私を探す⽇が来るでしょう]

「なぜ彼は私にそれを⾔ったのですか?」

妻が⼦供を産むことがフィリップの願いであるならば、彼が⼝を閉じていたとしても彼の⽬的は達成されることができたはず。

むしろ、それはフィリップが妻に何かをしたと告⽩するようなものだ。

「⾚ちゃんが⽣まれたとき、彼は⾚ちゃんに何かをしようとしているのか?」

たとえ⼦供が⽣まれたとしても、ダミアンの花嫁が実現することについてのフィリップの目的は達成されない。

それはフィリップも分かっているはずだ。

の妻の周囲は、侵⼊できない安全の下に配置されている。

あの⽼⼈は無謀なことを試みる人物ではない。

彼の頭の中に突然思いが浮かんだ。

「彼は私が会うことを求めていますね?」

ヒューゴは残酷に微笑んだ。

「彼が私を呼んでいるようです」

ヒューゴは笑い出した。

濃厚な殺意に満ちた笑みで。

「さて、⽼⼈。あなたがどんな戯⾔をしているのか聞いてみましょう」

ヒューゴはディーンを呼ぶ。

「私たちが⾸都に急いで戻る前に野蛮⼈を征服している間、私たちが基地として使⽤した村を覚えていますか?」

「はい、陛下」

「フィリップ。彼を覚えていますか?」

「はい」

「彼がまだその村にいるかどうかは分かりませんが、そうでない場合は、近く全体を捜索してください。彼の状況に関係なく、可能な限り速い速度で⽼⼈をここに連れてきてください。あなたは彼の命を救う必要があるだけです」

ディーンは命令を受けてすぐに北に向かった。

 



 

確かにフィリップの目的がルシアの子供だった場合、ヒューゴに伝える必要はないですよね。

ルシアの体に別の異変が起きる可能性があるのでしょうか?

フィリップの行方も気になりますが、まずはルシアとヒューゴの会話に注目です!

ルシア【197話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は197話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...