ルシア

ルシア【195話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は195をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

195話ネタバレ

ルシア【194話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は194話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 妊娠の知らせ

ヒューゴは今⽇早く帰宅し、彼に会いに来たジェロームに迎えられた。

ルシアがまだ眠っているとジェロームから聞いたとき、彼は眉をひそめる。

「彼⼥は病気ではありませんか?今⽇は医者に診てもらうように頼んだはずだが」

「医者が奥様についてあなたに会うように頼んでいます」

ヒューゴはすぐに医者のところに向かう。

医者は緊張していた。

彼⼥が⽐較的快適に直⾯することができた公爵夫人とは異なり、公爵は彼らが会うたびに彼⼥を緊張させていたのだ。

彼⼥は、この2⼈が本当に結婚しているという事実に何度も畏敬の念を抱いている。

「奥様は妊娠していると思います」

夫に⾔うかどうかについてのルシアの⼼配は役に⽴たなかった。

ルシアは、まだ夫に知らせないように医者に⾔うのを完全に忘れていたのだ。

医者は働き始めて以来、彼⼥は毎回公爵夫人の治療結果を公爵に報告していて、今回もそれについて何も変わらないと考えていた。

「・・・何?妊娠中ですか?それは⼦供を意味しますか?」

「完全に確実ではありませんが、奥様の症状は妊娠の典型的な証拠を⽰しています」

医師は、ルシアが今⽇王宮の宮殿の看護師によって診断されたこと、そして彼⼥の奇妙な症状が妊娠の初期兆候と同期していることを説明し続けたので、公爵夫人の妊娠はかなり確実でしょう。

そして、ヒューゴは黙って妊娠中の⺟親の⼼理状態と取るべき予防措置についての医師の説明を聞いていた。

「妊娠ではない可能性はありますか?」

医者は、⽗親になるという知らせを聞いて、普通の⼈とはまったく違う反応をする公爵を注意深く見守る。

夫婦の関係が良すぎると、⼦どもの存在を好意的に⾒ない夫がいると聞いていたので、ここもそうだと考えたのだ。

「⾮常に稀にしか発⽣しない状態があります。それは想像妊娠と呼ばれます。それは⼥性が必死に⼦供を欲しがっているときに起こります。この状況では、彼らは妊娠の症状とほとんど同じような症状を経験します。しかし、私が⾔ったように、それは⾮常に稀です。奥様は普段、⼦供にとって悲しんだり焦ったりすることはないので、ここでは当てはまらないと思います」

 



 

ヒューゴの表情は外⾒は全く変わらなかったが、実はとても慌てていた。

彼はどこからともなく叩きつけられたかのように頭が真っ⽩で、それ以上深く考える余裕がなかった。

「・・・⼦供がいることをいつ確実に知ることができますか?」

「その頃に胎児の動きがあるので、最も決定的な期間は約5ヶ⽉です。奥様は2ヶ⽉しか経っていないと思います」

ヒューゴは少し眉をひそめる。

医者によると、確実に知ることができるまで、さらに3ヶ⽉が必要だということ。

それは長すぎた。

「私はすでに奥様に彼⼥がとる必要のある注意について知らせました。そして、旦那様は寝室の関係について特に注意しなければなりません。したがって、彼⼥が決定的な安定期に達するまで、寝室の関係は3か⽉間禁⽌されています」

「何!?」

ヒューゴは、この世の終わりのように叫んだ。

 



 

疑わしい場合は、最悪の事態を想定してください。

それは、ヒューゴが判断を下そうとするときに常に守ってきた原則。

妊娠を最悪だと思ったのは誤解だと⾔ったが、妊娠は確実だという前提で、どうして起きてはいけない現象が起こり得るのかを考え始めた。

彼はすべてを⼀つずつ調べることに。

「私の妻は、彼⼥の状態は彼⼥が⼦供を産むことができないことを意味すると⾔いました」

彼の妻は、⽉経がないために⼦供を産むことができなかったと⾔ったので、彼⼥は不妊の状態のはず。

同時に、妻はいつでもそれを治療できるように治療法を知っていると話していた。

妻が治療したかどうかの問題は⼆次的な問題でしょう。

いずれにせよ、ヒューゴは前提を刷新し、妻が⼦供を産むことができる普通の⼥性であることに基づいた。

彼⼥が⼦供を産むことができるかどうかは、ここでは重要なことではない。

問題の核⼼は、タラン家の奇妙な⾎統であるヒューゴ⾃⾝なのだから。

『血統を絶やしてはいけません・・・』

フィリップがずっと前に⾔った⾔葉を思い出す。

当時、フィリップの⾔葉に疑いの余地はなかった。

当時、ヒューゴの家族に対する憎しみと嫌悪感は極度に達していたので、フィリップが話していた反抗的な⾎液摂取⽅法は完全に⼀致していると考えていた。

他のすべてを徹底しているにもかかわらず、ヒューゴがフィリップが本当に真実を語ったかどうかを再考しなかった理由は、彼がそれについて考えさえしたくなかったから。

「血統?馬鹿げている」

合理的に考えて、ヒューゴはフィリップが当時⾔ったことと当時の状況を分析した。

フィリップは意志の強い⽼⼈だ。

家族の秘密を正直に明かすというよりは、⾸を差し出す方が彼の性格上だと相応しいでしょう。

「あの男は私に嘘をついたのか・・・」

ヒューゴは冷たい笑顔を浮かべる。

 



 

ヒューゴがルシアの妊娠を知りましたね。

想像妊娠の可能性もありますが、フィリップが関わっている以上、妊娠は確実でしょう。

ルシアを疑うのではなく、フィリップを怪しんだヒューゴ。

フィリップとの再会も近いかもしれません。

ルシア【196話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は196話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...