ルシア

ルシア【193話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は193をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

193話ネタバレ

ルシア【192話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は192話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 鮮やかな夢

ルシアは未知の森を歩いていた。

森は⾼くそびえる⽊々で密集していたが、周囲はまったく暗くない。

裸⾜だが、⾜の裏に触れる柔らかい苔はくすぐったい。

彼⼥は魔⼥のように森の中を歩いた。

⼀歩踏み出すたびに、密集した茂みと枝は、まるで彼⼥のために道を譲るように脇に移動する。

「ああ・・・」

ルシアは⽬の前の広場を⾒て口を開く。

居⼼地の良い巣のような⼩さな円の形をした空間。

⾜⾸をかろうじて通り過ぎた浅い植物が絨毯のように広がっていた。

そしてその真ん中には、明るい⽇差しの下に⽴っている⼀本の⽊が。

まるで世界で唯⼀の⽊であるかのように、神聖な輝きを放っている。

近づくと、ルシアは⾒慣れない⾚い実が⽊からぶら下がっているのを⾒た。

とても綺麗だったので⽬を離せない。

それを摘んでポケットに⼊れたかが、それがあまりにも貴重に⾒えたので出来なかった。

少しの間⽊の周りを⼀周し、それから彼⼥は⼿を伸ばして⾮常に⾚くて美しい滑らかな果物に触れる。

彼⼥はそれを掴んで引っ張った。

果物が⽊を離れて完全にルシアの⼿に渡った瞬間、明るい光が突然果物から⾶び出す。

ルシアの⽬が瞬き開くと、周りの景⾊は馴染みのある寝室で、朝の光が染み込んでいた。

「夢・・・?」

⽬の前にあるような、鮮やかな夢だった。

元旦の朝、しばらくの間、⽬を開けてベッドに横になったという不可解な奇妙な気持ちに魅了されることに。

 



 

「・・・様、奥様」

ルシアが⽬を開けると、彼⼥のメイドがベッドの隣に⽴っていた。

朝遅く、正午まであと2時間。

最近、彼⼥は事実上毎⽇寝坊していた。

今⽇は通常の起床時間の3時間過ぎ。

ルシアは今⽇、⼥王と⼀緒に昼⾷をとる予定だったので、昨⽇、彼⼥はメイドに寝たら⽬を覚ますように頼んでいたのだ。

「奥様、顔を洗うために⽔を持ってきましょうか?」

「うーん、お願い」

メイドが振り返って去った後、ルシアは⼤きくあくびをしながら伸びをする。

「なぜ私はこんなに疲れているの?」

普段はメイドが起こさなくても早く⽬が覚めるのに、最近は⽬を開けるといつも朝遅く、それでもぐっすり眠れなかった。

さらに、彼⼥は数⽇間昼寝をしている。

寝る回数が増えすぎて、季節の移り変わりで春の熱とは思えなかった。

また、季節に敏感なタイプでもない。

ベッドから起き上がろうとしていたが、ルシアは凍りつき、胃を掴んで⾝を乗り出す。

下腹部がひどく引き締まり、鋭い痛みの刺し傷を感じたのだ。

しばらくすると痛みはすぐに消えたが、ルシアの表情は優れない。

彼⼥の胃はここ数⽇間このように痛んだが、彼⼥には心当たりがなかった。

痛みはそれほど⻑くは続かなかったが、それは彼⼥を悩ませ続けている。

「宮殿から戻ったら、医者に連絡しなければなりません」

遅く⽬が覚めたので宮殿に⾏く準備をする時間があまりなかったので、医者に連絡することは午後に押された。

特に病気ではなかったので、医者に連絡する必要があるとは思っていなかったが、夫は自分の健康に⾮常に敏感だ。

彼⼥が症状を無視し、それが深刻なものに成⻑した場合、医者は彼らの仕事を失うでしょう。

 



 

「しかし、アンナはいい医者でした」

アンナを⼿放した後、ルシアは何⼈かの医者を経験するようになり、アンナがスキル的に能⼒があるだけでなく、彼⼥が積極的に患者を治療しようとしているという点で他の医者とは異なっていることに気づいた。

その後に連れてこられた医師たちは、それが彼らの診断または処⽅薬であったかどうかにかかわらず、彼らがそれを安全にプレイしようとしていたことは明らかだ。

これらの医師と、ルシアは正式な雇⽤者と従業員の関係を維持している。

それ以上でもそれ以下でもない。

顔を洗い、着替えをしていると、待機していたメイドが口を開く。

「奥様。旦那様が朝出発する前に、旦那様は医者にあなたを⾒るために呼ばれるように頼みました」

ルシアは昨夜彼⼥に⾔ったことを思い出し、笑いだす。

[ここ数⽇、少し熱が出たと思います。明⽇医者に⾒てもらってください。⾵邪を引いているかもしれません]

「宮殿から戻ったらすぐに診察を受けます。医者にそのことを伝えてください」

「はい、奥様」

 



 

夢の内容が気になりますね。

ルシアが手にした果実の正体は?

そして、現実で訪れるルシアの体調不良。

少し不穏な雰囲気が流れています・・・。

ルシア【194話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は194話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...