ルシア

ルシア【191話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は191をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

191話ネタバレ

ルシア【190話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は190話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 夢の中の公爵夫人

「公爵夫⼈、お元気でしたか?」

「伯爵夫⼈、お久しぶりです」

グレン伯爵夫⼈は、⺟親の病気のため、しばらくの間、⾸都から離れた実家にいた。

伯爵夫⼈の帰国は、⺟親の病気が良くなったためか、悪化したためであり、後者の場合の可能性が⾼いでしょう。

予想通り、ルシアが尋ねると、伯爵夫⼈は鈍い笑顔で答える。

そして、挨拶を終えた後、伯爵夫⼈は隣に⽴っていた令嬢を紹介した。

「彼女は私の故郷からの私の遠い親戚です」

パーク男爵の娘であるソニアの紹介を聞くやいなや、ルシアの表情は固まる。

(彼⼥はあの⼥性です)

夢の中で夫の妻だった⼥性。

「お会いできて光栄です、公爵夫⼈」

彼女はキュートで陽気な笑顔と巻き⽑の若い⼥性だった。

ルシアが覚えていたソニアとは違って、彼女は恥ずかしそうに微笑む。

それは、ルシアの夢の中でパーティーやイベントを席巻した⼈物とは⾮常に対照的。

指先から体が⽯のように冷たくなったように感じる。

マートン伯爵に出会ったとき、彼⼥はこれほど恐ろしいと感じたことはなかった。

それは別の未来だが、それでも夫が個⼈的に選んで結婚した⼥性。

夫と公爵夫⼈の関係が夢の中でどのようにあったかを知る⽅法はない。

噂のように単純な契約結婚だったのかもしれないし、それよりも親密な夫婦だったのかもしれない。

それは現実には決して実現しない未来。

それを知っていたにもかかわらず、⼝の中で酷く苦い味がした。

迎えに来た夫と⼀緒にいるが、ルシアの気分は落ち込んだまま。

「ビビアン、何かあったのか?」

ルシアはただ⾸を横に振っただけ。

彼⼥は理由もなくヒューゴに腹を⽴てていた。

⼝を開けたら彼にイライラするような気がした。

「今日は疲れたので、早く寝ます」

ヒューゴは、妻がいつもとは違う⾏動をしているのを⾒て、しばらくの間妻を⼀⼈にした。

彼⼥が⽬覚めたときに「尖った」ままでいるならば、彼⼥がなぜそのようであったかを徹底的に掘り下げようと考えて。

 



 

ルシアが⽬を開けたとき、周囲は暗かった。

涙が流れなくなるのを拒み、全⾝が震える。

ヒューゴは冷たい表情で自分の前から立ち去っていく。

夢だけど、そのシーンを思い出すと、鋭い千枚通しが⼼臓に刺されて息ができなくなったような感覚に陥る。

⼿探りでベッドを這い下りた。

「彼に会わないと・・・。彼はどこにいるの?」

寝室のドアを騒々しく開けて⾛るが、頭の中は彼に会うことだけを考えていた。

誰かが自分を呼んでいるように感じたが、上手く聞き取ることができない。

夫のオフィスのドアを開けて急いで⼊るとすぐに、彼⼥は彼が机の後ろで横を向いて座っているのを⾒つけた。

彼が驚いた顔で振り返るのを⾒たとき、ルシアは⾜の⼒を失い、床に沈んだ。

その時ようやく、彼⼥の胸に空気が溢れ出て、⾛ることによる息切れが落ち着いた。

両⼿で床を押し、息を切らしながら胸を上下に動かす。

⼤きな⼿が彼⼥の肩をつかみ、ルシアを持ち上げた。

「ビビアン、どうした?」

ヒューゴは瞬く間にルシアに近づき、彼の馴染みのある匂いは彼⼥に安堵と不安感を与える。

突然涙がルシアの⽬に溢れ出た。

自分を⾒つめているヒューゴの⾚い瞳が⼤きく揺れ、彼はルシアを強く抱きしめる。

「何があった?」

柔らかくなだめるような声。

ルシアは顔を胸の奥深くに埋め、肩を上下に動かした。

ヒューゴは抱擁の中で彼⼥の体が震えるのを感じ、彼の顔⾊は固くなる。

「医者を呼べ!」

使⽤⼈が何をすべきか分からずに⽴っているのを⾒て、ヒューゴは怒鳴り、彼の苛⽴ちは急上昇した。

ジェロームを探すが、彼は対処する問題を抱えていたので⼀時的に離れていたことを思い出す。

ルシアは、激しく頭を前後に振った。

ヒューゴは話す前に彼⼥を腕にしっかりと抱きしめる。

「医者を呼ばない方がいいのですか?」

彼女は返事をせずに頷く。

ヒューゴはため息をつき、彼⼥の素⾜を発⾒して眉をひそめた。

彼⼥が着ていたナイトウェアでさえ、それほど厚くはない。

彼は集まってきた⼈々に去るように⾝振りで⽰す。

それからヒューゴはルシアをしっかりと抱きしめ、彼⼥をすくい上げた。

 



 

彼⼥を腕に抱いてソファに座り、⽑布で彼⼥を覆い、まだ頭を胸に埋めていたので彼⼥の髪を優しく撫でる。

⼿を背中に押し付け、優しく撫でた。

背中に⼼地よい圧⼒を感じて、ルシアの感覚はゆっくりと戻っていく。

しかし、再び流れる涙を⽌めることができない。

ヒューゴは涙で濡れたルシアの⽬と頬にキスをし続けた。

涙が流れ続けた。

夢の残されたイメージはまだルシアの頭の中にあり、彼⼥を苦しめていた。

(私を見捨てないで!)

口から出ない悲鳴の代わりに、ルシアは夫の服を握りしめる。

「何が起こっているのですか?教えてくれないと私は分かりません。ビビアン、泣かないで。何がいけないのか教えてください」

ヒューゴの低い声は⼼配に満ちていた。

ルシアは頭を胸に埋めて泣き続けた後、疲れ果てて眠りにつく。

ヒューゴは妻を寝室に運び、寝かせようとしたが、不安そうに服をしっかりと握っていた⼿を離したくなかった。

使⽤⼈に⾃分の書類を寝室に持っていくように指⽰し、それから彼は⽚⽅の腕で妻を胸に⽴てかけ、もう⽚⽅の腕で書類を⾒ることに。

 



 

夢の中のヒューゴの妻が登場。

ヒューゴがソニアと結婚した理由も気になりますね!

これが良くない前兆に思えて不安になります・・・。

ルシア【192話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は192話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...