ルシア

ルシア【190話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は190をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

190話ネタバレ

ルシア【189話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は189話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • とある噂

⼀⽇の時間を知らせる⽇光が部屋の中を照らし、寝室の隅まで照らす。

ヒューゴは満⾜感に満ちていた。

朝の時間は既に過ぎている。

ルシアはすでに朝の運動で疲れていて、全⾝が気怠く感じられていた。

「ヒュー、もう止めましょう。準備をして外出する必要があります」

そう告げるにもかかわらず、ヒューゴはルシアの体全体にキスを植え続けていた。

「ヒュー」

「分かりました」

彼は最後の仕上げをするように彼⼥にキスをする。

 



 

「⼣⽅にお迎えに行きます」

「そんなに遅くはないでしょう。場所も邸宅からそう遠くありませんから」

ヒューゴは返事をせずにベッドから降りて、ローブを着た。

ルシアは彼を⾒て少しため息をつく。

⽉に2、3回、⼣⽅の予定があれば、ヒューゴはいつも迎えに来てくれた。

彼が自分を迎えに来るのを嫌がったわけではない。

本当に違うのだが・・・。

ヒューゴの⼿は突然彼⼥のあごをつかみ、彼⼥の顔を上に持ち上げ、ルシアを驚かせた。

「なぜ毎回来ないように⾔ったのですか?」

彼の赤い瞳は冷たかった。

「前回、私は間違いなくあなたを迎えに⾏くつもりだと⾔いましたが、私が少し遅れてだけにもかかわらず、あなたは先に帰宅しました。私が⾏ったら⾯倒なことはありますか?」

ルシアは彼が明らかに不満そうだったことを理解する。

「・・・噂のせいです」

「噂?」

ルシアは、特別なイベントに参加しなければならない場合を除いて、夫が同伴しないパーティーには参加しなかった。

お茶会などの簡単な軽⾷を伴う懇親会以外のイベントには参加していない。

珍しい夜の集まりがあった場合、夫はいつも自分を迎えに来てくれた。

そのため、夫婦についてゆっくりと噂が⾶び交うことに。

もっと正確に⾔えば、タラン公爵を狙った噂が。

彼らはタラン公爵が妄想的な嫉妬を持っていると囁き、公爵夫⼈を監禁していると噂したのだ。

間接的に冗談だと思っていたが、その噂は直接ルシアの耳に入ってしまう。

彼女は⾃分の⽿を信じることができず、完全に⾔葉を失った。

「妄想嫉妬!?監禁!?それはどんな馬鹿げた発⾔ですか!?」

ルシアは混雑した会場やイベントを避けるタイプだ。

だから、あまりパーティーに参加しなかったが、遅くなると、⼼配して夫が迎えに来てくれただけのこと。

怒りに震えていたルシアを⾒ると、ヒューゴは⼤したことではないと⾔う表情を浮かべていた。

 



 

「監禁ね・・・」

出来ればそうしたかった。

ルシアが今彼の⼼を読むことができれば、彼⼥はショックを受けるでしょう。

しかし、ヒューゴは真っ暗な考えを明らかにするという愚かな過ちを犯さない。

ヒューゴの神経は、彼の妻を嘲笑していたすべての男性を封じ込めていたために、ぎこちなくなっていた。

公爵に対処するための陰謀など、⼤きな⽬的ではない。

ロマンチックなラブレターを交換することは、この国で普通のこと。

そのようなことは事件として数えられなかった。

ルシアは何も知らないが、ヒューゴは彼⼥に花や⼿紙を与えるためのかなり男性がいることを傍受していたのだ。

彼⼥を悩ませている全てのろくでなしを⼀つずつ拾い上げて、それらを粉砕したかった。

しかし、そのようなことをすることは、彼を⾼等社会で妄想的な嫉妬を伴う夫として認定されるでしょう。

ビビアンは毎⽇満開の花のように咲いていた。

⼀⾒、彼⼥は無実のように⾒えたが、時には成熟した⼥性のように⾒えたり、純粋な⼥の⼦のように⾒えたりする。

彼⼥が最⾼のドレスやジュエリー、そして染み出した魅⼒で飾られているのを⾒て、男性が彼⼥に⽬を引くのは当然のことだった。

ヒューゴはルシアの⾸を抱えて激しくキスをする。

彼は唇を彼⼥から外し、彼⼥の瞳を⾒て、急増する欲求をかろうじて抑える。

「ビビアン、あなたはあなたのメイドを連れて⾏きますよね?」

「私はいつもメイドを連れて⾏きます」

「二人」

「ええ。あなたも知っている二人です」

事件の後、ルシアはいつも2⼈のメイドと⼀緒にいた。

「護衛から離れないでください」

「分かっています」

「私は少し遅れるかもしれません。私はあなたを待っています。他の⼈と話をしないでください」

「もう、しつこいわよ」

夫の心配性な発言に、ルシアは爆笑する。

 



 

噂があながち間違っていないのが面白いです(笑)

ルシアへ手紙を送っている男性たちの手紙が彼女へ届くことは一生ないでしょうね。

ルシア【191話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は191話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...