ルシア

ルシア【188話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は188をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

188話ネタバレ

ルシア【187話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は187話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 呪われた血

ヒューゴは、いくつかの適切な真実と嘘を混ぜ合わせることによって、タラン家の状況をルシアに説明した。

いくつかの部分が明らかにされ、いくつかの部分を隠して。

近親者同⼠の関係がなければ家族を続けることはできないと明かしたが、彼はそれを異⺟姉妹ではなく従姉妹に変える。

⾎縁関係のない⼥性が⼦供を産むためには、⾎の代わりに特別なハーブを⾷べなければならないと説明した。

ルシアの表情は、彼の話を聞くと絶えず変化し、少し考えを整理した後、⼝を開く。

「息⼦を産むためには、⼥性の従姉妹と結婚しなければなりません。そうでなければ、ある瞬間から特別なハーブを取る必要があります。そして、その特別なハーブが何であるかを知っている唯⼀の⼈は、公爵の医師、フィリップ卿だけ・・・」

「ビビアン、私の言葉が信じられないことは分かっています」

「ヒュー、私があなたを信じないという意味ではありません。それじゃあ、ダミアンの⺟親はあなたの従姉妹なのですね?」

「・・・はい」

ルシアは⾮常に混乱したが、ヒューゴの言葉について考えた後、それは理に叶っていた。

彼の周りには多くの⼥性がいたにもかかわらず、彼には⾮嫡出⼦がいなかったし、彼が自分たちの最初の夜から避妊についてそれほど⼼配していなかった理由を理解することができたのだ。

(けれど、従姉妹・・・?)

キセノンの法律は、従兄弟内での⾎縁者の結婚を禁じている。

しかし、従姉妹の結婚を許可した国はかなり多い。

特に、王室は近親者間の結婚に寛容だ。

ヒューゴが従姉妹の結婚に強い嫌悪感を⽰したという事実が奇妙に感じてしまう。

彼は道徳的な規律にそれほど敏感なタイプのようには⾒えないのだから。

(従姉妹ではなく・・・、肉親の結婚だとしたら?)

そこまで考えて、ルシアはそれ以上考えるのを止める。

「ヒュー、それなら、あなたと結婚するように指名された⼥性がいるに違いありません」

「彼⼥は死にました。そして、タラン家にはそのような⼥性はもういません。タランの⾎統を残したのはダミアンと私だけです。そのような⼥性がいたとしても、私は結婚して⼦供を産ませることはありません。私の家族の⾎は私で終わらせます。この呪われた⾎統を終わらせたかったのです」

ルシアが彼⼥の複雑な感情に対処したとき、彼⼥の感覚が集中する。

ヒューゴは⾃分⾃⾝だけでなく家族にも強く幻滅していた。

彼は鋼鉄でできているように⾒えたが、実際には内心で傷ついている。

ルシアの⼼の痛みが、彼⼥を泣きそうな気分にさせた。

 



 

「あなたは呪いではありません、ヒュー。ダミアンのように美しい⼦供も呪うことはできません。ヒュー、私はあなたがこの世界にいることに感謝しています。もしあなたがこの世界にいなかったら、私はあなたに会うことはなかったでしょう。だから、私があなたを愛しているのと同じくらいあなた⾃⾝を愛してください」

自分の頭を撫でる妻の手の感触を感じながら、ヒューゴは目を閉じた。

多分、自分は死ぬまで自分⾃⾝を愛することができないでしょう。

しかし、少なくとも、彼は⾃分が⽣きていたという事実を呪うことはしなかった。

ルシアが⾔ったように、自分が生きていたから彼女に会うことができたのだから。

「だからあなたは⼦供が欲しくないと⾔ったのですね」

「ビビアン、私があなたと⼦供を欲しくないからではありません」

「はい、分かりました」

「子供を産むことができるのなら、私は子供に会いたい」

ヒューゴの言葉に、ルシアの目が輝く。

「あなたは⼦供が好きではないと⾔いました」

「確かにその通りです。ですが、あなたとの子供なら別です」

「あなたは・・・、私が私たちの⼦供と⼀緒にいたら、あなたはそれを喜んで受け⼊れたであろうということですか?」

「もちろん」

⼆⼈の間に⼦供が⽣まれることは不可能だったにもかかわらず、ヒューゴが⽗親になる準備ができていたという事実は、ルシアの⼼に⼤きな感動を与えた。

彼は⼦供が好きではなかったが、彼は自分との⼦供が欲しいと⾔ったから。

彼⼥は彼の自分への深い愛を感じる。

「ありがとう、ヒュー。私は元気です。ああ・・・、それなら、ダミアンも⼦供を持つことができないということですね。それが彼を傷つけないことを願っています」

「・・・あなたはこの真っ只中に少年のことを考えているのですか?」

「もちろん。私は彼の⺟親です。これについてダミアンに伝えなければなりません」

「私から話します」

「私が⾯倒をみます。」

ルシアはすべてのエネルギーを使い果たした。

諦めたと思っていたが、それでも自らの⼩さな⻑引く愛着を⼿放すことができなかった。

ヒューゴに自分のそのような側⾯を⾒せたくない。

だから、彼⼥は彼に明るい笑顔を⾒せようとした。

しかし、避けられない悲しみと、すべてが胸から離れていたための安堵が混ざり合って、涙が彼⼥の⽬に浮かぶ。

ルシアは涙を拭いながら笑おうとする。

「ビビアン、すみません」

「ヒュー、なぜ私に謝るのですか?」

ヒューゴは彼の⼼の痛みを感じ、彼⼥を抱きしめた。

「私は泣かないように努めていたのに、私はとても弱いです」

「ビビアン、何を言っているのですか?」

ヒューゴは深くため息をつく。

「私はあなたより強い⼥性を⾒たことがありません」

ヒューゴは泣きじゃくるルシアをしばらく黙って抱きしめた。

兄が死ぬのを⾒て、⾃分の無⼒さに挫折した時と何ら変わらない。

ヒューゴは⽣まれて初めて泣きたいと思った。

 



 

平和な⽇々があっという間に過ぎていく。

ルシアはお茶会に参加していた貴婦⼈と⼀緒に市内のパン屋に。

ここ数⽇、彼⼥は奇妙なことに⽢いものを渇望していた。

ルシアはパン屋で2枚のケーキを⾷べ、さらに数枚を持って帰る。

家に帰る途中、⾺⾞の窓の外に⼩さな雪の薄⽚が。

「大雪にならないといいのだけど・・・」

雪が積もると、⾺⾞が動きにくくなり、事故も多発した。

ヒューゴが今⽇遅く戻ってくることを知って、彼⼥は⼼配になる。

彼は国王の新しい野⼼的に形成された中央⾏政構造のリーダーとしてより多忙に。

真夜中過ぎに戻ってきた⽇は劇的に増えた。

そのため、ルシアは先に⼀⼈で寝ることが多くなる。

年が明けるまであと10⽇。

ルシアは明⽇、チャリティーパーティーでその年の社会活動を締めくくる予定だ。

残りの年は家でくつろぎながら過ごし、翌年は新年会で始まる。

「今年も終わるのね」

今年の最⼤のイベントは間違いなく、セレナ王⼥の誕⽣でしょう。

若い王⼥は、王室の夫婦と彼⼥の3⼈の兄の愛と⼼配を浴びて、美しく成⻑していた。

そして次の出来事は、キャサリンの結婚。

キャサリンは求婚者を受け⼊れ、数ヶ⽉以内に結婚したのだ。

その結婚は、ルシアが⾒た未来より1年早い。

彼⼥の結婚相⼿は外国⼈。

相手の男性は、キセノンの同盟国の侯爵としていくつかの国で称号を保持した国際的な実業家。

クェイズは結婚を許可し、キセノンに1年の1/3滞在することを条件に称号を授与した。

キャサリンは結婚の数⽇前にルシアに話した。

「公爵夫⼈、あなたが幸せそうに⾒えたので、私は羨ましかったのです。だから、結婚したかった。公爵夫⼈、私があなたのような幸せな結婚をすることができると思いますか?」

「もちろんです。あなたは幸せになります。お姉様、私はあなたを応援しています」

キャサリンは驚いた表情を浮かべた後、すぐに笑顔になる。

「ありがとう、ビビアン」

キャサリンは夫に続いて結婚し、国を去った。

彼⼥は夫の故郷に住んでいて、来年の春の終わりに戻ってくるという知らせを送っている。

ルシアが夢の中で⾒た未来は⼤きく変化した。

キャサリンの夫になったであろうアルヴィン伯爵はソフィアと結婚している。

ソフィアと結婚したであろうデカン侯爵は、妻のマーケスが亡くなった後は独⾝のまま。

ルシアはもはや夢の中で彼⼥の記憶にこだわっていない。

家に帰ると、ルシアは早く寝た。

⻑い間⾺⾞に乗っていたせいかもしれないが、とても疲れていたのだ。

 



 

ついにタラン家の呪いを告白したヒューゴ。

子供が欲しいのに出来ない苦しみは辛いですね・・・。

ルシアの子供は欲しいけれど、タランの血は絶やしたいと考えるヒューゴ。

そんな中でのルシアの体調の異変。

これはもしかして・・・?

ルシア【189話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は189話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

https://sub.tsubasa-cham.com/the-secret-of-the-hourglass-matome/

https://sub.tsubasa-cham.com/returners-magic-should-be-specia-matome/

https://sub.tsubasa-cham.com/i-became-the-wife-of-the-monstrous-crown-prince-matome/