ルシア

ルシア【187話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は187をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

187話ネタバレ

ルシア【186話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は186話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 私達の赤ちゃん

ベス⼥王が⼥の子を出産した。

ヒューゴは王と⼀緒にいたときに王⼥の誕⽣を聞く。

クェイズは王⼥が⽣まれたと聞いて⼤喜びしている。

「あはは!お姫様が生まれました!」

それは偽の笑顔ではない。

クェイズは本当に喜んでいた。

ヒューゴは、王が通りすがりに、⼥の子が欲しいと⾔っているのを何度か聞いている。

しかし、クェイズの鮮やかな喜びを⾒ると彼は奇妙に感じた。

彼にはすでに3⼈の息⼦がいるにもかかわらず、ヒューゴはもう1⼈の⼦供がいることがなぜ彼をとても興奮させているのか分からなかっただの。

「公爵、あなたの妻からの知らせはないのですか?」

「・・・まだです」

「考えてみてください。あなたがとても⼤切にしている公爵夫⼈に似た娘です。さて、私は
王女に会いに⾏かなければなりません。お姫様に。お姫様に会いに行かないと」

クェイズは午後の残りのスケジュールをキャンセルしたので、ヒューゴはいつもより早く家に帰ることができた。

 



 

⾺⾞の中では、ヒューゴは⻑いため息をつく。

王⼥の誕⽣のニュースはすぐに彼の妻に届いているでしょう。

妻が⼥王の膨らんだお腹から視線を逸らすことができない光景は、まだ彼の⼼に浮かんでいた。

[あなたの秘密を知っている誰かがあなたに苦痛をもたらすなら、あなたは誰にも⾔う必要はありません]

振り返ってみると、彼⼥は無条件の理解を⽰した。

彼⼥は自分が⼦供を望まなかった正確な理由を尋ねず、彼⼥はただそれを受け⼊れた。

[・・・ですが、秘密はあなたに苦痛を与える可能性があります]

[それが起きたら、私はあなたに答えを求めます]

彼の妻は嘘をついていた。

自分の秘密がどれほどの苦痛を彼⼥に引き起こしたとしても、彼⼥はそれを⼀⼈で飲み込むタイプであり、答えを求めて自分にしがみつくことは決してないでしょう。

「私は・・・、彼⼥に⾔わなければなりません」

 



 

ヒューゴが家に帰ったとき、妻は外出していた。

彼⼥が今⽇出席すると⾔ったお茶会はまだ終わっていないようだ。

ジェロームに妻が戻ってきたときに自分に知らせるように頼んだ後、彼は自分のオフィスに⼊った。

その後間もなく、妻が戻ってきたという報告を受けたので、ヒューゴは彼女を出迎える。

「ヒュー、どうしてここに?」

ルシアは思いがけない贈り物を受け取ったかのように幸せそうだった。

彼⼥は明るく微笑んで彼の腕に寄り添う。

「ビビアン、ティーパーティーは楽しかったですか?」

「少しだけ」

ルシアは彼の先導に従って応接室に⼊り、ソファに腰を下ろした。

「ヒュー、なぜ今⽇は早く戻れたの?」

「すでに聞いていると思いますが、王女が生まれました」

「ああ、それは素晴らしいことです。キャサリン王⼥は、⾚ちゃんは⼥の⼦がいいと何度も⾔っていましたから」

そして毎回、ルシアはキャサリンに「それは美しい王⼥になるだろう」と答えている。

「陛下も幸せそうだった」

そう言ってヒューゴは静かになり、会話は⼀瞬終わる。

このような彼を⾒ると、ルシアは彼が話すのが難しい何かがあると感じることができ、彼⼥の⼼に⼼配が浮かび上がった。

「ダミアンには何も起こらなかったでしょう?」

「・・・なぜダミアンが?」

「⽣まれたばかりの⾚ちゃんについて話していたので、私の⼼はダミアンに⾏きました」

「少年は元気です。彼には何も起こりません」

「それなら安心しました。」

時間が経つほど、ヒューゴは彼⼥に惹かれていた。

妻は自分より⼩さくて弱い。

けれど、彼は弱い⽴場にあり、妻の気分に合わせることも。

しかし、最⼤の問題は、それがまったく悪く感じられなかったということだ。

ヒューゴは頭を前に出し、ルシアに短いキスをする。

彼⼥の⽬は円を描くように広がり、微笑むにつれて彼⼥の⽬は美しく曲がった。

彼⼥の笑顔はとても綺麗だったので、ヒューゴはもう数回彼⼥にキスせざるを得なくなる。

⽣まれたばかりのお姫様の話をしていても、妻は機嫌が良さそうだった。

彼⼥の明るい笑顔は彼の⼼配事の反対であり、ヒューゴを元気づける。

「⾚ちゃんといえば・・・」

「⽣まれたばかりのお姫様のことですか?」

「いいえ。私達の⾚ちゃんです」

ルシアは彼⼥の⽿を疑う。

彼⼥は「私たちの⾚ちゃん」という表現が夫の⼝から来たとは信じられなかった。

⼼が⼤声でドキドキし、ルシアは神経質な息を飲み込んだ。

彼⼥の表情は、ほんの少し触れるだけで割れるようなガラスのようなものに。

「私はずっと前にあなたに⾔いました、私には誰にも⾔えない秘密があります」

「・・・はい」

「私はまだそれについてあなたにすべてを話すことができません。ですが、私はあなたがそれのいくつかを知っているべきだと思います」

そして、ヒューゴは沈黙した。

ルシアが何かを⾔うのが難しいと初めて感じる。

「あなたはそれを⾔う必要はありません」と⾔いたかった。

しかし、それを言うことはできない。

そしてその瞬間、彼は⼝を開けて厳粛な⼝調で話し始める。

「ビビアン、私はあなたに⼦供を与えることはできません。タラン家は呪われた家族なのです」

 



 

男の子3人の後に女の子が生まれたクェイズ。

お姫様を溺愛するのは確定でしょう(笑)

そして、ついにヒューゴがルシアに告げましたね。

子供ができないという言葉を、ルシアはどう受け止めるのでしょうか?

 

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...