ルシア

ルシア【186話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は186をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

186話ネタバレ

ルシア【185話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は185話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • マートン伯爵への対応

ヒューゴはすぐにマートン伯爵に関する詳細な調査報告を⼿にした。

読めば読むほど、その⽂書はより不快になり、ますます不快になる⽂書をめくりながら、彼は舌打ちする。

最初の結婚で、彼は5年後に離婚した。

2回⽬の結婚では、妻の実家が問題を起こし、約1か⽉で結婚を無効に。

そして3回⽬の結婚は、数か⽉前に離婚で終わった。

そして、伯爵が4回⽬の結婚のために王室に女王を要求したのは、ちょうど1か⽉前のこと。

貴族が離婚することは珍しいことではないが、伯爵は限度を超えていた。

彼の公式の⼦供たちは3⼈の息⼦。

最初の妻から⽣まれた⻑男と、婚外の⼦供だった次男が、最初の妻によって法定登録されている。

三男は最近離婚した妻から⽣まれ、⾮嫡出⼦がさらに数⼈いた。

男はゴミだったが、持参⾦をかなり提供したので、クェイズが彼の要求を受け⼊れる可能性は高いでしょう。

クェイズは彼の⾎縁として同じ⺟親、キャサリンを認めただけ。

兄弟は彼が可能であれば殺したいと思っていた敵であり、姉妹は王宮の予算を⾷い尽くしている重荷と考えている。

彼がマートン伯爵の提案を受け⼊れて結婚を推し進めるとすれば、ターゲットは今年18歳になったセシル王⼥でしょう。

「ビビアンは、この男が王室に要求することをどうやって知ったのですか?」

ヒューゴはしばらく疑問に思ったが、その考えはすぐに終わる。

それは、別の考えが思考を占めたから。

ビビアンが⾔ったように、もし彼⼥が宮殿に留まっていたなら、このろくでなしと結婚する王⼥は彼⼥だったでしょう。

ビビアン王⼥がこのゴミの妻に。

馬鹿げたように感じる。

それは起きない出来事だったが、起きたかもしれないという可能性がヒューゴを氷のような怒りで燃やし尽くす。

ヒューゴは妻の要求にどう対処するかを慎重に考えた。

すでに王室に送られた要求を詮索するのは⾮常に⾯倒だ。

王に尋ねることは、王が要求をするための別の機会を⽣み出すだけであり、彼は王が何を求めるかを知りたくもない。

ヒューゴはファビアンに連絡し、彼に命令を出した。

「この男を追い払ってください。彼を私の視界に⼊れたくない」

「複雑にでしょうか?それとも単純にでしょうか?」

「単純に」

「かしこまりました。ですが、閣下が以前に⾒つけるように私に命じたペンダントについて謝罪いたします。まだ⾒つけられておりません」

ファビアンは、彼の主人がずっとペンダントについて⾔及していなかったので、報告をするために公爵邸に来るたびに不安だったのだ。

「うーん?ああ、それはもう止めて構わない」

ヒューゴは、ペンダントを探す必要がなくなったことを忘れていた。

しかし、彼はそれを熱⼼に探していた⼈々を気の毒に思っていない。

正確な状況を知らなかったファビアンは、彼が叱責されなかったことをただ喜んだ

そして約1週間後、マートン伯爵は⾺⾞の転倒事故で亡くなる。

 



 

ヒューゴはマートン伯爵の死についてルシアに知らせた。

もちろん、彼はそれが彼の命令の下で起こったとは⾔わない。

「ビビアン、私はあなたの要求を処理することを調べました。そして、彼が事故で死んだことを知りました」

彼の反応は、まるで死んだ未知の野良⽝であるかのように冷淡。

ルシアは理解した。

彼にとって、マートン伯爵は本当に何でもない存在だったことを。

「・・・事故?」

信じられなかった。

夢の中で彼をどれだけ呪ったのだろうか?

たとえ罰せられたとしても、彼の死を嘆願し、懇願した。

「彼が死んだのは衝撃的ですか?」

「・・・ショック?ええ、そうですね・・・」

「どうして?」

「・・・あなたが彼を殺しても、彼は死なないだろうと思っていましたから」

悪が溢れる世界で、マートン伯爵のような人物は汚物に他ならない。

しかし、彼女がそのようなことを知る必要はなかった。

「彼はすでに死んでいます。それについて考えるのをやめなさい。王⼥は⾔うまでもなく、彼は今誰とも結婚することはできません」

「・・・そうですか。あ・・・」

突然何かに気づいたルシアは声を出して疑問を口に出す。

「それじゃあ、伯爵家はどうなるのでしょうか・・・?」

「彼には息⼦がいるので、彼の息⼦が称号を継承します」

「離婚した伯爵夫⼈には幼い息⼦がいます」

マートン伯爵が亡くなったため、反逆罪に巻き込まれてマートン家が絶滅した未来が変わり、ブルーノが外国に逃げる未来も変わるでしょう。

彼はまだ幼い⼦供で、⺟親の抱擁を必要としていた。

称号を受け継ぐことになっていたマートン伯爵の⻑男は、弟を気遣い、世話をするようには⾒えない。

「伯爵夫⼈が望むなら、私は彼⼥の息⼦が彼⼥の実家に連れて⾏かれるように⼿配することができます」

ヒューゴは⼼の奥底で苛⽴ちを抑え、優しく提案した。

彼女の注意が自分以外に向けられるのが気に入らない。

彼女の全ての注意が自分に向けられることを、彼は望んでいた。

伯爵夫⼈が再婚した場合、彼⼥の息⼦は重荷になるでしょう。

そして、伯爵夫⼈が息⼦を選んだ場合、息⼦が⼤⼈になるまで、少なくとも10年間は再婚できないはず。

貴婦⼈が⼦供のために⾃分を犠牲にすることはあまりない。

伯爵夫⼈は、息⼦よりも⾃分の幸福を最初に考える傾向があった。

「本当に?本当にできるのですか?」

妻の煌めく瞳を⾒て、ヒューゴは笑顔を浮かべる。

彼の妻は自分を過⼩評価する傾向があった。

この世界で彼ができないことはほとんどない。

唯一できないことは、死者を蘇らせることができないことくらいでしょう。

「ええ。だから今は忘れてください。そして、これらのことについてはもう⼼配しないでください」

「はい」

ルシアはまるですべてを振り払うかのように優しく微笑んだ。

 



 

その綺麗な表情に、ヒューゴは彼女の柔らかい頬を噛む。

彼の⾏動に驚いたルシアは彼をじっと⾒つめ、それから彼⼥は腕を彼の⾸に巻きつけて彼を抱きしめた。

「本当に感謝しています、ヒュー」

「あなたが感謝しているなら、私に贈り物をください」

ルシアは爆笑し、頭を上げて唇に軽くキスする。

「私は、あなたを愛しています。これでは不⼗分ですか?」

ヒューゴは彼⼥をしっかりと抱きしめ、彼⼥の⽿に囁く。

「十分です」

 



 

マートン伯爵が呆気なく死にました。

ヒューゴにとっては路傍の石だったと思うので、処理は容易かったのでしょう。

ルシアの過去のトラウマが取り除かれて安心ですね!

ルシア【187話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は187話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...