ルシア

ルシア【185話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は185をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

185話ネタバレ

ルシア【184話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は184話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 悪夢の原因

今⽇のパーティーで貴婦⼈と会話したルシアは、数ヶ⽉間忘れていた夢の思い出を振り返った。

別の未来と呼んだ夢の思い出は、現実にはすでに⼤きく変わっている。

ごちゃごちゃした⼦供の頃の思い出を整理するために、ルシアは彼⼥が育った村に人を送り、いくつかの事実を発見した。

幼い頃に遊んでいたロッサは成⻑し、近所の若者と結婚しようとしている。

そしてもっと驚くべき事実は、彼らが遊んでいた村の⼊り⼝の⽊には切り株しか残っていなかったということだ。

何年も前、ルシアが約5歳のとき、⽊は落雷に⾒舞われ、恐ろしく⿊く焼けたので、切り落とされたそうだ。

そもそも登る⽊がなかったので、⼦供の頃のルシアの事故は起こらなかった。

ルシアは、村の⽊が落雷した瞬間から未来が分かれたと確信する。

変わった未来もあるが、それでも同じように流れていた未来も。

それは、王が王⼥の結婚を推進していること。

ルシアは、マートン伯爵夫⼈のニュースについて、貴族社会の噂に精通している貴婦⼈に軽く尋ねた。

[彼らは数ヶ⽉前に離婚しました。伯爵夫⼈は西にある実家に向かっていると聞いています]

その言葉に衝撃を受ける。

まるで後頭部を殴られたかのように。

ルシアがマートン伯爵と結婚した理由は、彼らの条件が特に⼀致したためではなく、ルシ
アが宮殿で最も古い王⼥だったため。

ルシアがいなくなった今、最年⻑の王⼥はルシアより若いが、マートン伯爵と結婚するでしょう。

彼⼥の恐ろしい未来が他⼈に移されてしまったのだ。

 



 

ヒューゴは体を少し横に向け、ルシアの⽬に⼀瞬会った後、彼⼥の⽬の隅にキスをした。

「なんで寝ない?」

ヒューゴは時々⼩さなため息をつく。

彼は彼⼥が⼦供のことを考えていると思ったので、自分も眠ることができず、パニックに陥っていたのだ。

⼦供の問題について話さなければならないことを知っていたが、ヒューゴはそれについてどの程度話さなければならないかについて深く⼼配していた。

「ヒュー、あなたは?」

「あなたが私のそばでため息をつき続けていますから」

「本当ですか?すみません、すぐに静かにします。おやすみなさい」

「どうしたのですか?何か心配事があるのでは?」

それは子供のこと?

その言葉がヒューゴの口の中に浮かんでいた。

「・・・陛下が故国王の王⼥を結婚させることを計画していることを知っていますか?」

ルシアの⼝から無関係な⾔葉が出てくるのを聞いたとき、彼の緊張した神経は一気に失った。

「ええ、聞いたことがあります」

ルシアが何を⾔うかを選ぶように躊躇している間、ヒューゴは彼⼥を促さずに待った。

「今⽇、マートン伯爵夫⼈が離婚したと聞きました」

「マートン?」

「あなたはおそらく知らないでしょう。⼈々が普段話している家系ではありませんから」

「あなたは彼⼥と親密だったのですか?」

「・・・少しだけ」

ルシアは、社会界の話をヒューゴに伝えるタイプではない。

だからこそ、ヒューゴは彼女が他⼈の私事を持ち出したので、伯爵夫⼈とはかなり親密だと思ったのだ。

ルシアは横になりながら頭を上げ、ヒューゴの肩に寄りかかる。

彼⼥は⼿を伸ばして彼の顔をすくった。

⼿のひらで肌と体温を感じたルシアは、これが夢ではないことを改めて確認する。

たまに、ルシアはすべてが夢になるのではないかと恐れるようになっていた。

平和に、そして幸せに過ごした⽇々は⾮現実的であるように。

「・・・どうした?」

ヒューゴは⼿を顔から離し、ルシアの⼿のひらにキスをする。

それから彼は彼⼥の額を優しく撫で、彼⼥の髪に⼿をかざした。

ルシアは彼の愛情深いタッチが好きだ。

彼⼥は彼の⼤きな⼿を取り、それに顔をこすりつける。

悲しそうに見えたルシアの表情に、ヒューゴは突然不安を感じた。

「どうしましたか?」

「ヒュー、マートン伯爵が故王の王⼥と結婚するのを防いでもらえないでしょうか?」

 



 

ルシアはそれを見ないふりをして、何も知らなかったように振る舞うことができなかった。

顔を⾒たことがない彼⼥の異⺟姉妹の⼀⼈が自分の代わりに夢の中で⾒たすべてを経験することになった場合、ルシアは⼀⽣罪悪感を感じるだろうと感じたのだ。

「ヒュー。私は今、⾃分がどれほど奇妙なことを言っているのか知っています。彼⼥は私の名前さえ知らない私の異⺟姉妹です。ですが、私は私が先に明⽩な不幸を⾒ることができないように⾏動することができません。私は彼⼥にその⼈と結婚させることはできません。あの男は・・・、妻を殴りました。そして___」

「ビビアン」

ヒューゴは震えるルシアをしっかりと抱きしめた。

「もし私があなたと結婚していなかったら、私は・・・、おそらくその⼈と結婚していたでしょう」

「どうしてそんなことを考えるのですか?」

夢の中での思い出を思い出し、熱くなった感情をコントロールできなくなったため、無意識のうちに怒りが⾼まっていく。

ヒューゴが彼⼥をしっかりと抱きしめ、背中を撫でたとき、ルシアの沸騰する感情はゆっくりと冷めていく。

「伯爵夫⼈とたくさん話をしたようですね」

「・・・」

「私に任せてください」

「・・・本当に?本当に・・・、いいのですか?」

ヒューゴは彼⼥の質問に⾔葉を失う。

彼⼥は自分にこれくらいのことをすることができるかどうか尋ねているのですか?

彼女が望むなら王を変えることもできる。

「もちろん。あなたの夫は⾮常に有能ですから」

ルシアは彼の抱擁で少し微笑む。

その後、ヒューゴは安堵のため息をついた。

彼⼥の不安は彼にも広がったので、彼は緊張していたのだ。

ヒューゴは根本の原因となるマートン伯爵に対し、どうやって処理をするか考えることに。

 



 

ルシアの悪夢の原因であるマートン伯爵。

ヒューゴがどうやって彼を処分するのか期待ですね!

 

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...