ルシア

ルシア【184話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は184をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

184話ネタバレ

ルシア【183話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は183話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 気持ちの変化

⼊浴を終えたヒューゴは、パーティー以来ずっと頭に浮かんだことを考え続けながら、妻の寝室に向かう。

「彼⼥は⼦供が欲しいのか・・・」

彼女が望むものは何でも与えることができる。

けれど、与えることができなかったことが一つだけ。

子供。

ビビアンはヒューゴの子供を産むことができなかった。

どれだけ種を植えたとしても、それは彼⼥の中で発芽することは決してない。

タラン家の呪われた⾎は、呪われた措置を講じなければ成⻑することはないのだ。

かつてヒューゴは、それは幸運なことだと思っていた。

どんなに性交しても、自分の覚えていない⼥性が妊娠して膨らんだお腹を⾒せに来るという事件が起こらなかったから。

受精のために満たさなければならない制約や特定の条件がなければ、彼はおそらく⼦供と⼀緒に現れたすべての⼥性を殺したでしょう。

兄の死後公爵になり、秘密の部屋で物事を⾒たとき、彼の内を流れる⾎に対する彼の憎し
みは極度に達した。

動脈を切断し、1⽇に数回すべての⾎液を注ぐことすら考えるほどに。

(けれど今は?)

奇妙な違和感を感じる。

ヒューゴは両⼿を⾒下ろし、拳を握り締めた。

⽣きている感覚。

呼吸の感覚。

普段は意識しない感覚だが、世の中の存在が反抗的すぎて我慢できないこともあった。

そしてそれが起こったとき、彼は疲れ果ててそれ以上速く⾛ることができなくなるまで⾺に乗って⾛ったか、真夜中の油を燃やして狂ったように仕事に⾝を投じてきた。

『あなたは変わった』

不快な⽼⼈の⾔葉を思い出し、ヒューゴは眉をひそめる。

「変わった?」

意識したことがないから気づいていない。

けれど、何かが確実に変わっていた。

ヒューゴは視線を動かし、応接室の⾒慣れた光景をすばやく観察する。

暖かかった。

部屋の中が暖かかったからではなく、気持ちが良かったから。

妻の寝室に⾏くためにこの応接室を通り過ぎるたびに、彼は気分が良かった。

妻の柔らかい体を抱えて、しっとりとした唇にキスをすることを考えて、彼の⼼はドキドキした。

⽣きているという感覚を以前ほど酷いものだと感じていない。

むしろ生きていたので、妻に触れることができるのは幸運だと感じていた。

いつも孤独だった⼈⽣の中、彼⼥は今自分と⼀緒にいる。

そして彼が想像した未来では、彼⼥はいつも自分の隣に。

数年後、彼女が⼦供を抱き、自分に明るく笑っている光景。

健康的な気持ちが⼼の表⾯に浮かぶが、それはすぐに沈んでいく。

「私はビビアンに⼦供を与えることはできません」

彼⼥に⾚ちゃんを産むことができないと⾔うべきでしょうか?

彼⼥に自分の汚い誕⽣について話すべきか、それとも永遠に封印したかった家族の秘密について打ち明けるべきなのだろうか?

嫌だった。

その部分は、自分が愛する⼥性に決して明らかにしたくなかった暗闇なのだから。

妻がすべてを聞いた後、自分の事を少し違った⾒⽅をするのではないかと恐れていたのだ。

彼⼥が⼦供が欲しいと⾔ったらどうしたらいいか分からなかった。

ヒューゴは妻の部屋への扉を開け、いつもとは違い憂鬱な気分に。

 



 

ヒューゴが部屋に⼊るのとほぼ同時に、ルシアもお⾵呂を終えて寝室に⼊っていた。

ルシアは濡れた髪にタオルを巻いて、少し離れたところに⽴っている夫に警告する。

「髪を乾かさなければなりませんので、こっちに来ないでください」

時々髪を濡らして寝たとき、乱れた髪を整えるために朝に苦労しなければならなかった。

適度に乾かした後、ローションを塗るだけで⼗分。

しかし、夫はその時間が経過するのを待つことさえ我慢できない。

ヒューゴは⼩動物のように⽻⽑を注意深く⽻ばたかせていた妻を静かに⾒つめ、⼀歩前進した。

ルシアはゆっくりと化粧台に移動し、彼が動くのを⾒て驚いて声を上げ、「来ないでと言ったはずです」と⾔う。

来ないように後ろに下がるときの彼⼥の表情を⾒て、ヒューゴは捻くれた笑みを浮かべる。

(楽しい)

沈んだ気持ちが再び浮かび上がってきた。

ルシアはベッドを乗り越えようとして反対側に⾛ろうとしたが、ベッドに着く直前に強い⼿に引っかかる。

「キャア!」

ヒューゴの腕は彼⼥の腰にしっかりと巻き付けられ、彼の胸は彼⼥の背中にくっついた。

彼は彼⼥の⽿たぶを噛んで笑いだす。

「なぜあなたは叫んでいるのですか?このようなことが好きなのですか?」

「違います!」

ヒューゴは彼⼥の顔を紅潮させた⾸にキスをし、バスローブ越しに彼⼥の胸をすくった。

もう⼀⽅の⼿は彼⼥の⾜の間に。

ルシアの体は刺激に震え、ヒューゴは彼⼥をさらにきつく抱きしめ、彼⼥の⽿に囁く。

「私の妻。今⽇は少し乱暴に遊びましょうか?」

「ヒュー!」

 



 

ヒューゴはほぼ毎⽇妻を抱きしめていたが、抱きしめるたびに無限の喜びをもたらしている。

彼⼥を抱きしめるほど中毒になり、最近は5⽇1⽇のルールに相当する夜になると、必死の欲望と戦うために⼀晩中過ごしなければならなかった。

愛した⼥性と愛を分かち合うことの満⾜感は、彼に⾁体的な喜びよりも感情的な喜びを与えた。

⼆つの快楽が合体して溢れることによる極度の解放感は、⾔葉では⾔い表せられない。

⼀度味わったら、死ぬまで忘れられない素晴らしい体験。

それは、下品で衝動的な喜びではなく、感情的な繋がりを共有することによる満⾜感。

ヒューゴはできるだけゆっくりと動き、現在の感覚を維持しようと努力した。

 



 

ルシアが子供を欲しがっていることに、ヒューゴも気づいたようですね。

ルシアが飲んでいた薬の効果は現れているのでしょうか?

かなりの時間が経過しましたが、特に描写は見られません。

突然、ルシアが子供を身籠った場合、ヒューゴはどうするのでしょうか?

ルシア【185話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は185話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

https://sub.tsubasa-cham.com/the-secret-of-the-hourglass-matome/

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...