ルシア

ルシア【180話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は180をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

180話ネタバレ

ルシア【179話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は179話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 交渉の結果

ラミス公爵は、今回の結果がどうなるかを恐れて、最後の⽂書を開く。

その⽂書には、息⼦の性的嗜好に関する情報が含まれていた。

これは、彼が知りたくなかった情報。

タラン公爵の情報部⾨は、デビッドと関係のあるスクープに値するものを求めて歓楽街を捜索し続けていたのだ。

調査中に、彼らはデビッドが売春婦を絞殺したことを発⾒する。

「ラミス公爵、その最終⽂書は私の最後の⼿段です」

ヒューゴの言葉に、ラミス公爵は眉をひそめた。

最終⽂書の情報は、タラン公爵が今⽇持ってきた交渉ツールの中で最も重要でない価値を持っている。

彼の息⼦がすでに死んでいたとき、彼はタラン公爵がこれらのものを何のために使いたいのか理解できなかった。

「事件が起こった場所は、キャサリン王⼥の休憩室です。あなたも知っているように、陛下は事件の現場を王⼥の休憩室と呼ぶことを厳しく禁じています」

王の⾏動は効果的であることが証明され、国⺠はこの事件を宮殿内で起こった事件と呼んだ。

キャサリン王⼥の休憩室で事件が起こったことを知らない⼈は大勢いる。

クェイズは、妹がこの事件に巻き込まれる可能性を阻⽌したのだ。

それはヒューゴの行動と少し似ている。

「今⽇の交渉が決裂した場合、私はその⽂書を陛下に持っていきます。そして、ラミス伯爵の醜い性的嗜好について、そしてラミス伯爵がキャサリン王⼥に対する多淫な感情を抱いているという2つの噂がまもなく社会界に広まるであろうことを陛下に知らせます。そして、陛下にラミス公爵と彼の妹のどちらかを選ぶように頼みます」

「・・・陛下を脅すと⾔っているのですか?」

「交渉が決裂した場合は」

⽂書を持っているラミス公爵の⼿が震えた。

⻑い沈黙の後、ラミス公爵は疲れ果てた表情で⼝を開く。

「・・・どうするつもりですか?」

「妻の名誉を守るために、犠牲になった騎⼠を救わなければなりません」

「不可能だ!」

ラミス公爵は、ヒューゴが話し終える前に激しく反応する。

「最後まで聞いてください。ラミス伯爵の名誉を守ります」

ヒューゴはこの事件を迅速に解決し、⼈々の記憶から消えさせたいと考えていた。

ヒューゴは、ロイを死刑囚の誰かと切り替える計画について簡単に説明する。

ラミス公爵は、クェイズとほとんど同じように、奇妙な視線でヒューゴを⾒た。

「どうやってそんなアイデアを思いついたの?」という表情で。

ラミス公爵にとって、家族の名誉は彼にとって最も重要なこと。

彼にはタラン公爵と戦うエネルギーがなかった。

彼はすでに年を取りすぎていたのだ。

頭を叩くよりも妥協することを好む⽼⼈に。

息⼦が無実の死を遂げたという不当な状況でない限り、彼の名誉を守ることができれば、息⼦の死に⽬をつぶることができた。

「さらに、陛下でさえ、私の妻がこの事件に関与していることを知りません。私はあなたの協⼒を得るためにこの真実を明らかにしただけです。なんらかの理由でこれを外に広めたくありません」

「・・・分かりました。その⾒返りに、この⻘年会について持っているすべての情報を破棄してください。そして、⻘年会については、私が⾃分で対処します」

「いいでしょう」

交渉は合意に達した。

ヒューゴは3つの⽂書のうちの1つを取り戻す。

その⽂書には、妻が関与した事件の真実に関する情報が含まれていた。

「タラン公爵、なぜあなたはここまでするのですか?」

「あなたがあなたの家族を守りたいのと同じように、私は妻を守りたいのです」

ラミス公爵はヒューゴを⾒るたびに驚く。

彼は北と呼ばれる広⼤な⼟地の所有者であり、タラン公爵として、彼は⾮常に率直な人間だ。

些細なトリックに悩まされることはなく、常に⾃信を持ってやりたいことをしてきた。

⼈々は彼に不満を抱かず、「彼はタラン公爵だから」と受け⼊れる。

他⼈の⼼に嫉妬を起こさないことは、政治家としての素晴らしい才能だ。

そのため、タラン公爵と同い年の息⼦を⾒ると、息⼦が⾜りないといつも感じていた。

ラミス公爵は息⼦の⽋点を⾮難するのではなく、息⼦の良い点を導き、彼を堂々とカバーするべきだった。

ラミス公爵は、⽗親として、そして家族の領主としての自分の⽋点を深く感じることに。

 



 

タラン公爵とラミス公爵の間の秘密の取り決めが⾏われている間、王は知らないふりをし、状況は⽔の流れのように流れた。

ファビアンは国全体を捜索し、死刑囚の中で合理的な代役を⾒つける。

王は簡単な声明を発表した。

事件の真実についての詳細な情報はなく、ロイは彼の犯罪を認め、処刑されることになっていた。

⾼位の⼈が巻き込まれた事件だったので、具体的なことは知らなくても、⾃分たちの間で推測するだけに。

ロイは袋のようなフードをかぶって監獄から出てきて、ロープで縛られながら歩いた後、真ん中で交代した。

処刑に向かうのはロイを真似た死刑囚。

ロイを乗せた⾺⾞には窓さえなく、ゲートまでまっすぐ⾛っていった。

ロイは誰にも⾒られずに、できるだけ早く⾸都を離れなければならなかったのだ。

ヒューゴはすでに彼の影響⼒を利⽤して、ロイが識別プロセスを経ることなくゲートを通過できるようにしている。

 



 

ルシアは応接室の中を行ったり来たりしている。

ロイが処刑される時が来たからだ。

「彼は無事にゲートを通り抜けたでしょうか?」

ルシアはロイに最後の別れを告げることができなかったことを後悔したが、公に処刑されたことが知られている重罪犯を公爵夫⼈の住居に連れて⾏く危険を冒すことはできなかった。

応接室のドアが開いてジェロームが⼊ってくると、ルシアは歩き回るのをやめ、頭を上げる。

ファビアンは彼のすぐ後ろを追いかけて部屋に⼊った。

「クロティン卿は・・・?」

「彼は無事に去りました」

ルシアは⼤きな安堵のため息をつく。

「すみません、どうしたらいいのか分かりません。私のせいで、クロティン卿は騎⼠としての名誉を失い、追い払われるように北に向かいました」

ヒューゴはロイを北の国境に送った。

ロイが楽しくトラブルを巻き起こしていた地域に。

ファビアンはマダムの悲しみに少しも共感できなかったが、⻑い間彼に会えないと思ったとき、彼は複雑な気持ちを抱く。

「奥様。クロティン卿は奥様に聞きたいことがあると⾔いました・・・」

「何でしょうか?」

あの狂ったろくでなし。

それらの⾔葉を飲み込むと、ファビアンは⾔った。

「彼は、奥様がパーティーで出会ったすべての貴婦⼈を覚えているかどうか尋ねました。どうやら、彼はそれについて興味があったようです」

ロイは⾮常に真剣な表情で、ファビアンに答えを得て、後で北に来たときに知らせるように頼んだと⾔ったそうだ。

ファビアンは、本当にあの男の⼼の状態を理解することができなかった。

ルシアは爆笑する。

「それが可能な⽅法はありません。私は⾃分のように⾏動するだけですから」

「・・・はい、後で彼に伝えます」

ファビアンが酸っぱい表情で答えると、ルシアは再び笑う。

「クロティン卿は本当にいい⼈です。彼は私が気の毒に思わないように最後まで私を思いやりを持ってくれました」

ルシアの誤解はますます⼤きくなっていく。

そして、それを修正する⼈は誰もいなかった。

 



 

不可能だと思われていたロイの処刑を、ヒューゴは簡単に阻止しました。

ルシアとロイがもう一度会える日が来るといいですね。

ルシア【181話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は181話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...