ルシア

ルシア【179話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は179をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

179話ネタバレ

ルシア【178話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は178話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 交渉

王との交渉は簡単だった。

クェイズは義⽗とは気質が異なる義弟に満⾜せず、個⼈的にロイが好きだったから。

ロイに1年以上守られてきた経験を踏まえると、ロイは理由もなく⼈を殺すような野蛮⼈ではないと信じていたのだ。

そして、ヒューゴが慢性的な財政⾚字を助けると⾔ったとき、クェイズは喜んで餌を受け取る。

「しかし、クロティン卿は本当に受け入れたのですか?あなた達は本当に・・・」

貴族にとって、名誉は彼らの⼈⽣よりも重要なもの。

それは騎士も同じだった。

彼らは自らの名誉を放棄することによって、自らの命を救うという考えさえ想像することが出来なかった。

クェイズは、そのようなことに同意したロイとそのような計画を提案したヒューゴの両⽅を理解することができない。

不潔な⽝の糞に⾜を踏み⼊れても生きようとするロイ。

名誉のために自らの⼈⽣を捨てることができたクェイズ。

彼らは両⽅とも2つの極端に⽴っていた。

お互いを理解することは決して不可能でしょう。

「1つ条件があります。王だけがそれに同意するだけでは⼗分ではありません。私の義⽗が同意すれば、この王も同意するでしょう。義⽗を説得するのは公爵に任せます」

「もちろん。ですが、この事件の真実には⽬をつぶってください」

死者は話すことができず、知っている⼝が少なければ少ないほど、より多くの秘密を守ることができた。

ヒューゴは、温室で栽培された花のように妻を守りたかったのだ。

彼はルシアに⼩さな傷さえも持たせたくなかった。

妻はタラン家の公爵夫⼈であり、その全ての⾏動は⼈々の注⽬を集める。

妻が社交界で有名である限り、名前の後に続く噂は無限だった。

「私はラミス公爵と話し、陛下に結果を知らせます」

 



 

ヒューゴはその夜、すぐにラミス公爵と会う。

⼆⼈は⾼級貴族のクラブで向かい合って座っていた。

短い挨拶を交わした後、ヒューゴはすぐに本題に進む。

彼は持ってきた3つの書類をラミス公爵に⼿渡した。

「最初の⽂書には、現在投獄されている私の騎⼠の証⾔によると、事件の⽇の情報が含まれています。あなたの息⼦がなぜそのようになったのかを知ることができるでしょう」

ヒューゴは、ラミス公爵と交渉するためにお⾦を使うことはできないと判断した。

ラミス公爵は息⼦の⼈⽣をお⾦と交換する⼈ではない。

⽂書を読んでいる間、ラミス公爵の顔が暗くなり曇っていく。

ラミス公爵は、デビッドの死について何かがおかしいと思っていたが、それが公爵夫⼈に関係しているとはまったく推測できなかったのだ。

ロイの証⾔に基づいて、⽂書はそれを裏付ける多くの状況証拠を提⽰し、デビッドとアニタの継続的な会議の記録された証跡、バーにいた⼈々から得られた情報、そしてデビッドと公爵夫人の関わりなど。

「あの愚かな息子め。どうして・・・」

悲しいことに、ラミス公爵は息⼦を擁護することができず、息⼦は決してそのようなことをしないと断言できなかった。

それに気づいたとき、ラミス公爵は自分が息⼦を間違って育てたことを恥ずかしく感じてしまう。

これまで⽣きてきた年⽉が、突然無駄に思えてしまうほどに。

しかし、ラミス公爵は経験豊富な政治家。

彼は⾃分の考えを表⾯上に明らかにすることは決してなかった。

「これの内容が捏造であるとは⾔いません。私は息⼦の過ちを認めます。ですが、公爵の後継者がそのような惨めな死に苦しみ、噂されることを正当化するのに⼗分ではないと思います」

ラミス公爵の言葉に、ヒューゴの唇の⾓が少し上がる。

「あなたの息⼦が突然死んだことをあなたの先祖に感謝すべきです。もしそのろくでなしが⽣きていたら、私は彼の⼿⾜をすべて切り落とし、彼を豚の餌に変えていただろう」

もし彼が実際的な理由でろくでなしを殺すことができず、時間が経つにつれて、ろくでなしが公爵の称号を引き継いだ場合、ヒューゴはラミス家を破壊するために彼の⼒のすべてを使ったでしょう。

その男の死は、彼らの先祖の導きであり、空からラミス家の未来を⾒つめていると考えるのは正しかった。

 



 

「次の書類を読んでください。それも間違いと⾔えるのではないかと思います」

次の⽂書には、常に監視されていた⻘年会に関する情報が含まれている。

それは、デビッドが⻘年会の資⾦提供に責任があるという証拠と、⻘年会を率いていた個⼈がどれほど危険であったかについての調査の結果だった。

もちろん、⻘年会はまだ⼩さな組織であり、最⾼経営責任者は影から⾝をかがめ始めたばかり。

それらを⾮常に危険な要素であると判明させた多くのもっともらしい証拠は、タラン公爵家の情報部⾨の仕事。

内容は、タラン家が危険な組織を疑っていたと詳細に述べており、調査したところ、徐々に巨⼤な根が明らかになり、さらに掘り下げてみると、デビッドが組織の資⾦提供の中⼼⼈物であることが判明した。

その⽂書を読んでいる間、ラミス公爵の⽬は激しく揺れる。

ラミス公爵は、新国家⻘年協会を知っていた。

⼿を洗ったと⾔ったとき息⼦を信じていたが、息⼦が⽬を避けて資⾦を提供していることを知らなかったのだ。

「この悪党は私たちの家族を破壊することを決意しています」

息⼦に対する失望と怒りは、ラミス公爵の内部で急増する。

⼀⽣を守り育ててきた家族は、息⼦の⼈⽣はもちろん、彼⾃⾝の⼈⽣よりも公爵にとって重要なものだから。

家族を続けるためにもう⼀⼈の息⼦がいる。

継承が途切れる問題はないでしょう。

ラミス公爵が⼼配していたのは、息⼦の死が家⾨の栄光を損なうということだった。

「陛下がこの⽂書の内容を⾒せられた場合、陛下がどのように反応するかを予測できると確信しています」

ラミス公爵は⽬を閉じる。

王は無情な側⾯を持っていた。

彼は敵だと考えた人物を決して救うことはない。

彼は彼の兄弟の多くを殺し、皇太⼦としての彼の⽴場を擁護し、最終的に彼は王位に昇り、王位を維持するために⾎をこぼすことを躊躇しないのだから。

国王がその⽂書の内容を知ったならば、たとえ今それを無視したとしても、彼は彼の⼼に疑いを持ち続けるでしょう。

今はラミス公爵の⼒を必要としていたので、それを放っておくだろうが、いつの⽇か、彼の義理の⼒が重荷になると、彼の⼼の疑念は不信になり、彼は公爵を攻撃するはずだ。

 



 

クェイズとの交渉は問題ないですね。

ラミス公爵との交渉も、ヒューゴ側が有利に立ちました。

これでロイの無事は確実でしょう。

問題は、ロイが今後どうやって生きていくのかですね!

ルシア【180話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は180話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...