ルシア

ルシア【178話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は178をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

178話ネタバレ

ルシア【177話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は177話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 独房での会話

城の独房は⼆重構造で設計されている。

それは危険な犯罪者を収容するために作られた刑務所。

ロイは確かに危険な⼈物だが、クェイズが彼を独房に⼊れた理由は、⼈々が彼にアクセスできないようにするため。

ラミス公爵が復讐のためにロイを暗殺しようとする可能性があったから。

ロイは腕を枕にして⽯の床に横になっていて、ヒューゴが⽯の⾨を通り抜けるのを⾒ると、⽴ち上がった。

「どこか怪我をしていますか?」

「元気ですよ」

ロイは恥ずかしそうに頭を掻く。

主の最初の質問が、自分の安否について尋ねるとは思ってもいなかったのだ。

「当時の状況についてファビアンに話したと聞きました。まだ⾔っていないことはありますか?」

「いいえ、ありません。主よ、あなたは本当に速く来ましたね。もっと時間がかかると思いました」

おそらくロイは、主が帰ってくる前に自分が死ぬかもしれないと思っていたのでしょう。

「私は死ぬのでしょうか?」

ロイは、まるで⾃分のことを話しているのではないかのように、冷静に尋ねた。

彼は、デビッドを殺すことは普通の問題ではないことを知っていたのだ。

ろくでなしの⾸を折ったとき、彼はすでに死ぬ準備ができていた。

アニタを殺すことは彼の最初の意図ではない。

しかし、アニタが休憩室に⼊るのを⾒るやいなや、ロイは彼⼥を殺すことに決めた。

ロイの決定は正しい。

アニタが⽣き残っていたら、彼⼥はあらゆる種類の嘘で公爵夫⼈を陥れていたでしょう。

その場合、ルシアは関係者の1⼈として必然的に拘束され、あらゆる種類の憶測や噂の中⼼になっていたはず。

ロイの質問に、ヒューゴは眉をひそめた。

「あなたが死ぬことはありません。」

ヒューゴは話し続ける前に少し考える。

「⾸を維持したいのなら、名誉を捨てなければなりません。あなたの名誉はあなたの⼈⽣よりも重要ですか?」

「名誉?」

ロイはニヤリと笑った。

「私はそのようなことを持ったことがありません」

ヒューゴは笑った。

「それなら⼤丈夫です。もう少し待ってください」

ヒューゴはロイを⼀瞬⾒た後、短い⽂章を投げる。

「今回はよくやってくれた」

ロイはふざけて笑って、振り返っていたヒューゴを呼び⽌めた。

「これで、私はあなたの恩返しをしましたか?」

ヒューゴの⽬から⼀筋の光が点滅する。

「あなたは・・・」

⼤きくニヤリと笑っているロイを⾒て、ヒューゴは微笑む。

「あなたは私にあなたの⼈⽣を再び⽀払うことになります。これで返済されるにはほど遠いでしょう」

「それは残念です。主が詐欺師だと気付いたとき、私は逃げるべきでしたね」

ヒューゴは独房を去り、ロイの嘆かわしい呟きを聞く。

そして城を出ると、ファビアンに連絡して密かに命令した。

「死刑囚を⾒つけてください。ロイと似た体格と髪の⾊の⼈。体格が最優先です」

その命令に、ファビアンの⽬は明るく輝く。

彼はそれに応えて頭を下げ、素早く行動した。

ヒューゴはファビアンが後退するのを⾒た後、彼は少し離れた内宮に視線を向ける。

「さて、王と交渉する時が来ました」

 



 

キャサリンはベス⼥王の宮殿に⽴ち寄った。

「王妃殿下の様子は?」

「王妃様はベッドに横たわっています。彼⼥は食事さえ取っていません」

侍⼥は曇った顔で答える。

キャサリンは⼥王の寝室に⼊る前に⼩さなため息をついた。

ベスは弟の恐ろしい死に⼤いにショックを受け、数⽇間寝たきりに。

宮殿の⼈々は、喪中の胎児に何か問題が発⽣するのではないかと恐れていたので、熱⼼に走り回っていた。

「あなたは⾃分の⼒を取り戻さなければなりません。あなたのお腹には子供がいるのですから」

キャサリンはベスの⼿を取り、彼⼥を慰める。

ベスは微笑みながら無気⼒に答えた。

「私は弟のために何もしませんでした。会うたびに不快な⾔葉を⾔っただけです」

ベスは弟が突然死ぬとは思ってもいなかった。

仲の良い弟ではなかったが、彼は唯⼀の⾎を分けた弟。

ベスは彼が上手くいくことを望んでいたので、会うたびに小言を言った。

弟が亡くなった後、彼を一度も誉めなかったことを後悔する。

⽗親は息⼦よりも家族を⼤切にしている⼈であり、夫は義理の兄弟の死をあまり気にしていない。

弟の死で⼼から傷ついた⼈は誰もいなかったので、ベスはさらに悲しみに沈んだ。

「クロティン卿は私もよく知っている⼈です。彼が陛下の命を何度も救ったことを私は知っています。しかし、なぜ彼はこんなことをしたのでしょうか?」

「真実はすぐに明らかになるでしょう。何らかの形で結論が出るはずです。あなたが⾮常に落ち込んでいるので、陛下も⾮常に⼼配していますよ」

 



 

キャサリンがベスを慰めたとき、彼⼥は事件の夜を思い出した。

陛下が緊急に自分を探していると聞いて、キャサリンは急いで内宮に向かった。

会いに⾏く途中、廊下でたまたま会議に⾏くクェイズと遭遇する。

『パーティーはまだ続いています、ここで何をしているのですか?』

キャサリンは王の⾔葉を聞くやいなや、何かがおかしいと思った。

そして、パーティー会場に戻った後、事件はすぐに起きる。

キャサリンは、パーティーを⽋席している間公爵夫⼈と⼀緒にいたと証⾔した。

つまり、パーティーの間、公爵夫⼈は決して⼀⼈ではいなかったということ。

(ファルコン伯爵夫人。あの有毒な雌⽝がいつか何かをすることを知っていました。あなたは私の休憩室をそのような光景に変えることを考えていたのですか?)

キャサリンは事件の本当の真実を知らない。

それは秘密裏に扱われ、彼⼥の兄は具体的な詳細を話すことを拒否した。

しかし、推測できる部分がいくつかある。

ファルコン伯爵夫⼈がタラン公爵夫⼈に悪いことをしようとしたことは間違いないでしょう。

(あの愚かな雌犬は、タラン公に⻑引く感情を持っていたに違いありません)

キャサリンはアニタの計画が何かをもたらすことを望まなかったので、彼⼥は積極的に公爵夫⼈を彼女から引き離していた。

このため、アニタがキャサリンを内宮に送ったことは知られていない。

クェイズがこれを知っていれば、事件の調査はわずかに異なる⽅向に進んでいたでしょう。

プライベート休憩室を使⽤したのは、キャサリン王⼥とタラン公爵夫⼈だけ。

この情報から、彼らはキャサリンが送り出されたので、陰謀を企てられたのはタラン公爵夫⼈であるという結論に達することができたはず。

しかし、その可能性が阻⽌されたため、事件は霧に陥っていたのだ。

 



 

ロイが死ぬことはなさそうですので、とりあえず安心しました。

一方で、ベス女王の体調が心配ですね。

事件が終息に向かった後、ルシアとベス女王の関係はどうなるのでしょうか?

そして、キャサリンとの関係も変化するのでしょうか?

ルシア【179話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は179話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...