ルシア

ルシア【176話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は176をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

176話ネタバレ

ルシア【175話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は175話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 心の安定剤

ルシアは何もする気が起きず、彼⼥はぼんやりと寝室のソファに座っていた。

ジェロームは彼⼥に何かを⾷べるように勧め続けていたが、彼⼥は⾷べ物がどのように味わったのか分からなかった。

彼⼥の⼼は、常にあの⽇の状況を繰り返している。

自分が意識を失っていた時にメイドは倒れ、顔に何かを吹きかけた⼥性と⽬が会った瞬間に彼⼥の顔を満たした憎しみと勝利、⽬覚めたときに続いた眩暈、そしてラミス伯爵。

ラミス伯爵と格闘していたクロティン卿。

彼⼥に去るように⾔ったクロティン卿の声。

「あの⼥性はファルコン伯爵夫⼈でした」

ファビアンはおそらく公爵夫⼈の周りでスキャンダルを起こす試みだったと⾔ったが、ルシアは理解できなかった。

伯爵夫⼈がそのようなことをする意味は?

ルシアは⼈間の⼼の中の醜い捻れに共感できない。

夢の中で多くの困難に苦しんでいたが、他⼈を⾮難したことはなかった。

「・・・彼⼥はおそらく死んでいるでしょう」

ルシアは、なぜ伯爵夫⼈が自分を傷つけなかったのかについて考える。

ルシアは熱くなっていた⽬を閉じた。

「あの少⼥も死んだ」

ルシアはメイドの死に⼼を痛める。

彼⼥はわざと特定のメイドを好まなかったが、彼⼥は素朴で誠実だったあのメイドを気に入っていた。

彼⼥の死は不公平で無駄な死。

彼⼥の家族はどこにも⽂句を⾔うことさえできないでしょう。

ルシアは彼⼥を守るべきだった。

それができなかった⾃分が無能に⾒え、気の毒に思い、娘や妹を亡くした家族を慰める⽅法が分からなかった。

 



 

突然、ルシアはドアが開く⾳を聞いて、⽬を開ける。

人が部屋に⼊るのを⾒て、ルシアはすぐに⽴ち上がった。

いくつかのステップを踏む前に、彼はすぐに彼⼥に近づき、彼⼥を腕の中に引き込む。

「ヒュー・・・?」

ルシアは頭のてっぺんから柔らかいため息を聞く。

ヒューゴの馴染みのある広い抱擁に包まれ、彼の⾹りを吸い込むと、ルシアの⼼は泡⽴っているように感じた。

これが夢だったら⽬を覚ましたくなかった。

「どこか怪我をしていますか?」

彼の鮮やかな声は幻想ではない。

ヒューゴは疲れ果てた妻を抱きしめ、ソファに腰を下ろした。

彼はもう⼀⽅の⼿で彼⼥の額を撫で、濡れ始めた彼⼥の⽬にキスをする。

「ヒュー。クロティン卿が・・・」

「知っています。あなたはどうですか?あなたが気を失ったと聞きました。医者に会いましたか?」

「医者は、しばらくの間意識を失う⿇酔タイプのものであると⾔いました。ですから⼤丈夫です。私は怪我をしていません。ですが、私のせいでクロティン卿が・・・」

ヒューゴは泣き始めた妻の頭を胸に埋め、優しく背中を撫でる。

家に戻っている間ずっと続いていた彼の制御できない不安は、ルシアの安全を確認した瞬間に消え去った。

ロイの⾸都での事件のニュースに気づいた瞬間、ヒューゴの頭は妻への思いで埋め尽くされる。

事件が起こった場所や亡くなった⼈々についての情報を受け取ったとき、彼はますます⼼配した。

それは彼⼥が守られている間に起こった事件。

妻は彼が受け取ったメッセージの中で⾔及されていなかったが、それでもヒューゴはあらゆる種類の不吉な考えや想像⼒に悩まされていた。

彼は怒りに満ちていて、彼⼥の指先さえ傷つけられた場合、関係するすべての⼈を殺す準備ができていた。

「ビビアン、泣かないでください」

「私はどうすればいいでしょうか?クロティン卿が・・・」

ヒューゴはルシアのあごを掴み、⼿で涙を拭う。

彼は涙で濡れた彼⼥の塩⾟い唇にキスをした。

「あなたは何も心配しないでください」

ヒューゴの言葉にルシアは笑みを浮かべる。

不思議なことに、彼の⾔葉を聞いて、彼が⾔ったように、本当に⼼配することは何もなく、すべてが順調に進んでいるように⾒えたから。

それはまるで彼⼥が緊張していて、理由もなく過去数⽇間眠ることができなかったかのよう。

事件が起こって以来初めて、ルシアは微笑んだ。

「ヒュー、あなたの⼿は冷たいです。顔も冷たいです」

「それは私が⾺で戻ってきたからです。体が冷えましたか?」

「気持ちいいので気に⼊っています。頭がスッキリしました」

 



 

ヒューゴは微笑んでいる妻を⼀瞬⾒つめた後、両⼿で頬をすくい、唇、⿐、⽬にランダムにキスをし始めた。

「ヒュー・・・、ヒュー!どうしたのですか?」

「チェックしています」

「何をチェックしているのですか?」

「あなたが本当に私の前にいることを確認しています。この数⽇間、私は⾸都に向かっていました。⽬を閉じたとき、あなたはそこにいましたが、開いたとき、あなたは姿を消しました」

ルシアは彼にすでに数回⽌めるように頼んだが、ヒューゴは聞こえていないように⾏動し、何度も彼⼥にキスした後に解放した。

「北部はどうなったのですか?あなたはそれが重要だと⾔いました」

「私は問題を彼らの裁量に任せて戻ってきました。もっと⼤きなことが起こりましたから」

ルシアは顔を歪める。

「どうしたらいいのか分かりません。クロティン卿を助ける⽅法が思いつかない・・・」

「⼤したことではありません。そんなに考え込まないでください」

「本当に⽅法があるのですか?」

「私に任せてください。彼は安全です」

「クロティン卿はあなたにとって特別な人です。彼が傷付けば、あなたも苦しむでしょう。ヒュー、私はあなたが悲しんでいるのを⾒たくありません」

ヒューゴはしばらく静かに彼⼥を⾒た後、笑いながら腕を⼤きく広げ、ルシアを抱きしめた。

不思議だ。

彼は個⼈的にロイが好きだが、それは意味を与えるほどではなかったが、ロイが彼にとって特別であるとルシアが⾔い続けたので、本当にそのような存在であると感じた。

「またお会いできて嬉しいです。ヒュー、あなたがいなくて寂しかったわ」

再び、ヒューゴは彼に美しい⾔葉だけを⾔うことを選んだ妻にキスをする。

 



 

不安に苦しんでいたルシアを救うことができるのはヒューゴだけですね。

ヒューゴが大丈夫だと言うと、本当に大丈夫な気がしてきました。

何よりもロイが処刑された場合、ルシアは絶対に悲しむでしょう。

そんなことはヒューゴが絶対に阻止するはずです!

ルシア【177話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は177話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...