ルシア

ルシア【174話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は174をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

174話ネタバレ

ルシア【173話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は173話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 事件後

3⽇が過ぎた。

狂犬クロティンによって犯された恐ろしい出来事は、すぐに⾼等社会全体に広がる。

貴族たちは、まったく予期せぬ稀な事件に群がった。

ロイは殺⼈罪で逮捕された。

派遣された王家の騎⼠たちは、ロイが逮捕を拒否して逃げ出した場合の対処法を⼼配していたが、意外にも彼は従順に拘束される。

キャサリン王⼥の個室は犯罪現場となり、関係者と何度も部屋を通り抜けた捜査チームを除いて、部屋への⽴ち⼊りは徹底的に阻⽌された。

ルシアはその⽇の事件の真実を知らないまま、すぐに家に帰宅する。

そして帰宅後、再び医師の診察を受けて体調をチェックし、彼女は邸宅で三日間を過ごした。

公爵夫⼈の邸宅は、⽔さえすり抜けることができないような厳しい安全対策の下に配備される。

タラン公爵が⾸都を去る前、⾮常事態の場合、警備隊⻑は完全な権限を委ねられていた。

公爵夫人の邸宅は、まるで戦争が起こったかのように完全に保護された状態に。

宮殿は何度も証⼈として公爵夫⼈を呼び込もうとしたが、メッセンジャーは公爵夫⼈の顔を⾒ることさえできなかった。

「タラン公爵が不在の間、公爵夫⼈はそのような不快な事件で⼀⼈で宮殿に⾏くことはできません」

警備隊⻑から断固たる拒否を受けた後、国王は幾分不機嫌になる。

しかし、彼には他に選択肢がなかった。

公爵夫⼈を連れてくるために、彼らは邸宅を保護している騎⼠と戦わなければならないでしょう。

そして、それはタラン公爵との戦争を意味する。

クェイズはタラン家の敵になるつもりはなかった。

ファビアンは事件が起こったことを知ると、すぐにヒューゴに緊急のメッセージを送る。

その後、彼は新しい情報を⼊⼿するたびに、追加のメッセージを送信した。

現在、タラン家情報課は猛烈な情報収集を⾏っている。

彼らはお⾦を使うことを躊躇せず、動員できる全ての繋がりを利用した。

 



 

そして事件から4⽇⽬、ファビアンは公爵夫⼈の邸宅を訪れる。

この期間に起こった状況についてマダムに報告するため。

ファビアンは、マダムが食事を適切に摂っていないというメッセージを無視することができなかった。

この場合、マダムの健康はロイの人生よりも重要だということだ。

昨夜、ファビアンは国王から特別な配慮を受け、ロイに密かに会うことができた。

地下牢で、ロイは独房が彼の休暇の場所であるかのようにリラックスして⾒えた。

彼は床に伸ばして横になり、腕で頭を⽀え、ファビアンを⾒るやいなや⼿を振る。

「珍しい、お前が来るなんて」

ファビアンの⾎圧は急上昇し、彼は⻭を⾷いしばった。

「この馬鹿!みんなが昼夜を問わず走り回っているときに、どうして平然としている!?」

「じゃあ泣いていた方が良かったのか?」

「はあ・・・、私も尋ねるべきではなかった。いつかこんなトラブルを起こすと思っていましたから」

ファビアンはロイを⼼ゆくまで呪うが、ロイは鉄格子越しに屈な表情を浮かべるだけ。

その光景を⾒て、ファビアンはさらに動揺し、気持ちを落ち着かせる必要があった。

 



 

逮捕された⽇から今まで、ロイは事件について⼀⾔も⾔わなかった。

王がファビアンを送った理由は、ファビアンがロイに事件の事実についての情報を少しでも公開するように説得したかったから。

正式には、ロイは悪質な犯罪者として牢屋に投獄されたが、それを除けば、彼は他の⼤まかな扱いを受けていない。

「話せ。聞いている⼈は誰もいないことを確認した」

ロイは、彼が⾒たのと同じように、当時の状況をファビアンに伝えた。

情報を聞き、推測し、物事を繋ぎ合わせるのがファビアンの仕事。

「なぜデビッドを殺したのですか?少なくとも彼を⽣きさせていたら、この状況はそれほど暗くはなかったでしょう」

「もし私が彼の命を惜しまなかったら、後で問題が起こっていたでしょう。トラブルを起こすくらいなら、彼を殺す方が良いと判断しました」

「短絡的過ぎる!」

ファビアンは再び怒りに圧倒され、発煙した後も話し続けた。

「そして、なぜそんなに多くの⽬撃者がいる場所で伯爵夫⼈を殺したのですか?あなたは⾃分で簡単に逃げることができたでしょう。それをしなかったために、あなたは岩と固い場所の間に⾝を置き、その⾏為に巻き込まれた犯罪者になりました」

「それが私が⾔っている理由です・・・」

「え?」

「私が彼⼥を殺したという証拠を⾒せてください。マダムと領主との繋がりがないように、私が⼀⼈で狂ったように振る舞ったように⾒えなければなりませんね?」

ロイは狂⼈だが馬鹿ではない。

ファビアンはそう考えている。

「彼⼥が⼝を開く前に、私はその⼥性を殺さなければならないと思った。しかし、ビックリしましたよ。あの⼥性の顔は死ぬとすぐに変わったのだから。どういう仕組みでしょうか?」

「それは魔法の道具で、ラミス公爵家の所有物です。彼らはそれが彼らの公邸から盗まれたと主張しています」

故ファルコン伯爵夫⼈については疑わしい点が多かったので、王室はロイを⼀⼈にして、最初に伯爵夫⼈に集中した。

彼⼥はラミス公爵家から失われたとされる魔法の道具を使い、メイドのふりをし、キャサリン王女の休憩室を無許可で使⽤し、⼿持ちの指輪からは有毒物質が発⾒されている。

彼⼥はすでに死んでいたので⾃⽩を得ることができなかったが、彼らは躊躇なくファルコン伯爵夫⼈の邸宅と事業を引き裂いた。

「あなたは今、あなたの最⼤の罪が何であるか知っていますか?」

「彼を殺したことです」

「その通りです。他の⼈のことは分かりませんが、公爵家の後継者を殺すという問題は甚⼤です。しかし、伯爵夫⼈を殺したときになぜ武器を使⽤したのですか?あなたは許可を得ずに密かに武器を宮殿に持ち込みました。彼らはあなたに王の暗殺未遂を告発することができます」

「その場合は?」

「・・・死刑でしょう」

 



 

やはりファルコン伯爵夫人も亡くなったようですね。

これで当時の目的を自白させることはできません。

ですが、あの場面で二人を処分していなければルシアの風評に大きな被害を与えることになっていました。

ロイは死刑を免れることはできるのでしょうか?

ルシア【175話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は175話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...