ルシア

ルシア【173話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は173話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

173話ネタバレ

ルシア【172話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は172話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 殺人事件

ルシアはパーティーホールに戻り、貴婦⼈と混ざり合った。

突然の理解できない⼀連の出来事のために、彼⼥の⼼臓は激しく動いていて、⼿のひらは汗をかいている。

それでも、彼⼥は外向きに微笑んでいた。

そうしているうちに、キャサリンが⼈々の声と⾳楽の⾳で満たされた騒々しいパーティーホールに戻ってくる。

彼⼥は曇った表情を隠さずにすぐにルシアに近づいた。

ルシアが彼女を⾒るやいなや、混乱状態にあった彼⼥の⼼は秩序を取り戻し始めていく。

「キャサリン王⼥。あなたは・・・、内宮から戻ってきたのですか?」

「陛下は私を探していませんでした。誰がこのナンセンスな情報を伝えたのかを⾒つけ出し、これに対して彼らを厳しく罰するつもりです」

キャサリンは猛烈に彼⼥の不快感を表明した。

これを⾒て、ルシアは彼女が誰かの陰謀に利用されたことに気づく。

誰かが最初に嘘でキャサリンを誘惑し、次にそれを利用して自分を休憩室に誘導したと。

(けれど、どうして?誰がこんな事を?)

クロティン卿がいなければ、それは⼤きな問題を引き起こしていたでしょう。

ルシアはさっきの休憩室の状況を振り返った。

あの男。

クロティン卿が喉を掴んでいたのは間違いなくラミス伯爵だった。

(この状況がどのようにして起こったのか分かりません。ラミス伯爵は私を傷つけようとしたのでしょうか?)

何よりも、ルシアの最⼤の⼼配は卿に何が起こるか。

クロティン卿に。

「公爵夫⼈。皇室の医者があなたを待っています」

メイドが彼らに近づいて⾔った。

「医者?公爵夫⼈、気分が悪いのですか?」

「はい。少しだけ頭が・・・」

「あなたは家に帰って休むべきです」

突然、⼈々がざわめき始める

広々としたパーティーホールに繋がる廊下を王族の騎⼠たちが通り抜け、甲冑を鳴らす⾳が響き渡っていた。

騎⼠たちが王⼥の私的な休憩室に向かっていることに気づき、ルシアの表情は青ざめていく。

どんな⼤きな事件が起こったのかと考え、⼈々は騒がしくなり始める。

「何が起こっているのか調べに⾏きなさい」

キャサリンは彼⼥の侍⼥を送り出す。

少しずつ、パーティーの雰囲気はゆっくりと戻っていった。

貴婦⼈がキャサリンの周りに集まり、ある貴婦⼈が声を上げた。

「いつかあなたの休憩室を⾒せてください、王女様」

「私もです。⼀度に集まる⼈はそれほど多くないのですが、王女様の休憩室に招待されなかったのが残念です」

「・・・私の休憩室に招待するとはどういう意味ですか?」

「さっき、侍⼥が王⼥の指⽰の下で、何⼈かの⼥性を王⼥の休憩室に護衛しませんでしたか?」

「私はそのような指⽰をした覚えはありません。つまり、今休憩室の中に、許可したことのない⼈がいるということですか?」

キャサリンが激しく反論したとき、貴婦⼈たちは当惑し、お互いを⾒つめる。

 



 

皇室の医者から何の問題もないと⾔われた後、ルシアはパーティーホールに戻ってきた。

同時に、キャサリンが送った侍⼥がパーティーホールに戻ってきて、とても固い表情でキャサリンに何かを囁く。

彼⼥の言葉を聞いた後、キャサリンの表情も固まった。

「公爵夫⼈、ちょっとこちらへ」

キャサリンはルシアを群衆から遠ざけ、離れた場所に連れていく。

「公爵夫⼈。落ち着いて、私の言葉に⽿を傾けてください。騎⼠たちが何をしているのか調べてみたところ、事故が起こったようです。実際、それを事故と呼ぶのではなく・・・」

キャサリンは⽂を終わらせることができない。

ルシアはわざと落ち着いた表情を⾒せようとしたが、しっかりと握りしめた拳が震えていた。

不吉な予感。

不気味な冷たい悪寒が彼⼥の背⾻を駆け上がった。

「お願いします」

ルシアは独り⾔を呟く。

彼⼥の⼼は、卿に何か悪いことが起こったのではないかと⼼配していた。

「殺⼈事件がありました。犯⼈は公爵夫⼈の護衛騎士のクロティン卿です」

 



 

主が変わった。

「当分の間、この村をキャンプとして使⽤する」

「はい、陛下」

最も⼤きな声で叫んでいるボリスを⾒て、ディーンはそう考えた。

ボリスは今回、北部征服の騎⼠の中で最年少の参加者。

そして彼は野蛮⼈との戦いで⾮常に活躍した。

エリオット隊長は感情的な表現はあまり見せなかったが、息⼦の成⻑に満⾜しているように⾒える。

そして、ボリスの表情は、彼が騎⼠として重要な任務に参加していたことへの誇りに満ちていた。

ディーンは、ボリスが最初の戦いの衝撃から⽴ち直るのは簡単ではないと予測していたが、ボリスはその予測を打ち負かしたのだ。

その理由は、彼らの領主が変わったから。

主は以前のようにエリート騎⼠だけを連れて野蛮⼈を無差別に虐殺したのではなく、国境を守っていた騎⼠たちも戦争に参加させた。

主は騎⼠を集め、戦略を⽴て、さまざまな⽅法を利⽤した。

公爵の直接の指揮下で野蛮⼈と戦う騎⼠たちは、確固たる決意を持って戦いに参加し、彼らの誇り⾼い業績を楽しんだ。

「これが単なる⼀時的な変更ではないなら・・・」

ディーンはあちこちで忙しく⾛り回っているボリスを⾒る。

「エリート騎⼠だけが知っていた闇は、今や消えていくでしょう。ボリスは新世代のエリートの始まりとなるはず」

ヒューゴは、以前とは異なる⽅法で野蛮人を征服した。

⽬的は、数を適切に数万⼈減らすことではなく、集まり始めた部族を分散させ、彼らの⼒を減らし、彼らを疎外すること。

彼はできるだけ多くの騎⼠を動員し、さまざまな戦略を実⾏した。

後のトラブルのために野蛮人を残さず、すぐにそれに対処する。

家に帰るという⽬標を最優先事項として。

そして以前とは異なり、ヒューゴは野蛮⼈が⾒えていたとしても、野蛮⼈を殺す衝動に駆られなかった。

妻を抱きしめたいという彼の願望と⽐較して、虐殺と⾎を見たいという願望は単に迷惑でしかないから。

ヒューゴが様々な場所から来た詳細なレポートを読んでいる間に、騎⼠が入ってくる。

「陛下、村の医者があなたに会うように頼んでいます」

「なぜだ?」

「彼は陛下が「フィリップ」という名前を知っているだろうと⾔いました」

「・・・彼を⼊れてください」

その後しばらくして、騎⼠がフィリップを連れてくる。

「何の用だ?」

「あなたが近くにいることを知っていたので、私は敬意を払うようにならざるを得ませんでした」

「その必要はありません。お互いの顔を⾒るのは良いことではないので、あなたが私を知らないように振る舞えばいい」

フィリップはヒューゴを注意深く観察する。

「変わりましたね」

「・・・何?」

「あなたが私を⾒る眼差しが以前とは異なります。以前は、殺そうとしていたように⾎の渇きを染み出していましたから」

ヒューゴは、⽼⼈の戯言を聞いて気分が良くなったことが⼀度もない。

しかし今回、彼の⾔葉を聞いて、「そうなのか?」と思う。

確かに、今⽼⼈を⾒ても、以前ほど吐き気を催したりすることはなかった。

フィリップはヒューゴのすべての悪夢の痕跡だったから。

「あなたは変わらないでください。北の真の所有者として、あなたは落ち着いて冷静でなければなりません。あなたは真のタランの⾎統です・・・」

ヒューゴはため息をついて読んでいたレポートに視線を下げる。

予想通り、⽼⼈は⼝を開けるたびにナンセンスな話しかしない。

「出ていけ」

「・・・マダムは元気ですか?」

その瞬間、ヒューゴの⾚い⽬は鮮やかに深まり、⾎のように⾚くなった。

彼がフィリップを⾒て、激しく⻭をむき出しにしたとき、彼の視線は殺意に変化する。

「彼⼥をあなたの汚い⼝から出さないでください。⼼配する必要はありません」

「マダムの症状が以前と同じであるかどうかについては、医師としての私の懸念です。それでも治療が必要な場合は___」

「必要ない」

ヒューゴは騎⼠を呼び、フィリップを引きずり出すように命じた。

「当分の間、この町に滞在する予定です。万が⼀、マダムを治療するために私の助けが必要な場合は、私に連絡してください」

ヒューゴは彼を無視した。

フィリップは出て⾏く際に、最後の⾔葉を残していく。

「あなたが私を探す⽇が来るでしょう」

ヒューゴは⿐を鳴らした。

今後、あの老人に会うことは決してないと考えて。

「陛下。緊急の知らせです!」

騎⼠が慌てて入ってくる

騎⼠が⼿渡した手紙には、⾸都からのニュースであることを⽰す標識が。

ヒューゴは急いでメッセージを取り出して読んだ。

短いメッセージを読んだ後、彼は⽴ち上がった。

「エリオット卿に連絡を・・・。今すぐに!」

 



 

ロイ・・・。

彼の今後が心配です。

そして、久しぶりのフィリップの登場。

彼の最後の言葉は少し不穏ですよね。

今のところ、ルシアの体に異変はありませんが・・・。

ルシア【174話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は174話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...