ルシア

ルシア【172話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は172話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

172話ネタバレ

ルシア【171話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は171話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ロイ・クロティン②

ルシアが休憩室を完全に去ったことを確認した後、ロイはデビッドに冷淡に話しかける。

「あなたは今⽇、ここでマダムに会っていない。分かりましたか?」

デビッドは猛烈に⻭を⾷いしばった。

単なる下品な庶⺠⽣まれの騎⼠が、伯爵であり公爵家の相続⼈を侮辱したのだから。

デビッドが怒ってロイの横を通り過ぎようとしたとき、ロイは彼の道を塞ぐ。

「何のつもりだ!」

「⾏く前に答えなさい。マダムはここにいなかった」

デビッドは⿐を鳴らした。

「聞こえなかったのか?私は公爵夫⼈に誘われてここに来た」

「おい___」

デビッドは怯んだ後、無知な騎⼠の態度に圧倒されたという事実に憤慨する。

「仮に、私が口を閉じたままにして解決するのか?それで公爵夫⼈がここにいたという事実を隠すことができると思いますか?外を守っている騎⼠たちをどうしますか?」

「私は彼らにそれについて決して話さないように⾔う必要があります」

デビッドはロイの気分をさらに混乱させたくなった。

「まもなく、⼈々がここに来るでしょう。私は王⼥の休憩室にいて、公爵夫⼈の護衛騎⼠が私と⼀緒にいます。この状況をどのように説明するか楽しみですね」

「・・・何?」

「公爵夫⼈の護衛騎⼠が愛を巡って伯爵と争った。そのシナリオも⾯⽩いでしょう」

 



 

すべての表情がロイの顔から消し去る。

野獣のような感情のない目がデビッドの目と合う。

「・・・そうですか。これはあなたの陰謀ですね」

ロイは微笑んだ。

真っ⽩で明るい笑顔で。

デビッドの体が悪寒で震える。

それは、死の脅威に応えた本能。

デビッドは何かを⾔おうとしたが、すでに⼿遅れだった。

ロイの両⼿はデビッドの頭を掴んで捻る。

ゴキっ!

ひび割れの⾳とともに、デビッドの意識は遮断された。

ロイは死んだデビッドを床に置き、⽴ち上がる。

その姿は、いつもの軽薄で不注意な外⾒とは完全に異なっていた。

跳躍する直前にしゃがみ込んで息を⽌めた獣のように、ロイの周りには穏やかで猛烈なエネルギーが。

ロイは今やハンターに戻っていた。

野蛮⼈を追い詰めて殺したとき、北部での時代の感覚を。

「マダムは間違いなくメイドと⼀緒にここに来た」

彼は休憩室の隅々をチェックする。

そして彼は2⼈の意識不明の⼥性を発⾒した。

両⽅の⼥性の唇は⾊が濃く、中毒の典型的な症状を⽰している。

彼らの⽣存の可能性はそれほど⾼くはないでしょう。

「メイドを置き去りにすることはできない」

もしロイだけなら、痕跡を残さずにここから抜け出すことができた。

しかし、無意識の⼥性を連れて⾏くと物事が難しくなる。

そして、公爵家の後継者の死体を持ってメイドを置き去りにすることは、マダムがその状況に巻き込まれることを意味した。

「さらに、共犯者がいる」

デビッドは⼈々が来ていると⾔った。

それは、この事件が起こるという約束または合意があったことを意味する。

ロイは、先ほど⽬の前を通りかかったメイドと、神経をすり減らし続けていた不快な⼥性を思い出した。

⾒た⽬が違う2⼈は同じ匂いがした。

両者の間には何らかの関係があるはず。

「彼らは誰を狙っている?マダム?それとも主?」

皇太⼦を1年以上護衛している間に、ロイは多くのことを学んだ。

彼は貴族の戦いを⽬撃してきた。

貴族の戦いは、彼らは噂を作り、敵に対処するためにそれらを広める。

最初、ロイは「男は剣を⼿に取り、公正で正直に戦うべきだ、それはどんなくだらない⾏為だろう」と考えた。

しかし、彼は時々、噂の影響が剣の影響よりもはるかに致命的であることに気づく。

「マダムは⼥性だ。噂は⼥性には良くない」

彼らが誰を狙っていたかに関係なく、彼らがマダムを傷つけた場合、その結果は彼の主も傷つけられることになる。

「共犯者を排除する必要があるな」

ロイは逃げることを諦め、彼はここにいるマダムの痕跡をすべて取り除くことにした。

真のハンターは、将来の懸念のために痕跡や原因を残してはならない。

二人のメイドの⾸を折って、即座に彼らを殺す。

「すまない。後で地獄で許しを請うよ」

彼は⼊り⼝の床を横切って気絶している騎⼠を引きずり込んだ。

彼らはマダムが休憩室に⼊るシーンの⽬撃者。

ロイは彼らを殺し、⽬⽴たない死⾓で壁にもたれかかった。

プロセス全体が瞬く間に終わる。

多くの命が⼀瞬で失われたが、ロイにとっては狩りと同じ。

普通の⼈を殺害した後、彼には恐れも罪悪感もなかった。

ロイはソファに座って⽬を閉じ、⾟抱強く待つ。

彼の敏感な感覚は、彼の⽅向に向かっている⼈々のグループの⾳を捉えた。

徐々に近づいてくる⾜⾳は、休憩室のドアの前で⽌まる。

⼩さなカチッという⾳でドアが開かれた瞬間、ロイは⽬を開けた。

⼗数⼈の貴婦⼈が休憩室に入り、ロイを発⾒して⽴ち⽌まる。

ロイの⽬が瞬き、彼はメイドの⽬が執拗に震えるのを目撃した。

 



 

アニタは廊下に公爵夫⼈の護衛がいないのを⾒て何か変だと思い、休憩室の前に騎⼠がいないのを⾒て、何かがおかしいと感じた。

しかし、彼⼥は自分を追いかけ、すぐにドアを開けるように促した貴婦⼈を拒否することができない。

ここで逃げたとしたら、それはあまりにも明⽩でしょう。

貴婦⼈は⾃分の⼿でドアを開けることは決してしない。

真ん中のドアを開けるとすぐに、アニタはまっすぐ自分を⾒つめているロイと顔を合わせた。

彼⼥はまるでヘビの前でカエルになったように1インチも体を動かすことができない。

「あなたですね」

ロイは本能的に、この⼥性が起こったことすべての中⼼にいると判断した。

推論よりも体の感覚に頼るハンターの気質に続いて、彼はいつも持っていた隠された短剣を引き出し、すぐに⼥性の⾸に投げつける。

 



 

デビッドとアニタが呆気なく退場しました。

それだけロイの状況判断が優れているということでしょう。

問題は、この後のロイの処遇ですよね・・・。

ルシアも自分に何が起きていたか理解できないと思いますし、犯人も目撃者も亡くなりました。

侍従に扮した男性は状況を理解できると思いますが、自分の正体を迂闊に表すことはできません。

ルシア【173話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は173話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...