ルシア

ルシア【171話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は171話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

171話ネタバレ

ルシア【170話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は170話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ロイ・クロティン①

ロイは休憩室に隣接する壁にもたれかかった。

彼は、休憩室のドアを守っている騎⼠たちに、部屋への他の⼊り⼝がないことを確認する。

「長いな・・・」

彼が守っていたターゲットをすぐに⾒ることができなかったので、彼は不快な気分に。

「30分待ちましょう。それ以降は、マダムが無事であることを確認しなければなりません」

使⽤⼈が遠くから近づき、ロイの前を通りかかったとき、彼はお互いに親しみを持っていることを⽰すジェスチャーをする。

ロイは⾃然に⾃分の位置を変え、休憩室から少し離れた。

「おい」

少し離れたところを歩いていた使用人は、その呼びかけを聞いてロイに近づく。

そして休憩室の⼊り⼝を守っている騎⼠たちに背を向けると、彼は静かな声で⾔った。

「注意深く観察する必要のある人物がいます」

ロイは騎⼠に聞こえるかのように声を上げた。

「何か飲み物を持ってきてください」

「ラミス伯爵とファルコン伯爵夫⼈。メッセージは、どちらかがマダムに近づいたら注意深く⾒守るべきとのことです」

休憩室のドアが開き、メイドが出てくる。

侍⼥は騎⼠たちと⼀瞥を共有し、ロイの⽅向に歩いてくる。

「私の頼みが聞けないのですか?」

「ここではお酒は飲めません」

それは、困難な要求に従うように迫られた使⽤⼈と、彼にアルコールを持ってくるように強制した騎⼠の光景。

それはロイのように悪名⾼い人物にとって⼗分に合理的な⾏動だったので、アニタは疑いを持たず、単に彼らを追い抜いた。

⼥性が前を通りかかった瞬間、ロイの頭は彼⼥の⽅向に鋭く向きを変える。

「この匂いは・・・」

馴染みのある不快な臭い。

ロイはまったく同じ匂いの⼥性を知っていた。

しかし、その⼥性の顔はあのような顔ではない。

それでもロイの直感が警告していた。

彼は休憩室の前に⽴っている騎⼠に近づく。

ロイが突然近づいているのを⾒て、騎⼠たちは警戒を強めた。

喧嘩をする時間すら惜しい。

そう判断を下した後、ロイは拳に⼒を集め、躊躇せずに⼆⼈の騎⼠の腹部に叩きつけた。

「ぐっ!」

予告なしに攻撃することを想定していなかったので、騎⼠たちはまったく反応することができずに倒れこむ。

ロイは彼らの⾸の後ろを叩いて気絶させた。

手のジェスチャーで、使用人に扮した男に支持を出す。

「ドアを開けろ」

 



 

ロイが部屋に⼊ると、男は周りに彼らを⾒る⼈がいないことを確認し、それから彼は中を追い、後ろのドアを閉めた。

ロイは⼊り⼝で⼆⼈の騎⼠を捨て、真ん中のドアを蹴って開けて中に⼊る。

⽬の前で繰り広げられる光景を⾒て、ロイの⽬は威嚇するように広がった。

マダムは⽬を閉じてソファに横になっていて、彼⼥のそばにデビッドが立っている。

ロイの⾏動は彼の考えよりも速く動いた。

彼は瞬く間にデビッドに⾶びつき、⾸を掴む。

「マダムに何をした!」

「ぐう!」

喉に圧⼒がかかると、デビッドは返事をすることができなかったので、ロイは握りを少し緩めた。

「この無礼者!この手を放せ!」

ロイは従うのではなく、⾸を掴んで激しく脅した⼿で彼を振る。

「マダムが少しでも傷ついたら、あなたは私の⼿で死ぬでしょう」

「こ、公爵夫⼈は安全です・・・」

「これはあなたの仕業ですか?」

「い・・・、いや・・・。彼⼥は気絶しただけだ・・・。手、手を放せ・・・」

「ふざけるな!なぜマダムが気絶する!?」

デビッドが⾮常に怒った顔で叫びだす。

「あなたは横柄です!私が誰だか知っているのか!?」

「私はあなたが誰であるかを気にしません。早くこの状況を説明してください」

「貴様は誰だ?」

「私?もちろん、私はマダムの護衛です。そして、マダムを傷つける者は誰でも私の⼿によって無条件に死ぬでしょう」

殺意に満ちたロイの表情を⾒て、デビッドは怯む。

彼は、貴族社会におけるその男の悪名についてよく⽿にしていた。

「私は公爵夫⼈に会いに来ただけです」

「なぜ?」

ロイの質問にデビッドは嘲笑する。

「もちろん、公爵夫⼈が私と会いたくて誘ったからです」

この男は危険だ。

ロイは一瞬でそう考えた。

「ここは誰もが⼊ることができる場所ではありません。あなたがここにいるとは聞いていませんでした」

デビッドとロイが言い争いをしている間に、ロイを追いかけた男はソファに横になっている公爵夫⼈の⿎動を感じた。

男は安堵のため息をつき、⽬が合うとロイにうなずく。

「公爵夫⼈」

男はルシアを腕で軽く揺さぶり、⽬を覚まさせる。

ルシアは眉をひそめながら、ゆっくりと⽬を開いた。

彼⼥の頭は誰かがその上にたくさんの⽯を置いたかのように重い。

いつもの頭痛とは違う頭痛を感じ、頭の中が真っ白だった。

「マダム!」

「クロティン・・・、卿?」

「立てますか?」

ルシアは何も考えられなかった。

与えられた仕事をしているように起き上がらなければならないと呟いた後、体を持ち上げる。

隣の男が彼⼥を⽀えて助けた。

「急いで、マダムをここから護衛してください。絶対に誰にも⾒えないようにして。何かがおかしい」

「分かりました。急いでください、公爵夫⼈」

 



 

ルシアは何が起こっているのか知りたがっていた。

しかし、彼⼥は今がそのようなことのための適切な時期ではないと判断する。

クロティン卿は、自分の安全を⼼配して夫が彼⼥の側に置いた護衛騎士。

ルシアは無条件に彼を信じることにしたのだ。

少し眩暈を感じたが、数歩後、彼⼥は簡単に動くことができた。

使用人のように⾒える男を追いかけていると、ルシアは騎⼠が⼊り⼝で倒れているのを⾒て驚く。

そのおかげで、彼⼥の空いた頭は少し⽬覚めたようだ。

使⽤⼈が先にドアを開けて少し外に出て、それから彼は中に戻ってくる。

「周りには誰もいません」

廊下を歩いている間、男は常に周囲をチェックし続けた。

「お待ちください。誰かが来ています。それらを避けたほうがよいでしょう」

まだ休憩室からそれほど離れていないので、今は誰にも⾒られないほうが良かった。

ルシアは、装飾品として設置された鎧を持って⾏き⽌まりの廊下の⽅向に向きを変え、鎧の隣に隠れる。

使用人の服を着た男は彼女の前に出て、落ち着く。

⾓を曲がったところに10⼈ほどの貴婦⼈からなる⼈々のグループが現れ、その後に侍⼥に扮したアニタが続いた。

彼らが向かっていた⽅向は、王⼥の休憩室。

(クロティン卿は⼤丈夫でしょうか?)

男は⼼配していたが、今は何もできない。

彼の最も重要な任務は公爵夫⼈を保護すること。

使⽤⼈は公爵夫⼈を護衛し、パーティー会場に向かって歩きだす。

ルシアはかなり気分が回復していた。

「ゆっくり歩きましょう。そうでなければ、私たちは急いでいるように⾒えるでしょうから」

「はい奥様」

使⽤⼈は彼が無意識のうちに早くなっていたステップを遅くする。

そして彼は公爵夫⼈を少しちらっと⾒た。

(彼⼥は本当に落ち着いた⼈です)

公爵夫人は何も尋ねなかったし、慌てて混乱して⾛り回ることもなかった。

彼女はクロティン卿の指⽰に従っているだけだが、荒っぽい経験をしたことがなく、注⽂を受けるのではなく注⽂することに慣れていた貴婦⼈にとって、それは⼤きな対処能⼒。

荒涼とした廊下を出ると、⼈々は左右に賑わっていた。

男は通りすがりの侍⼥を呼ぶ。

「公爵夫⼈をパーティーホールにエスコートしてください。そして、帝国の医者を呼んでください。公爵夫⼈が頭痛を感じると言ってますので」

「かしこまりました」

男は⾃然に公爵夫⼈を侍⼥に⼿渡し、侍⼥に帝国の医者に連絡して公爵夫⼈に何か問題がないか確認するように頼んだ。

ルシアはその男と簡単に⽬を合わせた後、侍⼥と⼀緒にパーティーホールに向かう。

そして男はゆっくりと後ろを追いかける。

彼は偶然同じ⽅向に動いているかのように歩いた。

今のところ、彼は公爵夫⼈から⽬を離してはならないと決めたから。

 



 

ロイの咄嗟の機転でルシアは無事でした。

誰にも見つからずに会場に戻ることができたルシア。

残りはデビッドの処遇のみ。

彼をこのまま見逃せば、ルシアの評判にも傷がつくのは間違いないでしょう。

ロイはどのような対応をするのでしょうか?

ルシア【172話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は172話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...