ルシア

ルシア【170話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は170話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

170話ネタバレ

ルシア【169話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は169話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 大きな自由

⾒た⽬を変えた後、アニタはメイドの服を着て休憩室から出てきた。

デビッドに呼ばれた騎⼠たちはドアを守るために戻ってくる途中で、馴染みのメイドが出てくるのを⾒て⽬を⼤きく⾒開く。

主導権を握ったアニタは声を低くし、重々しい表情で騎⼠たちに話しかけた。

「どこに行っていたのですか?王⼥は今中にいます。彼⼥は騎⼠がどこに⾏ったのか尋ね、あなた方が去ったのを怒っていました」

騎⼠の顔⾊は真っ青に。

彼らは、自分達がいなくなっている間に、王⼥が来るとは思っていなかったのだ。

言い訳をしても無駄だと感じ、騎⼠たちは悔しさを感じる。

彼らはキャサリン王⼥の気難しい性格をよく知っていた。

彼⼥は間違いなく近衛団長を呼び出して彼に怒鳴り、その後、団長は彼らを呼び出して彼らに怒りをぶつけるでしょう。

将来が暗闇に満ちていく。

「私がなんとかしました」

「・・・そ、それはどういう意味でしょうか?」

地獄に落ちたように⾒えた騎⼠たちが⼀瞬にして復活する。

「王女に聞こえるかもしれませんので、こちらへ」

騎⼠たちは躊躇うことなくアニタを追いかけた。

騎⼠たちがドアから離れると、隠れていたデビッドはその隙に休憩室に⼊る。

「私はあなた方が近衛団長から呼ばれたようだと王⼥に話しました」

「王女様は理解してくれたのですか?」

「少し怒っていましたが、王女が私が⾔ったことの信憑性を確認するために団長に連絡することはないと思います。後で王⼥に謝罪し、許しを求めなければなりませんが」

「ふぅ・・・、本当に助かりました。初めてお会いしましたが、ここで働き始めたのはいつですか?」

「私が王⼥に仕え始めてからそれほど⻑くはありません。次回は私を助けてくださいね」

彼らはお互いに楽しく交流した。

危機を乗り越えた後、騎⼠の⽬はメイドの美しさに惹かれていく。

騎⼠たちはアニタに対してかなりの善意を持っていた。

その後、彼⼥は休憩室に戻り、冷ややかな表情で無愛想に笑う。

(男なんて単純なものよ・・・)

デビッドは休憩室を歩き回っていて、⼊ってくるアニタを⾒て、怯んだ。

「あなたは・・・、本当に伯爵夫⼈ですか?」

「ええ、私ですよ」

「それで、これから何をするつもりですか?」

「私はメイドとして⾏動し、公爵夫⼈をここに連れてきます」

「その間に誰か他の⼈がここに来たらどうしますか?王女が来たら・・・」

「私がすべての⾯倒をみます。⼼配しないでお待ちください。⻑くはかからないでしょう」

アニタはデビッドに休憩室を決して離れないように頼んだ。

それから彼⼥は脱いだ服を詰めて休憩室を出る。

彼⼥はドアの前に⽴っている騎⼠たちに話しかけた。

「私は王⼥の命令で、こちらに公爵夫⼈を護衛するつもりです。王⼥は公爵夫⼈と重要な話し合いをするので、誰も中に⼊るべきではないと私に⾔いました」

「分かりました」

 



 

アニタはキャサリン王⼥の侍⼥に近づく。

「陛下が王⼥を探しており、個⼈的に話したいと。⾮常に緊急だと⾔われました」

「分かりました。しかし、あなたはどこから来たのですか・・・」

侍⼥は今まで⾒たことのないメイドを特定しようとしたが、話しかけた直後、メイドは背を向けて素早く姿を消す。

キャサリンの侍⼥は、⾔いたいことだけを⾔った⾒知らぬメイドの態度に腹を⽴てる。

しかし、彼⼥は王がキャサリン王⼥を探していたというメッセージを無視することはできなかった。

アニタは⽬⽴たない場所に隠れてキャサリンを観察する。

キャサリンに近づいている侍⼥を確認し、キャサリンはその後ホールを去った。

遠くから後を追い、キャサリンの⾺⾞が内宮に向けて出発するまで⾒守った後、パーティーホールに戻る。

その後、彼⼥は公爵夫⼈の⼥中に近づいた。

「王⼥が、公爵夫⼈と個⼈的に話し合うことがあると⾔います。王⼥が休憩室で彼⼥を待っていることを公爵夫⼈に知らせてください」

メイドが彼⼥の⽿に囁かれた内容を聞いて、ルシアは貴婦⼈の群衆から離れる。

彼⼥が王⼥の休憩室に通じる廊下に⾜を踏み⼊れると、アニタがそこに⽴って彼⼥を待っていた。

アニタは公爵夫⼈の後ろを追っているロイをちらっと⾒て、頭を下げる。

「王⼥が陛下に会いに⾏く前に、彼⼥は公爵夫⼈に緊急に伝えなければならないことがあると⾔いました。王女はそれが陛下が彼⼥を探している理由に関連していると」

ルシアは彼女の⾔葉を信じた。

「行きましょう」

アニタは彼らの前を歩き始める。

彼らが休憩室に到着したとき、アニタは笑顔で騎⼠を⾒た。

騎⼠たちは、アニタが⼊るのを止めたり、王⼥がいつでもアクセスを許可するように指⽰した公爵夫⼈を⽌めたりしない。

アニタは休憩室に⼊り、ドアを閉めるように⾏動するかのように、⾃然にグループの後ろに移動した。

短い廊下を通過した後、⼥中が真ん中のドアを開く。

公爵夫⼈がドアを通り抜けるとすぐに、アニタはメイドの⼿を掴み、毒針を刺した。

⼥中は振り返ってアニタを⾒つめたが、すぐに意識を失い床に倒れる。

「え!?」

ルシアは倒れたメイドを助けるために急いで近づく。

アニタは⼀歩下がって、胸から⾹⽔瓶を引き出した。

「公爵夫⼈」

アニタはそれに応じて頭を上げたルシアの⽅向に⾹⽔を吹きかける。

⾹⽔瓶の中⾝は⿇酔薬で、ルシアはすぐに意識を失った。

すべてが⾮常に短い瞬間に起きる。

アニタの顔は⾚く紅潮し、彼⼥はとても興奮して息が切れていた。

 



 

「な、何をしているのですか・・・?」

デビッドは目の前の光景に動揺していた。

彼はただ休憩室で公爵夫⼈に会わなければならないと思っていただけ。

このようにして公爵夫⼈に実質的な危害を加えることになるとは知らなかったのだ。

「そして、バスルームにいる気絶した⼥性は?」

アニタを待っている間に休憩室を⾒回すと、下着姿でバスルームの床に横たわっている⼥性を⾒つけた。

「私は彼⼥の服を借りられるように、彼⼥を⼀瞬寝かせただけです。公爵夫⼈もしばらくの間意識を失っているだけです。公爵夫⼈が⽬を覚ます前にソファに移動させましょう」

デビッドの⼼の中で葛藤が起こる。

「これは⼤きくなりすぎていませんか?」

彼はこの事件のために⾃分⾃⾝に損害を与えるつもりはなかった。

公爵夫⼈との噂。

彼はそれ以上何も考えていない。

アニタはデビッドの躊躇した表情から臆病を読みとる。

(彼はこんな⾵ではなかった)

悲しみが⼀瞬アニタの⽬に⾶び交った。

タラン公爵。

彼⼥は彼のように内⾯も外⾯も同じ男に出会ったことがない。

彼は⼥性の体を⼿に⼊れるために愛情深い嘘を囁かなかった。

彼は直接彼⼥の体だけが必要だと⾔った。

アニタはその男の愛情さえ期待していなかった。

彼の体だけに満⾜していたはずなのに、アニタの⽬は公爵夫⼈に向けられ、彼⼥の視線は肌寒くなる。

この女のせいで。

(ここで引き下がるわけにはいかない)

「これはほんの始まりに過ぎません。ここでやめますか?私は閣下の意志に従います。このような機会が⼆度と来ないのは残念ですが」

デビッドの性格上、彼を押すことは裏⽬に出るでしょう。

アニタは、デビッドに決断を下す権利を与えているかのように後退した。

(後退すると言えば、それは却下しますが)

アニタは⼿のひらの指輪をいじった。

みんなを殺すのは完全に悪い考えではないでしょう。

デビッドを殺し、公爵夫⼈も殺す。

毒針で侍⼥を刺した瞬間から、彼⼥を邪魔していた世界のすべての禁忌を捨てた。

それは彼⼥に⼤きな⾃由の感覚を与えることに。

「いいえ、私は逃げません」

デビッドは、あたかも重⼤な決断をしたかのように断固とした表情を浮かべる。

彼はアニタの奇妙な笑顔を⾒ていない

もし彼がそれを⾒ていたら、彼はすぐに休憩室から逃げ出したいと思うほど恐ろしいと感じていただろう。

「彼らは本当に⼀時的に無意識に過ぎないのですか?」

「はい」

「公爵夫⼈に害はありませんよね?」

「もちろん。公爵夫⼈に害はまったくありません」

アニタの⽬に残った⾎の渇きは跡形もなく消えた。

彼⼥は嘘をついていない。

彼⼥が公爵夫⼈に吹きかけたのは、⼀時的に意識を失う原因となる単なる⿇酔薬。

公爵夫⼈のメイドとバスルームに横たわっている侍⼥はおそらく死ぬでしょう、しかし彼⼥はそれを⾔う気はなかった。

 



 

これはかなり不味い状況なのでは・・・?

このままルシアとデビッドが一緒の部屋にいるという噂が流れると、社交界に大きな影響を与えるでしょう。

ヒューゴがルシアを疑うことはないと信じたいですが、今はロイの活躍に期待するしかないですね!

ルシア【171話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は171話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...