ルシア

ルシア【169話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は169話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

169話ネタバレ

ルシア【168話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は168話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アニタの暗躍

宮殿に⼊るすべての⾺⾞は、ゲストブックにサインするために宮殿の⼊り⼝に⼀時的に⽴ち寄る。

もちろん、タラン公爵夫⼈の⾺⾞でさえ、その正式な⼿続きから免除することはできない。

⾺⾞内の職員の⾝元を確認した後、宮殿の警備員はロイに剣を置いて行かなければならないと告げる。

「あなたは騎⼠に剣を明け渡すように⾔っているのですか?」

ロイは宮殿の警備員を⾒て、威嚇するように眉をひそめた。

ロイの悪名をよく知っていた宮殿の警備員は、怯み、躊躇して答える。

「き、宮殿で開催されるパーティーに剣を持ち込むことはできません」

宮殿の警備員は単に彼の義務を忠実に遂⾏しているだけなので、何も悪いことはしていない。

不平を⾔いながら、ロイは剣を解放し、それを⼿渡した。

いずれにせよ、武器はロイにとってあまり意味がないのだから。

専門家は道具に左右されない。

望むなら、彼はフォークを使ってパーティーホールで誰かを殺すことができた。

いいえ、彼はフォークさえ必要としないでしょう。

首を折れば人は死ぬのだから。

剣を受け取った後、宮殿の警備員はすぐに⾺⾞を送り込む。

彼は狂犬と関わりたくなかったのだ。

タラン公爵夫⼈が現れるとすぐに、周囲の貴婦⼈が彼⼥に群がる。

ルシアが⼥性に囲まれているのを⾒て、ロイは⾃分⾃⾝に疑問を抱いた。

「マダムはかなり⼈気があるようだ。彼⼥はこれら全ての⼥性の顔を覚えているのですか?私は間違いなく後で尋ねなければなりません」

ロイは遠くからルシアを⾒守っていた。

貴婦⼈の護衛であることは、皇太⼦の側で守ることよりも複雑だ。

護衛は、守られているターゲットがパーティーを楽しむことができるように配慮する必要がある。

また、護衛が近づきすぎないようにする必要も。

「あの⼥性は・・・」

ロイは馴染みの⼥性を⾒つけた。

ロイが誰かを思い出したケースはあまりない。

覚えている相手は、良い感じか正反対の、⾮常に不快なオーラを与えた相手。

彼が⾒つけた⼥性は、戴冠式のパーティーで⾒たのと間違いなく同じで、悪臭を放ち、気分が悪かった。

マダムを⾒守っている間、ロイは彼に悪い感情を与えた⼥性をこっそりと監視する。

⼥性は誰とも交流せずにパーティーホールを彷徨った後、隅に⽴ち、⼀箇所に視線を向けた。

⼥性が⾒つめているところにはたくさんの貴婦⼈が集まり、群衆の中⼼にはマダムとキャサリン王⼥が。

しかし、⼥性はすぐに振り返り、パーティーホールを去った。

「ああ、あのろくでなしも来たのか。まあ、彼はこのような催しを⾒逃すような⼈ではありません」

デビッドはロイが覚えている数少ない⼈の⼀⼈。

ロイが皇太⼦を守っていたとき、彼はほぼ毎⽇デビッドに会っていた。

デビッドはロイを⾒るたびに、取るに⾜らない何かを⾒ているような視線を投げていた。

もし彼が⼥王の弟でなければ、ロイはすでに数回彼を殴打していたでしょう。

「なぜ彼はあんな場所に?」

「なぜ彼はそのようなのですか︖」

デビッドは、パーティーホールの⽬⽴たない⼀⾓に事実上⾝を隠していた。

たまに誰かが彼を知っているように振る舞ったときでさえ、彼は話したくないという表現をして、彼らを振り払っている。

ロイは⾼等社会のニュースに興味がなかったので、デビッドがラミス領地に下ったことを知らなかったのだ。

普段は⼤げさで⼈に囲まれていた男は、今では有罪のような態度をとっている。

その態度が不審であり、ロイの⽬は奇妙な光で輝いていた。

不快な⼥性が再び現れ、デビッドに近づき、⼆⼈は短い会話をする。

そして、⼥性はパーティーホールを去り、しばらくして、デビッドもパーティーホールを去った。

「彼らは恋⼈同士ですか?奇妙なことに、何かが気分が悪くなります」

ロイはマダムを⾒ることに焦点を戻す。

 



 

アニタは⽬⽴たない場所に隠れて、公爵夫⼈を⾒て唇を齧り、それから少し離れたロイを⾒る。

彼⼥は狂⽝を公爵夫⼈から分離する⽅法を考えることができなかった。

時間はあまり残されていない。

公爵夫⼈は適度に遅くなると帰り、彼⼥は夜明けまでパーティーに留まることはなかった。

(彼⼥が騎⼠を連れて宮殿のパーティーに⾏くとは思ってもいなかったわ)

貴婦⼈が騎⼠を連れてパーティーに参加するケースはあまりないのだ。

確⽴されたルールは存在しないが、男爵の⾒知らぬ娘が騎⼠を連れて⾏くことにした場合、それは珍しく、彼らは嘲笑の対象になるでしょう。

公爵夫⼈のレベルだと、宮殿で開催されたパーティーに騎⼠を連れてくる必要があるのではないかと思う⼈が生まれる。

宮殿の⼊り⼝で⾏われる厳格な⾝元確認。

実際、ロイはとても目立っていた。

フォーマルな服を着た多くの⼈々の中で、彼は軽い鎧を着た唯⼀の人物だから。

「今⽇以外にチャンスはありません」

公爵夫⼈はめったに宴会に出席しない。

今⽇のような、公爵夫⼈が⼀⼈で宴会に参加する⽇がいつ再び来るのかを知ることは不可能だった。

「警備員がついていけない場所を考えてみましょう。トイレ・・・、休憩室!」

アニタはかつて公爵夫⼈がキャサリン王⼥の休憩室を使⽤しているのを⾒たことがあった。

キャサリンがパーティーホールにいることを確認した後、彼⼥は王⼥の休憩室に向かう。

パーティーの騒ぎから逃れるために、休憩室はパーティーホールから少し離れた場所にある。

つまり、通り過ぎる⼈はほとんどいない。

「この場所はとても良いわ」

2⼈の王室の騎⼠が休憩室の前で警備をしていた。

彼らに気づかないふりをして中に⼊ってみようとしたとき、騎⼠たちはアニタの前を遮る。

「ご用件は?」

「王⼥は私にこの場所を使う許可を与えてくれました」

「王⼥は私にそのような指⽰を与えたことがありません」

「じゃあ、そこにいるメイドを呼んでくれませんか?王⼥は私にメッセージを渡すように頼んだわ」

騎⼠が中に⼊ってしばらくすると、メイドが出てきた。

アニタはすぐにメイドの⾝⻑と体格を測定する。

侍⼥が⾃分と⾮常に似ていることに気づいたら、すぐに頭の中で計画が⽴てられ始めた。

「変ね。彼女ではありません。他にメイドはいますか?」

「中には他のメイドはいない」

「そう。それから私は何かを誤解したと思います」

アニタはそう⾔い、振り返った。

「⼊り⼝を守っている2⼈の騎⼠。中に1⼈の侍⼥。最初に、私は騎⼠を排除しなければなりません・・・。デビッドに助けてもらいましょう」

デビッドはキャサリン王⼥の休憩室のそばを歩き、前の2⼈の騎⼠を⼿招きする。

⼆⼈の騎⼠は、デビッドに近づく前に、⼀瞬、お互いに視線を交わした。

普通の貴族なら聞く必要はないが、デビッドはラミス公爵の息⼦であり、⼥王の弟。

彼の地位は無視できないものだ。

「どうしましたか?」

「ちょっと私と⼀緒に来てください。

「しかし、ここで警戒する必要があります・・・」

「大丈夫。1分しかかかりません」

「それでは、私たちのどちらかが___」

「2⼈の助けが必要です。ほんの⼀瞬です」

彼らが義務のために拒否するのは正しいことだが、彼らは無⼒な宮殿の騎⼠にすぎない。

⾼位の貴族が彼らに恨みを抱いた場合、彼らは⾃分⾃⾝を守る機会がなく職を失うでしょう。

⼆⼈の騎⼠はお互いを⾒つめた。

いずれにせよ、休憩室にはメイドもいる。

デビッドが廊下の⾓を曲がり、騎⼠を連れて⾏くと、状況を⾒守っていたアニタはすぐに休憩室に⼊った。

アニタが⼊ってきたとき、侍⼥は⽴ち上がる。

「あなたは私がさっき会った方ですね。どうやってここに⼊ったのですか?」

「王⼥は私にこの場所を使う許可を与えてくれました」

「え?ですが、私はそのような指⽰を受けたことがありません」

「では、外を守っている騎⼠がいるとき、どうやってここに⼊ったのですか?私が嘘をついていると⾔っているのですか?」

アニタが怒っているかのように追い詰めると、侍⼥は躊躇した。

「あなたが私を信じていないなら、私はあなたに証拠を⾒せます。こっちに来て」

侍⼥が近づくと、アニタは⾝に着けていた指輪を回し、⼿のひらに向けて指輪の蓋を開ける。

指輪の中には⼩さな針が。

近づいてくるメイドの⼿を握ると、彼女は床に倒れた。

それは相手を気絶させ、徐々に体を⿇痺させて死に⾄らしめる毒。

3〜4時間以内に解毒剤を与えられなかった場合、メイドは死ぬでしょう。

アニタはメイドの⼈⽣さえ気にしていない。

むしろ、不可逆的なことをした後、彼⼥を窒息させていた全てが解放されたように、彼⼥は微妙な喜びの感覚を感じた。

アニタはメイドを休憩室の隣のトイレに引きずり込み、彼⼥はすぐに剥ぎ取られたメイドの服に着替える。

そして、デビッドがくれた魔法の道具であるブレスレットを取り出す。

ブレスレットを⼿⾸につけると、ブレスレットは微かに輝き、⼿⾸に合うように締められた。

そして、鏡の中のアニタの姿はゆっくりと変化し始める。

魔法の道具の効果は1時間。

デビッドは、⼀度使⽤すると、再利⽤できるようになるまでに約1年かかると話した。

しかし、それは問題ではない。

アニタにとっては、1時間で⼗分なのだから。

 



 

ファビアンは、創設日の夜遅くまで働かなければならなかったという彼の⽴場を嘆いた。

主⼈の不在中に何かが起こった場合、それは深刻な問題となるため、彼は⼼をリラックスさせることができない。

「今⽇も報告がない」

部下の報告は数⽇間遅れていて、それは彼の神経をすり減らしていた。

デビッドが監視の対象であったという事実は彼を悩ませ続けた。

主⼈と⽐較すると、デビッドは馬鹿げているように⾒えたが、実際、デビッドは⼤物レベルの貴族。

さらに、⾸都とは異なり、ラミスの領⼟はデビッドの領⼟だ。

「私は彼をフォローするために2⼈を送るべきでしたか?しかし、こちら側は異常なことは何も⽰していません・・・」

ファルコン伯爵夫⼈に関する監視報告の結論は、「報告するのに重要なことは何もない」というもの。

最近、彼らはファルコン伯爵夫⼈の動きにのみ注⽬していた。

彼⼥の最近の軌跡を⾒たとき、彼は彼⼥が正確に何を考えているのか疑問に思う。

ファビアンはまだ、デビッドが伯爵夫⼈のバーに⾏った理由を⾒つけようとするのをやめていない。

尻尾を掴んだら、本体が露出するまで⼿放さなかった。

それがファビアンの働き⽅。

彼は数⼈の従業員を買収し、デビッドが⾔った⾔葉を少しずつ集める。

デビッドがタラン公爵夫⼈の美しさを数回酔って賞賛したと聞いたとき、彼は何か奇妙な匂いを感じた。

そして彼がそれを調べたとき、彼はデビッドがマダムにラブレターを与えたが拒否されたことを知る。

男がマダムとナンセンスな話をし、そこから奇妙な噂が⽣まれると、主⼈の怒りが爆発するでしょう。

ファビアンは震えた。

そのようなことは決して起こらないはず。

部下がドアをノックし、⼊って来て簡単な報告をした。

彼は、デビッドが始めた⻘年会を現在率いるハリーの監視を担当している。

部下は、デビッドが⼣⽅にハリーにしばらく会った後、去ったと報告した。

「何?あの男がターゲットを⾒に来たのか?」

「彼らは重要なことについて何も話しませんでした。最近のニュースについて簡単に尋ねただけ___」

「あのろくでなしが話したことは問題ではありません!デビッドが今⾸都にいるだと?この馬鹿!」

ファビアンはすぐに、デビッドに付き添っている部下に何かが起こったことを感じた。

「ラミス公爵がデビッドを⾸都に呼び戻した話は聞いていない。それなら、なぜ彼は⾸都に来たのですか?創設者のパーティーに出席するには︖そのためだけに︖」

ファビアンは彼が持っていたすべての情報をまとめ、さまざまな可能性を⽣み出しました。

「創設者のパーティーは、デビッドと伯爵夫⼈が⾃然に会う機会になる可能性があります。しかし、秘密の会議には、バーの⽅が適しています。彼らは本当に創設者のパーティーで会う必要がありますか︖」

ファビアンは突然背中に悪寒を感じた。

「マダムもパーティーに⾏きました。」

ファビアンは急いで誰かに宮殿に潜⼊するように命じる。

 



 

アニタの計画がどんどん進行しています。

このままだと彼女の望み通りになるでしょう。

さすがにルシアを殺すことはないと思うのですが・・・。

今はロイを信じることしかできません。

ルシア【170話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は170話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...