ルシア

ルシア【168話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は168話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

168話ネタバレ

ルシア【167話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は167話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 二人の悪巧み

その男は、ラミス伯爵のデビッドの⾏動を監視する使命を与えられた。

彼がしなければならなかったのは、デビッドがどこに⾏き、誰と会ったかを⼤まかに知ることだけ。

彼は⾃分の命が脅かされている場所で綿密な監視を⾏った経験があったので、この種の任務は彼にとって⾮常に簡単だった。

任務が簡単すぎたので不満を感じ、彼はもっと危険で重要な任務を⼿に⼊れたかった。

だから、彼はラミス伯爵について何か重要なことを⾒つけたら、それは自身のキャリアに⼤きな後押しになるだろうと考える。

無意識に⽬標にどんどん近づいていた。

「彼は今⽇も時間厳守だ」

ラミスの領⼟に降りてきた後、デビッドはしばしば村の酒場を訪れていた。

騒々しい酒場は⼀瞬で静かになり、デビッドだけが設定された雰囲気の中で酒を飲む。

誰も去ることができず、彼らは皆、息を⽌めてそこに座っていた。

デビッドを観察している男は、この権威の表れを⾒ることに不安を感じる。

デビッドが酒場を出ると、客に扮した男もこっそり起き上がった。

酒場を出るとすぐに男は左右を⾒ましたが、デビッドはいない。

「彼はどこへ?」

村へと続く暗い⼩道の中で、⼈間の形をした影がちらつく。

男は注意深く⾜を動かしたが、彼は後頭部を激しく叩かれ、その場で意識を失った。

「彼が誰であるかを調べてください」

地⾯に倒れた男を⾒たとき、デビッドの⽬は⾎の渇きで燃え上がる。

彼は誰が自分の後ろに尻尾を置いたかを⼤まかに推測することができた。

「私を領地に送り、私を監視下に置くことさえするのですね。⽗さん」

 



 

アニタは、VIPがVIPルームに付き添われたことをスタッフから知らされた。

彼⼥は狡猾な笑顔でVIPスイートに⼊る。

酔っ払って顔が⾚くなったデビッドは、アニタを⾒て⼼から呼びかけた。

「ああ、伯爵夫⼈。会いにきましたよ」

「もしあなたが到着の知らせを送っていたら、私はもっと早く来たでしょう」

「突然来たので、あなたは不快になりましたか?」

「もちろん違います。あなたの主権が私を頻繁に⾒つけに来ることは最⼤の名誉ですから」

「予想通り、私を理解しているのは伯爵夫⼈だけです」

「先ほども⾔いましたね。ここではアニタ伯爵夫⼈ではなく、マダム・ジュエルと呼んでください」

「ええ、そうでしたね。マダム・・・、マダム・ジュエル」

⾒知らぬ男を刑務所に投げ込んだ後、デビッドは激怒し、無謀にも⾸都にやって来た。

⾸都に着いたとき、彼は家に帰ることができないことに気づく。

具体的な証拠なしに男について質問するために来たと知られれば、彼は父親にひどく叱られるでしょうから。

彼は伯爵夫⼈のことを考え、彼⼥のバーを訪れたのだ。

デビッドは、領地に追いやられるまで、毎⽇アニタのバーに⽴ち寄っていた。

ファビアンは⼆⼈が何を話しているのかを正確に知りたがっていたが、彼が知る能⼒を持っていたとしても、価値のあるものは何も⾒つからない。

その間、2⼈は近づいただけだから。

より正確には、アニタはデビッドの信頼を得る過程にあったのだ。

アニタは雄弁の芸術に熟練していて、男の気分を良くするのが得意だった。

さらに、彼⼥は、政治や経済分野など、男性が興味を持っている話題について適度に幅広い知識を持っている。

アニタと話をした男性のほとんどは、彼⼥と会話した後、完全に夢中になっていた。

アニタと話した後、⼀緒に夜を過ごすという深い関係があっても影響を受けなかった唯⼀の男は、タラン公爵。

これは、ヒューゴが⼥性と本物の会話をしていなかったため。

アニタは、タラン公爵が⼥性が騒々しくお喋りしたときにイライラしているように⾒えることに気づいたとき、彼⼥はできるだけ慎重に⼝を閉じたままにした。

そのため、ヒューゴはアニタの軽薄な側⾯を知らない。

しかし、彼が知っていたとしても、彼はおそらく気にかけなかっただろう。

「あなたは今、⾸都に戻っているのですか?もしそうなら、私はあなたに再び頻繁に会うことができるでしょう」

「それよりも・・・」

酔っ払ったデビッドは愚痴を呟き始める。

デビッドの⾔葉のほとんどは典型的なものだ。

彼は⽗親に憤慨し、⺟親に悲しみを感じ、タラン公爵に対する敵意をより頑固に感じた。

公爵の尊い息⼦に期待するものとは異なり、デビッドの内心はかなり捻れている。

そしてそれがアニタがデビッドを好きだった理由。

彼のような⼈々は扱いやすいから。

アニタは着実に彼⼥へのデビッドの⾃信を築き上げ、デビッドが彼⼥に⼼を開くことができるようにした。

デビッドが酔っている間に彼⼥に触れたとき、アニタは彼を押しのけて悲しそうな表情を浮かべる。

アニタの⼼の奥深くで、公爵夫⼈に対する彼⼥の恨みは⼤きくなり、真っ暗な深淵のように彼⼥を飲み込んでいた。

彼⼥はバーのホステスとして働くのをやめることができなかった。

彼⼥は多くの男性に笑顔を売り、彼らの敬虔な視線を受け取ったとき、⽣きているように感じたから。

しかし、彼⼥はそれが自分の本性であることを認めることができない。

そして、彼⼥は公爵夫⼈が自分をこのレベルに引き下げたことを⾮難し、自身の⼼に憎しみを抱く。

彼⼥の⼒は公爵夫⼈を脅かすには弱すぎた。

しかし、追い詰められたネズミは猫を噛むと言う。

アニタは機会を探していたのだ。

そして、彼⼥が優れた道具として⽬を向けたのはデビッド。

急ぐつもりはなかったけれど、結果として順調に進んでいるようだ。

デビッドの怒りと嫉妬はどんどん⼤きくなっている。

「なぜ⽗は私を監視する!?きっとタラン公爵が父をそそのかしたに違いない!」

彼が公爵の後継人であったとしても、彼は単なる伯爵。

それでも彼はタラン公爵が彼に対して陰謀を企て、彼を侮辱したと考えているようだ。

(この男に道はないわ・・・)

デビッドを⼼の中で嘲笑しながら、アニタは彼を慰める。

「それならば、ただ耐えるだけでなく、反撃をするべきです。タラン公爵に屈辱を与える決意があれば、私も協力するわ」

「屈辱・・・?どうやって?」

アニタは満⾜のいく笑顔を隠し、重要ではない⼝調で話し続けた。

「公爵夫⼈と⼼からの深い関係にあるという噂を広めるのです。そのような噂が広まったとしても、タラン公爵はあなたと争うために来ることはできません。もしも彼が争うとするならば、それ⾃⾝が彼にとって屈辱的なのですから」

所詮、公爵夫人は単なるお飾り。

噂が流れれば、タラン公爵は自身のプライドを選び、公爵夫人を見捨てることでしょう。

そうすれば、自分が再び彼の隣に・・・。

それがアニタの計画だったのだ。

「だが・・・」

デビッドは躊躇していた。

彼は公爵夫⼈の評判を汚すようなことをすることに不快感を覚えたから。

タラン公爵に対する自身の否定的な感情にもかかわらず、公爵夫⼈はデビッドの⼼の中で愛として残っていた。

「そして時々、噂が現実のものになります。噂で出会い、親密になり、依存し合う男⼥」

デビッドは、公爵夫⼈が自分と適切に話す機会がある限り、彼女が自分に魅了されると確信している。

彼らについての噂があれば、彼はそれを彼⼥と話す⼝実として使うことができた。

デビッドの狡猾な⼼をよく知っていたアニタは、その機会を掴んだのだ。

「・・・だが、噂はすぐに嘘だとバレてしまう」

「嘘?いいえ、本物を作るべきです」

「どういう意味ですか?」

「噂に関して、あなたがしなければならないのはきっかけを提供することだけ。⼆⼈がこっそり出会って、それを目撃するシーンがあれば、あっという間に噂が広まるわ」

公爵夫⼈は主に静かな社交活動に参加し、お茶会にのみ出席している。

そして、公爵夫⼈の夫婦関係が良かったという噂が広まっていた。

達成不可能な⽬標に畏敬の念を抱くのは⼈間の本性だが、醜い⼈間の⼼もその達成不可能な⽬標の崩壊に喜びを感じるものだ。

領地に戻ったことが知られているデビッドと公爵夫⼈が密かに会っているシーンを作ったとしたら、噂は乾いた葉に⽕のように⼀瞬で広まるでしょう。

社会界を巡るスキャンダルの数は⾮常に多く、馬鹿げていたが、⾮常に評判の良い貴婦⼈にスキャンダルを追加することの影響は、彼らについて多くの噂を持っている⼈にもう1つの噂を追加することとはまったく異なっていた。

信憑性は重要ではない。

後でその噂が真実ではないと明らかにされたとしても、そもそも、そのような噂が現れたと声を上げる⼈は間違いなく存在するでしょう。

噂が広まると落ち着くかもしれませんが、根絶することはできない。

「数⽇後、創設⽇があります」

 



 

それは新しい王が誕生して以来の最初の創設⽇。

公爵夫⼈はめったに宴会を訪れないが、創設者のパーティを不参加はできないでしょう。

「⼤規模なパーティがあり、現在、タラン公爵は⾸都にいません。これ以上のチャンスはありません」

「これに関する最⼤の問題は、公爵夫⼈と私が、⾒られることなく、どうやって二人きりでいることができるかということです」

「私はあなたのためにその機会を作ります」

「うーん・・・。ですが、なぜマダムジ・ュエルは私をそんなに積極的に助けてくれるのですか?」

アニタは涙を流し、かつて自分はタラン公爵の恋⼈だったが、残酷に⾒捨てられたと告⽩した。

そして、機会があれば、タラン公爵に⼩さな復讐をしたかったと告げる。

デビッドは興奮し、予想通り、タラン公爵は邪悪で無礼な男だと叫んだ。

「この計画で、一つだけ助けていただきたいことがあります」

「それは?」

アニタはわざと話すかどうか躊躇し、デビッドが可能な限り彼⼥を助けると約束したとき、彼⼥は⼝を開く。

「ラミス家には、⾒た⽬を変えることができる魔法の道具があると聞きました。しばらく貸してください。あなたがする必要があるのはそれだけです」

 



 

予想通り、アニタとデビッドは悪巧みを考えていました。

しかも、ヒューゴは不在。

唯一の頼みはロイだけ。

果たしてどうなるのでしょうか?

ルシア【169話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は169話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...