ルシア

ルシア【167話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は167話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

167話ネタバレ

ルシア【166話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は166話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • いつの日か

名誉ある特別室は、2⼈を除いて観客の誰も⼊ることができない密閉された部屋。

そのため、ルシアは⼈々の視線を意識する必要がなく、⼼ゆくまで笑うことができた。

劇はかなり⻑く、休憩中に、ルシアは休憩室に⽴ち寄ることに。

休憩室に⼊るとすぐに、貴婦人たちの⼤きな笑い声を聞く。

ルシアを⾒ると、⼀緒に笑っていた⼥性が数歩離れたところから彼⼥に挨拶した。

「皆様、楽しそうですね」

「ええ・・・。実は、私たちは別の理由で笑っています。もしかして、公爵夫⼈は「⽉明かりの下での愛」という本を読んだことがありますか?」

「⽉明かりの下での愛」は、最近貴婦⼈に⼈気の恋愛⼩説。

⾒た⽬が魅⼒的ではないものの、世界⼀美しいと⾃負し、警備騎⼠に恋をした貴婦⼈の喜劇。

しかし、⼩説の筋書きに似たことが実際に起こっていた。

主⼈公は、数年前に夫を亡くした独⾝⼥性のウィックソン伯爵夫⼈と警備騎⼠。

ウィックソン伯爵夫⼈は年齢が上がることに加えて奇妙な外⾒をしていたが、警備騎⼠は滅多に見られないハンサムで若い男性。

(ああ、なるほど・・・)

笑顔を無理やり浮かべる。

これらの貴婦⼈が他⼈を嘲笑することを楽しんでいたという事実は、彼らの⾏動があまり良くなかったことを⽰した。

ルシアはトイレに⽴ち寄り、すぐに休憩室を出ることに。

劇場に戻る途中で、彼⼥は議論の話題であるウィックソン伯爵夫⼈に出会う。

ルシアは伯爵夫⼈に軽く挨拶して通り過ぎるつもりだったが、伯爵夫⼈の後ろを警備騎士が追いかけているのを⾒て驚いて⽴ち⽌まる。

「ハンソン・・・?」

夢の中で彼女を捕⾷した詐欺師。

ハンソンは可愛らしい外⾒の男。

彼は⻘い⽬でそっと微笑んで、⽿に⽢い⾔葉を囁く。

夢の中で、ルシアは男の愛情のこもった⾔葉に真っ向から⽴ち向かった。

ルシアの⼈⽣では、ハンソンは通り過ぎる⾵に過ぎない。

夢を信じていた男の裏切りによって引き起こされた傷は、痕跡すら残っていなかった。

今、闇が彼⼥の⼼に這う余地はない。

ルシアは劇場に戻り、夫が⾃分の⽅を向いているのを⾒るやいなや、畏敬の念を抱く。

夢の中で、彼⼥はハンソンがとても美しい男だと思った。

しかし、客観的に⾒ても、目の前の夫の⽅がずっと⾒栄えが良かったのだ。

目の前の素晴らしい男性は自分の夫。

その事実に、ルシアはとても満足していた。

彼⼥はヒューゴにキスし、自分の感情を完全に表現する。

しかし、それは彼⼥の間違い。

その⾏動のせいで、彼は興奮してそれを⻑いキスに変えた結果、劇が再開したとき、ルシアは劇の始まりを逃してしまう。

 



 

劇を楽しんだ後、ルシアはお祭り気分で家に帰る。

しかし、ヒューゴの言葉を聞いたとき、彼⼥の幸せは床に引きずり込まれた。

「・・・北に行かないといけないのですね」

「あなたが宮殿に行ったとき、騎士が北からメッセージを持ってきました」

今朝まで、彼は北に向けて出発する予定はなかった。

彼は今回、征服のために騎⼠だけを送るつもりだったから。

しかし、カリスからのメッセージの内容を⾒た後、彼は個⼈的に状況を確認する必要があったのだ。

「どのくらいの期間でしょうか?」

「分かりません。往復の時間を差し引いても、少なくとも1ヶ⽉はかかります。そして、さらに時間がかかる可能性があります」

仕事に出かける⼈の⾜跡を重くしないでください。

ルシアはそれを知っていたが、悲しみを感じずにはいられなかった。

先⽉の夢のような出来事は⼀瞬。

彼がいない⽉は永遠のように感じるでしょう。

「それで、あなたは私をなだめるために今⽇演劇に誘ってくれたのですか?」

「・・・少しだけ。気に入りませんでしたか?」

「いいえ。あなたは私を気分良くさせようとしてくれたのですから」

ルシアは、ヒューゴの思いやりが⾃分だけに向けられていることを知っていた。

タラン公爵が妻のご機嫌を取るために劇場に連れて行くとは誰も想像しないでしょう。

「いつ出発するのですか?」

「明日の夜明けです」

「そんなに早く・・・」

「北の状況は深刻に⾒えるので、できるだけ早く⾏かなければならないので」

「お見送りしますね」

「いいえ、⼗分な睡眠をとってください。あなたを置き去りにするのは気分が悪いでしょうから」

ルシアはもう我慢しなかった。

彼⼥は悲しみを隠すことができず、ヒューゴは彼⼥を抱きしめる。

本当であれば、彼は彼⼥を北に連れて⾏きたかった。

けれど、彼は彼⼥を危険な国境地域に連れて⾏きたくなかったのだ。

「私がここにいない間、ロイはあなたを守る責任があります」

「クロティン卿ですか?」

「彼は多くの問題を起こしますが、彼の能力は疑いの余地がありません。ですから、彼があなたに失礼かもしれないとしても、私は彼に決めました」

「私は卿を知っています。⼈々を簡単に扱うというクロティン卿の態度を。けれど、私にはそんなに悪い人には見えません」

ルシアが⾒てきたものから、彼⼥は彼ら2⼈の関係が主と騎⼠の間の厳格な関係よりも率直で快適であると感じていた。

ヒューゴは古い記憶を思い出す。

 



 

ロイとの彼の最初の出会いは、フエと呼ばれる傭兵の奴隷として。

ヒューゴは奴隷だったロイを助けた。

それはただの気まぐれ。

数年後、ヒューゴが国境地域を回っていたとき、彼は野蛮⼈だけを殺している男がいたという報告を受けた。

彼は戦いが起こっている地域に⾏き、遠くから男が戦うのを観察する。

3⼈から4⼈の野蛮⼈は、⼀⼈の男に勝つことができなかった。

男に⾒覚えがあると感じたが、以前どこで彼に会ったのか思い出せない。

周りの⼈から危険だと警告されたにもかかわらず、ヒューゴはその男に近づいた。

近づくと、彼はその男を思い出す。

それは彼が若いときに野蛮な刑務所から解放した少年。

[なぜ野蛮⼈を殺そうとしているのですか?]

[それらのろくでなしは私の家族を殺しました]

[これからも続けるのですか?]

[他に何もすることはありませんから]

[それなら、私と⼀緒に来ませんか?]

[それは楽しいのですか?]

[遥かに]

ロイは⼤きくニヤリと笑った。

それが彼らの再会。

そしてある時点で、ロイは公爵家の騎⼠になる。

ヒューゴはルシアに全てを伝えることはできなかったが、ロイとの関係についていくつかの部分を彼⼥に話した。

ルシアは魅了されて⽿を傾け、驚く。

「それじゃあ、クロティン卿はあなたにとって特別な人なのですね」

「そうでしょうか?」

「もちろん。もしも、クロティン卿が危機に瀕している場合、あなたは彼を救いに⾏くでしょう?」

ヒューゴはロイが危険に晒されている光景が想像できなかった。

あの男は地獄でも⽣き残るでしょう。

しかし、自分が傍観して彼を死なせることはないと確信していた。

「・・・ええ。そうだと思います」

「本当に、私がヒューについて知れば知るほど、私はもっと驚いています。では、執事はどうですか?彼とはどうやって出会ったのですか?」

ヒューゴはキラキラと輝く⽬の攻撃で倒れそうになる。

彼⼥を抱きしめながら、彼は位置を変え、彼⼥をベッドに横たえた。

「ベッドにいる時に、別の男性について話さないように言ったはずです」

「どっちが始めた会話かしら?」

「ビビアン、これ以上好奇⼼を⽰さないでください」

「それは無理よ」

ヒューゴの唇は優しく彼⼥に着地した。

「どこに⾏っても、常に護衛を連れて⾏ってください。決して一人にならないでください」

「私は⾃分よりもあなたのことを⼼配しています。あなたは戦場に⾏くのですから」

「私を⼼配する必要はまったくありません。あなたがしなければならないのは、よく眠り、よく⾷べることだけです」

「ヒュー、あなたが世界最強の⼈であったとしても、私はあなたのことを⼼配します。怪我はしないでください」

ヒューゴは、まるで彼女に答えるかのように、ルシアをしっかりと抱きしめた。

彼⼥と⼀緒にいたとき、彼は⾃分が何よりも貴重で価値のある存在であると感じることができた。

いつの⽇か、彼⼥は、まるで封印されているかのように深く隠されていた自分の暗い⼦供時代に、彼⼥の澄んだ⾊を吹き込むことができるでしょう。

いつの⽇か、自分の全ての秘密を彼⼥に明らかにすることができるだろうと感じた。

「ヒュー、あなたは1年以内に戻ってきますよね?」

年が明けるまであと2ヶ⽉。

「年明けの朝は一緒に過ごしましょう」

 



 

ロイが常に護衛してくれれば、ルシアに危害が及ぶことはないはず。

ヒューゴも感じていましたが、いつの日か、ルシアに全てを打ち明けて欲しいと思います。

しばらく、ヒューゴの出番はなさそうですね。

ルシア【168話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は168話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...